ボルダリング強くなりたい方への目標設定のやり方

スポンサーリンク
ビギナー上達編

ボルダリング上達のために欠かせない”目標設定”

クライミングを始めたときは、ただ楽しくてただ登りたくて、がむしゃらに登っていることが多くてそれでもどんどん上達していきます

自分の上達が目に見えて実感できて、さらに楽しくなっていくものです

ボルダリング始めたら週1ペース!上手くなりたいなら週3で登るのがベスト!!
ボルダリングは週1ペースで登ると上達する ボルダリングを初めていくと高確率で筋肉痛になります。 普段使ってない筋肉を使うため、いつもより長く筋肉痛になりますよね。 「帰りの運転が腕プルプ...

 

 

それからある程度登り込んでいると、パタっとグレードがあがらなくなり今まで順調に実力がついて登れるようになってきたのに思うように登れない日々が続きます

それは当然登るグレードが上がっているからで決して下手になっているとかダメなわけではないのですが、スランプのような停滞感に飽きてしまったり、楽しくなくなって来たりしてしまいます。

最初の頃よりモチベーションが下がってしまいがちですが、そこで大事なのは”目標設定”です

 

この時期はボルダリングに関するいろいろな知識・経験・ムーブや力も付いてきます。

停滞感は必ず誰にでも訪れることなので、この時期はとにかく考えて登るという事をしていきましょう。

グレードだけを追いかけてしまうと停滞感の罠にはまり、辛いボルダリングになってしまいます。

ゴルフから学ぶボルダリングの本質「グレードを追うな」
『スコアを追うな。感動を追え』 最近たまたま見た、この言葉がすごく響きました。 ゴルフで有名なメーカー、Onoff(オノフ)の新聞広告にあったフレーズで 『スコア...

 

グレードだけを追いかけずにボルダリングを楽しむためには短期的な目標と長期的な目標設定が大事です。目標が一番立てやすくわかりやすいものとしてはまず”量”の設定があてはまります。まずは量の目標を立てていきましょう

 

 

 

 

 

 

量の目標

量の目標と言ってもいろいろな細かい目標が立てれます

1日の目標  その日に何本登るか、何級を何本を決めましょう

月間目標   自分の最高グレードを何本登るか、壁の種類ごとに何本登るか

3か月後の目標  グレードを上げることを目標にするのも良し、出来てない課題を1手進めるのもよし

半年・1年後の目標  登れるようになりたい課題を決める。こんな風に登りたいという目標の人を決めるのもいいですね。すぐにという目標ではなくて1年間かけてじっくり成長していくつもりで目標を決めましょう

 

マンダラートを作って目標を設定しよう

ただ茫然とこうなりたいな~とか強くなりたいな~とか思っているだけでは決して強くなれません。

大きすぎる目標だと何をしていいかもわからず簡単すぎる目標でもすぐ達成してしまっては跡が続きません。自分が挑戦できるちょうどいい目標をしっかり立てていきましょう

そこで目標設定にいいのが「マンダラート」です

マンダラートとはプロ野球選手の大谷翔平選手が高校1年生の時に作った目標設定シートです

中心には夢を書く(その周りの8マスに書かれているのはその夢をかなえるための要素)

・さらにその8つの要素を実現するための行動を各ブロックに細かく書く

 

 

このマンダラートを使って自分の目標を書いてそれに伴う行動を書いていけば自ずと自分は成長できているはずです!!

凄いなと思ったのは「運」の要素の行動

あいさつやゴミ拾いなどの行動で運が引き寄せれる、そういうプラスの人に運とか縁とかのタイミングがあるんだと思います

 

 

 

 

みなさんもせっかくボルダリングを続けようと思えているのなら、どんな目標でもいいので一度目標を設定してみてはいかがですか??

 

 

コメント