スポンサーリンク

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~基本ムーブとフリ(ダイアゴナル)~

ビギナー上達編

ボルダリングの基本ムーブと呼ばれる動き

ムーブとは?

簡単に言えば単純な腕力や保持力で登るのではなく、いかに少ない力の中で登れるかということであります

力ではなく体全体の動きで課題をクリアするということですね

どんなスポーツでもフィジカルテクニックはあり、どっちも大切です。

そのテクニックの中でもボルダリングの基本と呼ばれる動きについて説明します。

スポンサーリンク

ボルダリング基本ムーブ 正対

基本的な動きとしては

右手で次のホールドを取りにいくときは右足を先にあげて取りにいく。

左手で次のホールドを取りにいくときは左足を先にあげて取りにいく。

というのが基本です。

そして過去記事でもあるようにつま先で乗って立ち上がるように取りに行くことが重要です

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリングの基本的な足の使い方
クライミングで重要なのは足クライミングで重要なのは力よりも重心の位置や足位置というのは以前に挙げた記事でも何となくわかってきたはずですね。今回はその足の使い方について掘り下げて勉強してい...

手足の順番はあっていても、取りにいくときに腕の力で引き上げると結局パワーで登っています

引き上げていくとすぐ疲れちゃいますし、女性や子供の腕力がない方は登れなくなってしまいます

しっかり足に乗り込んで立ち上がってから取りにいくことを意識してください!!

youtubeなどにもこれに関して詳しく説明がしてある動画があるのでかなりおススメですよ

こちらの最新ボルダリング本も分かりやすくてオススメです!

最初ちょっとでも知っていることがあるとかなり上達が早いです!

ボルダリング基本ムーブ フリ(ダイアゴナル)

初めての方はまずこれができるようになるとクライミングが楽しくなってきますが、初めてボルダリングをしてこの動きができる人はまずいないです。

少しでも早くボルダリングを上達するためにしっかり出来るようになりましょう!!

フリ(ダイアゴナル)は基本的に強傾斜で登るときの基本と言われています。

ダイアゴナルには《斜め》《対角線》という意味があります。

ホールドを取ったらまず取った手と対角線側の足(右手なら左足)を取ったホールドの真下に置きます。

そして取りたいホールドの対角線上になるように反対の足を置いて体をねじるようにして取りにいきます。

これは文章で説明するのはかなり難しいので動画をしっかりご覧ください。

左手右足で保持して右手左足で対角線上でバランスを取りホールドを取るということです。

このダイアゴナルというのが、ボルダリング上達の一番の近道であり楽しくなってくる動きです♪

動画を見ただけでは理解はできても登って実践するとなると、とてつもなく難しいです

一人で考えずに遠慮せずスタッフに質問するようにしましょう。

そのクライミングジムの一番簡単な課題を正対・ダイアゴナルを使って登ってみて体に染み込ませていってください。

どんなスポーツでも反復練習は大事です。

工夫して登ることにより、ボルダリング上達がはやくなります。

人から言葉で教えてもらえることは忘れてしまうが、自分で考えて体で掴んだ動きは一生忘れません

焦らずじっくりと頑張りましょう。

他にもいろいろなムーブがあるので参考にしてみてください。

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング基本のムーブ ~デッドポイントとキョンムーブ~
ボルダリング基本ムーブボルダリング 基本ムーブと攻略法 (PERFECT LESSON BOOK)posted with カエレバ野口啓代 実業之日本社 2017-01-27Amaz...
【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~フラッギングとヒールフック~
ボルダリング基本ムーブ アウトサイドフラッギングムーブの基本についてはと教えてきましたが今回はフラッギングについて勉強しましょう。基本的なバランスのとり方はダイアゴナルと同じだと思っ...

コメント