【クライムダウン】はトレーニングとけが予防に効果バツグン!!

スポンサーリンク
ビギナー上達編

クライムダウンでトレーニングにもケガ予防にもなる

みなさんはクライムダウンをしっかりしていますか??

クライムダウンをすることによってトレーニングにもケガの予防にもなり一石二鳥になります

今までしてこなかった人やこれからボルダリングを上達したいと思っている方はクライムダウンをしっかり行い、ボルダリング上達していきましょう

クライムダウンって??

クライムダウンとはロープなどにぶら下がらずに、自分の力で下りることを意味します

ロープがないボルダリングではジャンプして着地するのではなく、ホールドを使って下りる事を示して使っています。

始めていくボルダリングで講習や初心者の説明があるとジャンプしないでホールドを使って下りてきてください!とスタッフに言われることが多いと思います。

ですが、ある程度登れる常連の方や周りの方がジャンプしていたり、登ってゴールした後は降りてくる余裕も力もないということがあり、どうしてもジャンプしてしまいがちですが、自分の力で下りれるなら出来るだけ自分で下りるようにしていきましょう

 

クライムダウンをするとロック力が強くなる

課題を登った後に同ルート、もしくは適当なホールドでもいいのでクライムダウンに渡来するようにしましょう。

疲れて出し切った後なのでフィジカル的にもかなり向上します。最後まで下りれなくてもいいのでチャレンジするようにしましょう

クライムダウンは登るときよりも重力がかかるため止める・保持するということが難しく力が必要になります。1本の課題で周りの人の倍の登る量になるのでこれを欠かさずにチャレンジすることによりかなり強くなります。

登った課題と同ルートをクライムダウンするとはフットワークを意識してムーブを使っていくようにすることが大事です。登るとき以上にフットワークにも神経を使いますし、体の使い方も登るときとは多少違ってくるため、自分の体をコントロールするためにも下りるときもムーブを使うようにしましょう

適当なホールドを使ってクライムダウンするときは正対でロックオフを意識すること!苦手なホールドを選ぶと尚良しです

クライムダウンをムーブを使わずに正対で下りてくると重力も加わるのでロックトレーニングにはかなり向いています。

はじめはガバホールドを使ってもいいので腕を引ききった状態をつくりできるだけロックする時間を長くしてその次のホールドを取りにいきます

ロックが弱い方や引き付けるのが苦手・正対が苦手という方はこちらをメインに下りて来る方が上達します

引き付けが苦手な方はこちらも参考にしてください

【初・中級者向け】スタッフが教えるボルダリングトレーニング ~引きつける力とロック力をつける~
引き付ける力もボルダリングには必要ボルダリングでは初めの上達のコツとして腕は引かないように伸ばした方が楽~というふうに教えられると思います。実際に楽なのは伸ばした方が楽ですが、次のホールドを...

ケガ予防にもなるクライムダウン

ボルダリングのケガにはさまざまな要因とケガの種類がありますが、その中でも多いケガの一つに着地の失敗による足首の捻挫や膝関節のケガです

マットがあるからといって高いところからジャンプしたり、油断して不安定な体勢のまま落下したりすると着地に失敗して中には膝の前十字靭帯の断裂という手術をしないといけないケガになる可能性もあります。

さらにジャンプをして下りて来るその下にはもしかしたら人がいるかもしれません。特に小さいお子さんが多いジムでは目が行き届かずに、周りが見えずに走ったりするコもいるので本当に危険です!

普段からジャンプして下りるのではなくクライムダウンをしているとその危険も少なくなります

防げるケガ、防げる事故の予防のためにもクライムダウンを行いましょう

はじめのほうはホールドを使って下りて来ることが面倒と思うかも知れませんが、それが習慣とするとボルダリングの上達は倍くらい早くなります

ケガ予防にもなり、自分も上達するクライムダウンする癖をつけてボルダリング上達に役立ててください

コメント