スポンサーリンク

ボルダリング上達しない方に上手くなるコツを教えます!

ビギナー上達編

腕の力だけでなく全身をうまく使う

クライミングジムのスタッフや常連さんが登っているのを見ると力が入ってなさそうにすいすいと登っていますよね!?

そしてボルダリングを教えるときにも「全然力を入れていない」とか「腕を伸ばしてラクにしている」という言い方をして教えているスタッフが多いです

初めての方やまだまだ初心者の方にボルダリングのコツを教えるときに”いかに力を使わずに登るか”という事をメインに教えていますが、これは半分間違いで、半分あっています。

スタッフの方も全く力を使っていないわけではなく、”力は使っているが無駄な力を使っていない”という事が重要です。

初心者の方はそれでも「スタッフの方は力があるから登れるのでは?」と思っている方が多いので、全然力は使いませんよ!という言い方をしているのだと思います。

初心者の方は特に、上半身(主に腕)に力が入ってしまうので、無駄な力が入ってしまいます。

力を入れずに楽に登るのではなく力を入れるポイントを学んでスムーズに登れるようになりましょう

ホールドにしがみつくと上半身(腕)に力が入りすぎてしまう

初心者の方はどうしても落ちたくないというのと、壁を登る=上にいくという事に集中しすぎて、しがみついてしまいます。

ひじを曲げて腕力に頼ってしがみついていると筋力と持久力が低下して、ホールドが持てなくなってきます。そうすると足も突っ張ったようになり下半身が浮いたような状態になり、結果的に筋力がなくなって登れない。。という事がありがちです。

スムーズに壁を登るためには、ひじを柔軟に使って腕を伸ばして足の力を使って登る事が大事です。

腕を伸ばすことで視界が広くなり壁と体の間にスペースができるので次の動作もしやすくなります。そして腕の伸ばすと重心が足に落ちます。重心が足に落ちると足に力が入るので、足の力を使って登ることもしやすくなります。

まずは思い切って腕を伸ばしてみましょう。

スポンサーリンク

腕は完全に伸ばし切らない方がいい

さんざん腕を伸ばしましょうといいましたが、完全に伸ばし切ると力がかかる場所がすべて指にきます。

伸ばし切って腕に「たわみ」がない状態だと指に力を入れるしかなくなり、保持力勝負になります。常連の方は保持力がついてきているのでそれでもラクかもしれませんが、初めての方やまだまだ初心者のかたは指の保持力がないため伸ばし切ってしまうと力が入りません。

腕を少しだけ曲げてたわみを作るとさらに体の自由度があがります。

そうすると前腕だけではなく、上腕や背中の筋肉など大きい筋肉が使えるようになります。指の小さな筋力に頼るとケガのリスクも高まってしまいますが、大きい筋肉を使い指の負担を減らすとケガもしづらく良い事ばかりです。

指や腕といった先端部分の力に目が向けられがちですが、全身の力を使うのがポイントです

例えば腕を引くときというのは腕の力ではなく、背中の力で引きます。力を使うところが重要で、腕の力だけで引こうとすると肘が上がったり外を向いてしまったりしてしまいます

そうすると肘の方向に力が逃げてしまいます。

背中で引こうとすると力は体の中心に向かって引くことが出来るので大きな力が働き、逃げることもありません。

細かいところですが、ひとつひとつの力の使い方がわかると登れるようになります。

ボルダリングは全身運動です。全身の筋肉を細かく動かせるようになる事が重要です

全身をフルに使ってボルダリングを楽しく効果的に上達していきましょう

コメント