クライミング日本代表がコロナウイルス感染症対策⽀援プロジェクトを立ち上げ

スポーツクライミング日本代表が30日、新型コロナウイルス感染症対策を支援するプロジェクト「Climb for Tomorrow 2020」を立ち上げ、クラウドファンディングでの支援金募集活動を開始した。

目次

コロナウイルス感染症対策⽀援プロジェクト

 選手によって構成される日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)のアスリート委員長である杉本怜は、JMSCAの公式サイトでコメントを発表。「新型コロナウイルス感染症の影響により私たちの生活は一変してしまいましたが、この生活にも慣れ始めこのウイルスの脅威に対する意識も薄らいできているのではないでしょうか」と現状に対して警鐘を鳴らし、「今でも苦しい生活を強いられている方は沢山おり、継続した支援というものが必要なのです。私たちアスリートはスポーツを通して人々に感動を、日々の生活に活力を与えていきたいと思いますが、もっと具体的な形で社会に貢献できることがないかと思いました」として、継続支援の必要性を訴えた。

 リターンには御礼メッセージから日本代表直筆サイン入りユニフォームまで4種類を用意。集めた支援金はリターン制作費・送料・手数料などを差し引き、全額をWHOの新型コロナウイルスへの対応を支援する民間基金「新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付する予定だ。

 支援はクラウドファンディングサイトの「Makuake(マクアケ)」にて、12月29日まで受け付けている。

本当に素晴らしい取り組みです!!ぜひ支援しましょう

Makuake(マクアケ)
Makuake|スポーツクライミング日本代表 新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト|Makuake(マクア...
Makuake|スポーツクライミング日本代表 新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト|Makuake(マクア...Climb for Tomorrow2020 新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクトについて はじめに最前線で健康福祉に貢献してくださっている世界中の医療従事者、介護従事者に心...

Climb for Tomorrow2020
新型コロナウイルス感染症対策
支援プロジェクトについて

はじめに最前線で健康福祉に貢献してくださっている世界中の医療従事者、介護従事者に心より敬意を表します。新型コロナウイルス感染症の影響により、多くのスポーツイベントが延期や中止となる中、私たちスポーツクライミング日本代表も影響を受け、活動の場の制限を余儀なくされています。一日でも早く世界中の仲間と共に競技できる日が来ることを願い、新型コロナウイルス感染症対策に従事している方々のために何かできることはないかと考え、本チャリティプロジェクトを立ち上げることを決めました。

私たちはこの困難によって「スポーツができる社会の尊さ」を強く感じました。このプロジェクトを通して、安心・安全な社会生活とスポーツクライミングをはじめとするスポーツ競技の再開に向けて世界中の新型コロナウイルス感染症の早期終息を願います。

リターンについて

1,000円

御礼メッセージ画像の送付


■3,000円

御礼メッセージ画像の送付/ JMSCAホームページにお名前掲載


■10,000円
 限定500名

TOP OF THE TOP 2020 日本代表オリジナルTシャツ(非売品)
御礼メッセージ画像の送付/ JMSCAホームページにお名前掲載


■100,000円 
限定30名

スポーツクライミング日本代表直筆サイン入りユニフォーム(非売品)
御礼メッセージ画像の送付/ JMSCAホームページにお名前掲載

※プロジェクト開始後の販売状況に鑑み、選手にサインをいただく時間が長く取れそうな場合などには、同セット同金額のリターン追加を行う場合がございます。予めご了承ください。

クライミングが出来るのも日々感染対策に従事しているみなさんのおかげです。
また何も気にすることなくクライミングが楽しめるように少しばかりですが、支援いたします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる