【ボルダリング上達】無料で貰えるEMSで痩せて登れて一石二鳥!

今回はクライマーも必要なインナーマッスルを効果的に鍛えるために、以前に紹介した”無料で貰えるEMS”の効果について紹介していきます!

EMSは立派な医療機器として認可を得ており、医療・スポーツ界でも絶大な信頼を得ているんです!

あわせて読みたい
ボルダリングのおすすめHMBサプリ!さらに腹筋がバキバキになる高性能ENSが『無料』でもらえる!
ボルダリングのおすすめHMBサプリ!さらに腹筋がバキバキになる高性能ENSが『無料』でもらえる!このブログではBCAAやアルギニンを主におススメしてきましたが、クライマー界隈では頻繁に聞くようになったHMBについても調べたので効果を説明したいと思います。数年前...
目次

EMSとは!?

EMSとは ”Electric Muscle Stimulation ”という意味で筋肉に電気的な他動運動をさせることにより筋を訓練し強化する方法を言います。
人間の身体の細胞1つ1つは微弱電気を発生しており(生体電気)、生命現象の維持、継続に不可欠な働きをしています。この生体電気は、筋肉や筋肉を支配する運動神経を電気(電流)で刺激すると、その筋肉は収縮するという現象を起こします。
人間が手足を曲げたり伸ばしたり、心臓や胃腸などの内蔵の動きは、全て人体の電気作用によって行われます。
そのことを利用して筋を訓練し強化する方法がEMS( Electric Muscle Stimulation)であり、理論上極めて高い効果が得られるとされています。

スポーツの分野では、オリンピック代表選手が用いて、高い効果が得られたことから注目され、以降筋肉トレーニングのための運動器として利用されています。

もともと筋肉は脳からの指令により、収縮することで動いています。この脳からの指令を電気刺激に置き換えることで、自動的に筋肉を収縮させるのがEMSの働きだそうです!!

脳からの指令によって筋肉は動いているため、筋肉への負荷が大きくなり「シンドイ」「やめたい」と感じてしまうと指令が止まるので継続しにくいです。

そこで、EMSを使えば半ば強制的に、電気刺激によって筋肉に収縮する指令を出し続けることができます。

EMSの腹筋ベルトであれば、一般的な腹筋トレーニングよりも強度が軽いですが、自動的に刺激を与えられるため、効果的に継続できるのです。

筋肉に与える負荷は、低強度の腹筋運動を行ったときと同等の効果を得られます。

《スポーツ分野での使用状況》
・ウオーミングアップ
・トレーニングの困難な深層筋の強化
・コンディショニング
・スポーツ障害の治療・リハビリ補助

EMSではなかなか意識できないインナーマッスルが効果的に鍛えれるとして有名です。

インナーマッスルとは深層筋肉のことで、関節の安定性を高めたり呼吸にも関わったりと、人体にとって必要な筋肉です。

インナーマッスルの対極にあるのがアウターマッスルで、表層にある比較的大きな筋肉を指します。

ボルダリングでも大きな筋肉よりも身体を動かすためのインナーマッスルはかなり大切です!

EMSのメリット・デメリット

SIXPAD シックスパッド Abs

EMSのメリット・デメリットを紹介します

EMSのメリットとして、トレーニングする時間やジムに行く時間がない忙しい方、あまり運動が好きじゃない方でも筋トレができるのがメリットです。また、ケガの恐れがないのもメリットの一つ!

腕立てや腹筋トレーニングなどの筋トレは正しいフォームで行う必要があり、間違ったフォームでトレーニングをしていると膝や腰を傷めることもあります。

EMSは貼るだけの器具であり、しかも特別なトレーニングは必要ありません。

ケガをしないのも大きなメリットとして挙げられます。

他にも通い続ける必要があるジムと違い一度購入してしまえばずっと使えるので結果的に低コストになるのもメリットです。

メリットばかりあるEMSですが、少なからずデメリットがあります。

それは劇的な変化(効果)がわかりにくい!という事です。

EMSを使えば、筋肉に刺激を与えて鍛えることができますが、それほど劇的な変化が現れるわけではありません。

どちらかというとインナーマッスルを鍛えるのに向いているため、見た目ではわかりにくいのです。

クライマーは見た目よりも登れた方が嬉しいので、見た目の腹筋が割れるよりも登りで効果を実感できそうです

クライマーはEMSの効果を実感しやすい

EMSの効果を実感しやすいのは、普段から筋トレをしている人と言われています。

筋肉が発達する仕組みや脂肪が燃焼する仕組みを理解すれば、EMSの効果を実感しやすくなります。

クライマーは意外と理数系が多く、筋肉や骨の動きを理解しようとする人が多いです。

インナーマッスルも一般の方はわかりずらいものですが、登っていると効果を得られるので実感はしやすいとされています。

ボルダリング×HMB×EMSで楽しく効果的に強くなろう!!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる