オリンピックまで待ったなし!ボルダリング・リード・スピードの3種目が登れる施設が続々と誕生!!

コロナウイルスの影響で東京オリンピックが来年まで延びましたが、クライミング業界ではオリンピックまで練習できる環境がかなり整いつつあります!

ボルダリング・リードクライミング・スピードクライミングは全て壁が違う為、なかなか同時に練習が出来ないのがネックだったのですが、国内に3種目を揃えたクライミング施設が続々とオープンしています!

来年のオリンピックはもちろん、これからオリンピック出場を目指すキッズ達にとっても朗報ですね!!

目次

東京23区初!『葛飾区東金町運動場 スポーツクライミングセンター』

葛飾区東金町運動場 スポーツクライミングセンター|東京23区初総合 ...

都内最大級の水郷公園である都立水元公園に、東京23区では初となるスポーツクライミング3種目の壁を備えた「葛飾区東金町運動場 スポーツクライミングセンター」が誕生。6月1日からボルダリングエリアの営業を開始した。

 自然豊かな公園内に、ボルダリング、リード、スピードの壁が揃った総合クライミング施設が新規オープンした。いずれの壁も大会利用までを想定した規模のもので、ボルダリングは高さ5m、幅30mの壁が2面、最大傾斜が130度もあるリード壁は高さ16mで、幅を12m持たせたことで4レーンを確保している。リード壁と背中合わせの形にあるスピード壁には、国際スポーツクライミング連盟の認定を受けた2レーンを設置した。

 ボルダリング棟は、立体的な壁も取り入れたコンペウォールエリアと、緩傾斜が中心となった初心者やキッズ向けのフェイスウォールエリアに分かれている。コンペエリアは屋外側がシャッターとなっていて、大会時にはシャッターを開けることで観戦しやすいようにし、真夏などの場合は冷房運転のためにシャッターを閉めて営業する。

ボルダリングのコンペウォールエリアは、現在は新型コロナウイルス感染防止のためシャッターを常時開放しており、十分な換気ができている。大会時にはシャッターの枠も取り外し、観戦しやすい環境を整える。

リード、スピードエリアについては、6月下旬以降の営業開始を目指し準備中。一般の方が利用するには、今後開催される講習会を受講し、区からの認定を受けることが必要となる。 

公営施設だけあって利用料も格安。それぞれのウォールごとに高校生以上が400円、小・中学生にいたっては80円で利用できる(1回2時間まで)

 施設は3月末には完成し、4月にオープニングイベントを予定していたが、新型コロナウイルスの影響によりオープンは延期となっていた。区の担当者である本宮史さんは「完成までおよそ3年。ようやくオープンすることができてホッとしている」と話す。反響は上々のようで、「県境にあるので千葉や埼玉の方からも問い合わせがあり、『利用料が安いから行きやすい』と言っていただけることが多い」そうだ。実際に登ったクライマーからも「様々な傾斜、ホールドがあって、課題も面白かった」との声が上がっているという。今後については、個人利用はもちろん、団体利用、イベントや大会の開催、合宿の誘致など様々な展開を想定しているといい、「子どもからシニアまで、地元の幅広い世代の方から長く愛される施設にしていきたい」と語っていた。

営業時間はクライミングジムの中では数少ない朝9時オープンで、夜は21時まで。利用できるのは小学1年生からで、現在は個人利用のみだが、今後は個人利用と団体利用を1日おきに設ける。ただし3日前までに団体利用の申し込みがない場合は個人利用に切り替わり、そのスケジュールはWEB・SNS上で逐一告知するそうだ。なお、現在は新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環で同時利用人数を30名に制限している。

はだの丹沢クライミングパーク(神奈川県)

はだの丹沢クライミングパークは、表丹沢の玄関口、水無川河畔の神奈川県立秦野戸川公園内に新築された秦野市営のボルダリング施設です。

隣接する神奈川県立山岳スポーツセンターには、リード、スピード施設もあり、県立公園内でスポーツクライミング競技の3種目を楽しむことができます。

はだの丹沢クライミングパークの正面写真

幅20メートルのボルダリングウォールを2面設置しています。

表面には、2019年8月に東京2020オリンピックスポーツクライミング競技の代表選考会を兼ねて開催された「IFSCクライミング世界選手権八王子大会」で実際に使用されたボルダリングウォールを移設しました。

また、裏面には、「2016希望郷いわて国体」で使用されたボルダリングウォールを移設。

国内外のトップ選手達が挑んだウォールで、いつでもボルダリングを楽しむことができるのが最大の特徴です。

また、小さなお子様やボルダリング初心者から経験豊富な上級者の方まで幅広い方々に楽しんでいただけるよう、豊富な課題(登るルートのこと)をセットしています。

国体ウォール

2つのクライミングパークともに公営施設なので料金が格安なのが凄いですね!

これだけの施設を格安で使えるのはかなりスゴイことなんじゃないでしょうか?

ボルダリング設備もしっかりと広くて、セットも更新されていくそうなので羨ましい限りです。。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる