野中選手に学ぶ!クライマーの【自分の生き方】

スポーツクライミングの野中生萌は5月27日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を更新しました!

野中選手が「それぞれの生き方」について話した。誰もが自身を他人と比較して悩んだり、落ち込んだりすることはあるが「この世界にはたくさんの人がいて誰一人として同じ人はいない

人生の内容も違うので、そもそも他人と何かを比べられないし、するべきでなはないと思う」と述べた。

野中は自身の信条「人の人生、生きてたまるか」を引用し、「他人のことを考えて本来したいことを辞めてしまったら、それはその人の人生に沿って生きていることになるので凄く勿体無い」と強調。「みんなの人生はそれぞれのスピード感があってピークのタイミングも違う。前を向いて自分の足で自分の道を歩いてほしい」と呼び掛けた。

■野中生萌選手「自分の人生、自分で生きる。」の音声は【こちら】から。

野中選手の芯が強くブレないのもこの信条があるからこそ!

目次

心技体の心得

野中生萌 クライミングを始めたきっかけは |

クライマーの心・技・体についても話しています

野中選手が「心・技・体まずはどこを鍛えれば強いクライマーに近づけますか」とインスタグラムで募集した質問に答えた。

どれもお互いに関連するもので「パワーがあるからテクニックができたり、テクニックがあるからパワーが出せる、気持ちの強さがあったからパフォーマンスが出せる」と解釈し、「3つを1つのものとしてバランス良く鍛え上げるのが1番いい」と答えた。自身の鍛え方にも触れ「大会での目標を立てて分析し、何をすべきかを明確にする。普段の練習で毎日大会のことや自分の目標を意識しながらいかに本番に近付けられるかを考えながら練習している」と語った。

■野中生萌選手「心・技・体」の音声は【こちら】から。

日本の子供達へ

野中選手がナウボイスで新型コロナウイルス感染拡大という逆境に打ち勝つ“術”を子どもたちに伝授した。

野中は競技生活での苦労話に触れ「ワールドカップ直前でケガをしてしまい、シーズンを棒に振り辛かった」と悲観したが、未来を見据えて苦難を乗り越えた。「常に目標を持ち、先の未来へ向けて自分の心がワクワクすることをを見つけ、それに取り組む事が大事」と先を見据えるよう促している。

■野中生萌選手の新着Voice「日本の子供たちへ」は【こちら】から。

ナウボイスの野中選手をまとめてみました!

どれも心に響き、自分の為になります

こんな状況だからこそ、自分がどうなりたいか?どう立ち振る舞うかは重要です。

自分を見つめなおしてまた新たに頑張りましょう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる