スポンサーリンク

【コロナ対策】クライミングジムが出来るリアルな対策

スポンサーリンク
日記&雑感

新型コロナウイルスの件で社会情勢が色々と変化していますが、クライミングジムもかなり大変な状況です。

スポーツジムが危ないといわれて休業を余儀なくされ、この先が不透明なので不安ばかりです

命に関わる事なので休業には賛成です

じゃあといって簡単に休業できるほどクライミングジム運営は簡単ではありません。

そもそも人口のわりにクライミングジムが出来すぎて、運営が困難な状況なのでさらにコロナウイルスで追い打ちとか危機的すぎてどうしていいかわかりません。

今回は個人的にクライミングジムで困っている経営者や個人事業主のための融資などの情報をまとめよう!と思い、この記事を執筆してみました。

全てが正確という自信がないのでしっかりと『一次情報』の確認をお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

助成金と融資

新型コロナウイルスの拡大によって、クライミングジム事業も大ダメージを食らっており、売り上げは0円という状態です。経営を閉じている期間は銀行からの融資によって危機を乗り越えるのが鉄則です。

今の世の中の動きは不透明なので金融機関からは借りられるだけ借りたほうが良いです。

いま日本ではあまり報道されていませんがアメリカ大陸では新型コロナウイルス(COVID-19)がとんでもない広がり方をしるそうです。

アメリカ国内において、死者数で第2次世界大戦を超える可能性。そして経済へのダメージは過去最大となる見込みです。歴史上で起こったことがない危機です。

不透明なこの現状ではとにかく現金は手元にあったほうが良いと思います。最悪のケースでは1年間、売り上げ(収入)が0円かもしれません。

雇用調整助成金について

雇用調整助成金」とは、経済上の理由で事業活動の制限を余儀なくされた事業者に対し、雇用を維持してもらう目的で、国が休業手当などの一部を助成する制度。

事業主が従業員を休業や出向をさせた場合などに、条件に応じて支払われる。

今回は、新型コロナウイルスの感染拡大により、特例措置として2月に助成を受けられる要件を緩和。新型コロナの影響を受けた全ての業種が助成の対象になるなどしたが、4月から6月30日にかけて、さらにもう一段階拡充する形となった。

助成される金額には上限があり、対象の従業員一人あたり8330円までとなっています。例えば、従業員10人を休業させた場合、事業者には最大でも1日8万3300円まで助成される計算だそうです

Twitterでは一部で「給料の9割が補償される」などの情報が広まっているが、これは誤り

給料(賃金)ではなく、休業手当などに対する助成金で、上限額も決まっていることに留意する必要があります。

完全に休業していることが条件です。営業日ベースなので30営業日だとして、1人あたり約24万円ほどでしょうか。

ジムのスタッフはもともと薄給なのでそんなにかわらないかも

融資について

日本政策金融公庫などが、新型コロナによる影響を受け業況が悪化した事業者(事業性のあるフリーランスを含む)に対し、融資枠別枠の制度を新設しました。信用力や担保の有無に関わらず一律金利とし、融資後3年間まで0.9%の金利の引き下げを実施する、という内容です。

融資には、「最近1ヵ月の売上高が、前年または前々年の同期に比べ5%以上減少している」などの要件が必要とされますが、「個人事業主(事業性のあるフリーランスを含み、小規模に限る)は、影響に対する定性的な説明でも柔軟に対応」(経産省)する、としています

新型コロナウイルス感染症特別貸付|日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の...

まず公庫を最優先に借りて、そのときに使った数字や文章を他の手続きでも使い回すといいと思います。

0からスタートする人は融資実行までに時間と手間がかかると思ったほうが良いです。時間はかかりますが公庫からは必ず融資を受けたほうが良いと思います。

自治体で「4号認定」を受けよう

4号

突発的災害(自然災害等)の発生に起因して売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置です。

<必須条件>
売上の減少(最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して20%以上減少している方)

<融資の金額上限>
8000万円
※ただし年間の売り上げ規模次第。ケースバイケース。目安は月の売り上げの2-3ヶ月分。

これは決算をしている各自治体で手続き(書類提出や面談)をした後、金融機関で手続きをするもの。

「4号認定」を受けられると保証料が免除となるので得をします。4号認定とは、4号は”通常の借り入れ枠(一般枠)”とは別なので、経営者にとって最高の制度です!だからこそ”4号”が最優先です

乗り越えた先にあるもの

融資というとこの先しっかりと返せるか不安になりますが、経済とは下がったら必ず上がってきます

今は登りに来れてない人が多いですが、その反動で収束した時には登りたい!趣味にお金を使いたい!という欲が必ず出てきます

今は借りてでも耐えて、収束の時に爆発的に人が来ても良いように準備しておきましょう!

融資を受けるウケないにかかわらず自治体の認定は取っておきましょう!

公庫も銀行もめちゃめちゃ混んでいるみたいなので、友達の銀行員や税理士に相談してみましょう

コメント