女性クライマー・ボルダリング女子に贈る『強さ』の秘密

スポンサーリンク
日記&雑感

クライミングをもっと楽しく!

というクライマー専用のフリーペーパー〔クライマーズ〕新刊の特集は野中生萌選手のインタビューを含む、女性クライマー『強さ』の秘密

野中生萌選手

2016年のボルダリングのワールドカップ年間ランキング2位・世界選手権2位と世界のトップと争い結果を出した19歳の女性で野口啓代選手とともに世界で活躍する選手の一人です

野口選手ほどの一般への知名度はないかもしれませんが、去年は2020年東京オリンピックに決まった時にかなりTVにも出ていたので知っている方も多いかもしれませんね

東京オリンピック正式種目クライミング3種目について
オリンピック競技スポーツクライミングについて 2020年の東京五輪でスポーツクライミング競技が追加種目として採用されました 最近の流行とともにボルダリングやクライミングという言葉が認知はされて...

ボルダリングでは安定した強さを誇る彼女の今年の目標はボルダリングワールドカップの年間優勝。ライバルはたくさんいますが、頑張ってほしいと思います。

そんな野中選手の特集の中で個人的にいいな、と思ったところを紹介させてください

ーー先日、野中選手のSNSで”最近一番衝撃的だったのが、『最終目標はオリンピックだと思いますが~』と当たり前のことのように言われたこと”というコメントを拝見しましたが、そのことについて詳しく聞かせて下さいーー

という質問に対して

『私がクライミングを始めた理由は本当にシンプルに、好きだから、楽しいから、なんです。だから今も続けている』

その言葉についてまさにその通りだなと思いました。

始めたときにいずれオリンピックになるからその時に金メダルをとろうとしていたわけではなく、始めたときはオリンピックになるなんて全く決まってなかったし思ってもみなかったわけです。

オリンピック競技になったからには、これからオリンピックを目指した方が目標があって絶対に良いと思いますし、体操や水泳・陸上なんかは昔からオリンピックが当たり前のようにあってそこを目指しているからあんなにも活躍できるのだと思います。

ただ、今までのクライマーはオリンピックという目標がないのに続けてきた理由は単純に”好きだから”そして単純に”強いクライマー”になりたいから続けてこれているのです

それをさすがに野中選手でも最終目標はオリンピックだと思いますが~って当たり前のように言われたらビックリしますよね!!

オリンピックでも勝ちたいとは思うけど最終目標ではないよって!!

 

 

ただ強くなりたい

確かに僕らもただ強くなりたいというのが目標でガムシャラに登ってきました。それがワールドカップだったり、外岩だったり、コンペだったり、中にはジムであの人と一緒に登れるようになりたいという目標の方もいるでしょう

でもみんなどんな場面でもクライミングが楽しくて、その時に登れたらさらに楽しいからクライミングを続けているだけです

いつまでもこの気持ちを忘れずに登っていれば周りと比べる必要もなく、ただ自分が登れるかどうかということだけにのめり込めます

ホームジムに置いてあるはずなので皆さん一度レストの時などじっくり読んでみて下さい

この特集をみていると、自分がボルダリングを始めたときの気持ちや、続けてこれた理由が再確認出来てモチベーションもあがりますよ

 

 

 

 

野中選手も人口壁でも外岩でも強くありたいと思っていて、その為の努力を怠っていません。

本当に尊敬する素晴らしい選手です。

一度だけコンペで見かけたことがありますが、目が輝いていて綺麗な印象がありました。

応援していきたい選手です

コメント