スポンサーリンク

2020年新作クライミングシューズ”スカルパ”と”スポルティバ”新作ラインナップ!

クライミングギア

2020年はオリンピックイヤーでクライミング業界も盛り上がりを見せています!

2019年もいろいろなクライミングシューズが発売されてきましたが、今回はクライミングメーカー大御所であるラ・スポルティバとスカルパの2020年発売のモデルチェンジ予定のクライミングシューズを紹介していきます!!

スポンサーリンク

La Sporitiva(ラ・スポルティバ)

「スポルティバ」の画像検索結果

スポルティバ社は北イタリア、ドロミテ山麓のVal di Fiemmeで創業し、85年に亘り、その魅惑的な自然に囲まれた場所で山靴の開発・製造を続けています。
この信じられないくらいに恵まれた環境にいると、本来あるべき姿の社会や自然を守っていく責任があることを強く感じられるようになります。このような地理的背景もあり、我々は常に自然環境を大切にする企業であり続けようと考えています。

スポルティバでは創業時からの商品群は進化・発展させ、さらには山を愛する人々が使うものすべてを提供しようというポリシーのもと、総合的なアウトドアブランドとしてその姿を変えつつあります。 しかしながら、ただ製品を作り提供するだけではなく、何より自然を愛し、守っていくブランドでありたいと考えています。

チームスポルティバのクライミングメンバーには、オリンピック代表に内定した野口啓代選手や一躍注目の的になった伊藤ふたば選手などが勢ぞろいでクライミングギアも特化しています

このメンバーが使っているスポルティバのクライミングシューズは性能はもちろん、デザインや履きやすさなどすべてにおいて高水準で人気の高いクライミングメーカーです!!

ソリューションコンプ

多くのクライマーから愛され続け、今なお人気である不朽の名作、ソリューションの血を受け継いだ新時代のシューズが登場です!

ソリューションコンプは2020年に向けて開発されたコンペティションを視野に入れたシューズです。La

日本でも岩場に行く人よりもジム遠征やコンペ出場者が年々増えているので、確実に人気が出ますね!!

ソリューションコンプをさらに詳しく知りたい方はこちら

セオリー

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 144694408_o7.png です

セオリーはこれまでのシューズとは違い、新しい方向性を見出したシューズということで、過去のシューズのアップデート版ではなく完全なるニューモデルタイプとなります!

特徴としては、トゥボックス全体を覆うラバーと柔らかく動物たちのしなやかで力強い足をお手本に生まれたグリップ力と足裏感覚にこだわっています。

「D-TECH」と呼ばれるエッジレス加工されたアウトソール はコーディネーション課題でも入力を逃さず、あらゆる形状のホールドに対応してくれます。

さらに詳しく知りたい方はこちら

コブラ 4.99

LA SPORTIVA <br /> Cobra 4:99 <br /> Summer 2020

コブラをベースとしてスピードクライミング競技に特化させたシューズ。

さらに軽く、フリクションを高く維持し、柔らかい仕様にしあげたもの。ソールはビブラムグリップ2です。

スピード以外に必要のない要素は削っています。ヒールは何も張っていません。

名前の由来はスピードクライミングの5秒の壁を切るという願いからつけられたそうです!

スカルパ

イタリア語で靴を意味するスカルパ社は、1938年、イタリア北部のアゾロ村で靴専門の製造会社として誕生しました。モンテベルーナのこの一帯は、世界の靴製造業のトップブランドが集まる地方として知られています。 スカルパ社がユーザーの皆様に提案する靴は、美しいデザインはもちろん、頑丈で長く使うことができ、幾度もの修理に耐え、身体の一部のように感じられる深い愛着の湧く製品。ときとしてそれらの製品は、コストや効率をあえて優先させない工程から生み出されます。 カタログをご覧いただき、実際に手に取り足に履いて、本物の靴の作りの確かさと優美さを感じ取ってください。

クライミングシューズメーカーの中でも幅広く人気が高いスカルパ

ハイエンドモデルのドラゴやフューリアシリーズ・インスティンクトVSシリーズは絶大な人気を誇り、ジャパンカップ等のボルダリング日本トップレベルの人も多数の方が履いているシューズです!

ブースター

人気シューズだったブースターが新しくなりました。

トゥボックスは広めでヒールカップは細めの構造になっていますので、足型に注意です。

また、アキレスけんの部位も細く絞ってありますので、アキレス腱部位が太い人は要注意です。

ヒールカップは柔らかいゴムをインナーにして、外張りを固めのゴムで張り付けてあります。細めでありながら、若干広がる構造になっていますので、よりフィットしやすい構造のコンセプトになっています。

シューズ全体的なボリューム感はブースターSとほぼ同じで、テンションシステムはヒューリア・エアーと同じ構造だそうです!

ヴェローチェ

見た目はフューリアに似ていますが、100%ビギナーモデル&インドアシューズです。

このシューズの特徴は”とにかく快適性が高い”ということです。しかし、それでいて機能性を損なわないエントリーモデルです。

フューリアと同じように柔らかいので履きやすく長時間履いていても痛くないくらいです!!

まとめ

今回はスカルパ・スポルティバ2社の2020年注目シューズを紹介させてもらいました!

ハイエンドモデルやエントリーモデルもあり、さらにはスピードに特化したシューズありとクライミングシューズも細分化・多様化が進んできています!!

コンペ使用のソリューションコンプ、新しいセオリーは期待が高まります♪

クライマーにとって新しいシューズの情報は本当に大切です!!

性能はどこのメーカーもすごく良いので甲乙がつけがたいですが、履きやすさ、使いやすさは人それぞれあります!

自分に合ったシューズがさらに改良されていると期待が高まってモチベーションも向上しますね!!

2020年も良い相棒シューズを見つけてボルダリングやリード、外岩も楽しく登りましょう!!

コメント