これで安心!!外岩ボルダリングに行く時の持ち物リスト

スポンサーリンク
外岩ボルダリング

外岩に持っていくべき持ち物リスト

室内でレンタルできて気軽に始めれるクライミングジムと違い、外岩は自分で用意しないといけません。

連れて行ってもらえるからといって何ももたないよりも自分で用意できるものは自分で用意しましょう

クライミングシューズ・チョーク

もちろん必需品のクライミングシューズとチョーク!当たり前ですね

外岩の場合だとシューズのソールの削られ方がジムと違ってすごく削られます

余裕がある方ならクライミングシューズを外岩専用としてもう一つ持つことをオススメします

チョークも使いますが、松ヤニが入っている液体チョークは使わないようにしましょう。岩にチョークが付いて落ちません。登りやすいからといって自然を侵すのはルール違反です

ボルダリングマット

ジムと外岩の一番の違いと言ったら間違いなくボルダリングマットが挙げられると思います

ボルダリングマットにはいろいろ種類があるので、ベテランの方にどれがいいのか聞くのもいいと思います。

割と値段が高いので、初めての場合連れてってもらうことが多いので必要ないかもしれませんが、いつまでも他人のマットはあまりよくありません。

これから外岩も少しずつ行きたいと思っている方は買いましょう

だいたい3万~5万くらいで、たまにネットで安く出ているのがあります。

人気なのですぐ買ったほうがいいかもしれません

お得の一番人気はこちらです

クライミングブラシ

ルール&マナーの時にも言いましたが、外岩で登ったあとは必ずチョークの掃除をしないといけません。

必ずクライミングブラシは持参していきましょう。(歯ブラシでも可)

遠くの上の方を磨くには伸びるタイプのブラシが必須アイテムです

一番人気はPAMOのブラシ

値段的にもお買い得でジムでも外岩でも持っていて損はないブラシ!!性能使いやすさともに抜群です

アプローチシューズ

外岩は駐車場から岩場までのアプローチが長いところだと1時間くらい山道を歩かないと着かないところもあります。

むしろ歩いてすぐ着く方が少ないくらいです

濡れているところとか足場が悪いところも多くあるので、アプローチシューズをできるだけしっかりとした靴を履いていくようにしましょう

クロックスやサンダルなどを履いていたら滑ったりして危険です。自分はケガしてもいいからという考えはよくありません。怪我をしたら周りにも多大なる迷惑がかかります。自分だけよければいいという気持ちでは行かないようにしましょう

僕のイチ押しはKEENと5.10(ファイブ・テン)のアプローチシューズです

かっこよくお買い得、僕も持っています

前もって準備して楽しく外岩を

持ち物もそうですが、マナーやルールも必須です

連れて行く側の方は特に、外岩の注意事項を責任もって伝えてください

連れてかれた人はその人が先生になり、その人の真似をするようになります

安易に外岩は楽しいところだからといって連れて行くのではなく、自己責任を自覚させてください

初めての外岩の方は必見!外岩アウトドアボルダリングのルール&マナー
外岩のエリアというのは地元の方々、管理者、自治体などクライマー以外の方の協力の上で成りたっています。岩場利用者が増えている昨今、土日になると岩場は大盛況ですがクライミング以外で利用する方々に配慮し、迷...

コメント