スポンサーリンク

ついにスポーツクライミングの五輪代表選考基準が決定!!

日記&雑感

5月21日、日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)は都内で記者会見をおこない、東京2020オリンピックの日本代表選手選考基準を発表。これまで代表選出のタイミングは明確にされていなかったが、各国が派遣できる最大2名(男女各、以下同)の選手のうち1名を最短で8月の世界選手権終了後に内定し、残り1名は場合により来年5月の第3回コンバインドジャパンカップ(CJC)で選出するとした。

 各国の選手がオリンピック出場枠を獲得できる選考大会は、複数用意されている。8月の世界選手権、11月のオリンピック予選大会、来年2~5月の各大陸選手権(日本は4月からのアジア選手権)の3大会だ。しかし日本では、これにCJCが加わることが発表された。

クライマーズより引用
スポンサーリンク

オリンピック日本代表 選考大会

(1)世界選手権
  (2019年8月11日~21日/東京・八王子)
(2)オリンピック予選大会
  (2019年11月28日~12月1日/フランス・トゥールーズ)
(3)アジア選手権
  (2020年4月27日~5月3日/岩手・盛岡)
(4)第3回コンバインドジャパンカップ
  (2020年5月16日~17日/開催地未定)

出場枠

各大会に割り当てられた出場枠は、世界選手権が上位7名、オリンピック予選大会が上位6名、各大陸選手権が優勝者1名。

ただし国ごとに獲得できる枠は各大会で最大2(アジア選手権は優勝者のみなので1)であることを考慮すると、3大会を通じて最大5名の日本人選手が出場枠を獲得できることになる。

 この中で、優先度の最も高い世界選手権で上位7名に入ったうちの最上位選手が優先選考選手と呼ばれ、オリンピック日本代表として内定する。ただし、上位7名に日本人選手が入らなかった場合は、次のオリンピック予選大会に優先選考選手の決定を持ち越し、ここで上位6名に入ったうちの最上位選手が日本代表に内定。ここでも上位6名に入らなかった場合は、アジア選手権へとさらに持ち越される。

クライマーズより引用

選考大会割当出場枠を有する選手が3名以上のとき(男女各々同様) 以下の方法でJOC推薦選手を選考する。

  1. 優先選考選手下記 i.~iii.の大会において選考大会割当出場枠を獲得した選手の中から、以下の選考方法により、1名を優先的に選考し、JOC推薦選手とする。
    1. 世界選手権八王子大会(上記【1】1.)選考システムにより選考大会割当出場枠を獲得した選手(原則として7位以内の成績の選手。ただし、繰り上がりの可能性あり。以下同じ。)の中から最上位の日本選手をJOC推薦選手とする。
    2. オリンピック予選大会(上記【1】2.)i において該当選手がいなかった場合のみ本大会の成績を用いる。
      選考システムにより選考大会割当出場枠を獲得した選手の中から最上位の日本選手をJOC推薦選手とする。
    3. アジア選手権盛岡大会(上記【1】3.)i. 及び ii. において該当選手がいなかった場合のみ本大会の成績を用いる。
      選考システムにより選考大会割当出場枠を獲得した選手の中から最上位の日本選手をJOC推薦選手とする。

まとめ

文章にするとかなり複雑でわかりにくいかもしれませんが、つまり日本代表は2名

そのうち1名を優先選考選手として世界選手権で最上位(7位以上)

もう1名をCJCを含めた選考で選ぶという感じですね。

世界選手権やオリンピック予選で優先選考選手以外に7位以上、6位以上が複数いた場合にはオリンピック予選やアジアの順位にかかわらず、直前のCJCで上位の選手(調子がいい選手)を推薦選手として内定するという事です。

とりあえず8月の世界選手権では最大でも1名のみの内定となります。

これまでの成績から7位以上に複数は入っているのでまず1人、代表が決まりそうな予感がしますね!!

日本選手2番目でも7位以上に入ると来年のCJCで選ばれる可能性があるので7位以上は目指したいところですね!世界選手権は注目です!!

コメント