スポンサーリンク

2019年新作クライミングシューズ”ファイブテン””イボルブ”新作ラインナップ

クライミングギア

オリンピックまで500日を切り、クライミング業界も分岐点を迎えていて、クライミング文化の定着に向けて盛り上がりを見せながら進んでいます!

クライミングシューズも昨年いろいろなものが発売されてきましたが、今回は2019年から
Adidas FiveTen(アディダスファイブテン) として新たに生まれ変わった【ファイブテン】”アシマ”や”アグロ”でリピーターがかなり増えた【イボルブ】のクライミングシューズと新作ラインナップを紹介していきます!

スポンサーリンク

Adidas FiveTen(アディダスファイブテン)

ALEON(アレオン)

ファイブテンからはフラッグシップモデルとして Aleon(アレオン) が登場!

アレオンの最大の特徴は驚異的なフィット感にあります。

内側に施されたネオプレンの生地により伸縮性が生まれ箱から出した瞬間から履きやすく、強いベルクロが足全体を包み込みます。

スメア、エッジングともに高い性能を誇り、コンペや岩場で活躍するでしょう!

Five Ten Aleon 2019 climbing shoes
ドラゴン

FIVETENを代表するアイコニックモデル「ドラゴン」をFERD NICOLEの監修で再定義した新モデル。ソフトなボルダーからジムまで対応するダウントウモデル。アッパーにはマイクロファイバーを採用。ソフト剛性のミッドソールを採用し、足裏感覚とサポートを両立。

Five Ten Dragon LC and VCS (lace/velcro) 2019 climbing shoe

イボルブ

イボルブといえば小山田大モデルの”アグロ”と白石阿島モデル”アシマ”がかなり人気になりました!

そのアグロが2019年5月をもって製造が中止するという事で次世代のイボルブクライミングシューズが注目されています!

Phantom/ファントム

ファントムは イボルブのハイパフォーマンスシューズ。

ダニエル・ウッズポール・ロビンソンとのコラボで開発されたシューズとして注目されています!

トゥボックスのインナーにはトゥフック領域の最も力がかかる場所は伸縮性の低い素材を使っていますので力が入りやすい!
トゥボックスの領域には、つま先のエッジング部分はミッドソールがなく、足先のコントロールを鋭敏に保ちつつ、剛性も維持する役割があります。

Outdoor Retailer Summer 2018: Evolv Phantom Climbing Shoes

ファイブテン・イボルブともにファンが多いクライミングシューズメーカーで、新作という事で期待が高まりそうですね!!

2019年も新しいクライミングシューズで気分よくボルダリングしましょう!!

コメント

  1. 島崎 正行 より:

    いつも楽しみに拝見させて頂いております。

    アディダスファイブテンのアレオンは、フラッグシップモデルでドラゴンとは別物だと思います。

    ドラゴンのベルクロ版は、今回はブラックウイングでは無く、ドラゴンベルクロとしてラインナップされています。

    • エスロー より:

      shima様  コメントありがとうございます。
      ご指摘ありがとうございます。調査不足で申し訳ありません。
      直ちに調べなおして正確な情報をお届けしたいと思います。

  2. shima より:

    すみません。
    名前に本名を入れてしまいました。