スポンサーリンク

グラスプチョークシリーズにチャンキータイプが新発売!最高のグリップ力を手に入れろ!!

クライミングギア
スポンサーリンク

グラスプシリーズから新発売「チャンキーチョーク」

全国のクライマーに大人気で定評のあるグラスプシリーズが新たにチャンキータイプも新発売。

「はじき」を防ぐために最適な含水率を小山田氏がテストを繰り返し検証したプロ仕様。

卵の殻が入った画期的チョーク。小山田大氏が開発段階から関わって作りあげたのがGRASP。手のコンディションと気温や湿度やよって4種類から選択。ピッタリの配合が見つかれば登りの感覚も向上。

GRASP チャンキーチョーク 300g 【クライミング用チョーク】【グラスプ】 【ボルダリング】 【クライミング】 【正規品】 【ロッククライミング】 【チョーク】 【アウトドア】 【登山】 【正規販売店】 【クライミング専門店】 【トレッキング】posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

今回発売されたグラスプチャンキーが固形の理由は、水分を閉じ込めるためです。冬場などホールドや指先が乾燥し過ぎている時に生じる「弾き」を防ぐ為には適度な水分をチョークに含ませる必要があります。水分は多過ぎても少な過ぎても効果は発揮できません。

また今までに発売されているレギュラータイプとも混ぜて使う事で自分にあった湿り気を作る事も出来るみたいです。

お好みを湿り具合を探し出すのも楽しそうですね!

レギュラータイプのチョークはこちらから

小山田大さんのメッセージ

・共同開発 小山田大氏からのメッセージ
「GRASPチャンキーの持つ一番の特徴は含水率にあります。含水率とは含まれている水分の割合です。なぜ固形である必要があるのかよく問われますが、水分を閉じ込めるためと考えれば分かりやすいかと思います。冬場などホールドや指先が乾燥し過ぎている時に生じる「弾き」を防ぐ為には適度な水分をチョークに含ませる必要があります。
しかし、水分が多過ぎても少な過ぎても期待出来る効果は発揮できず、チョークにどれ位の水分を入れれば良いのか?この含水率の見極めがGRASPチャンキーを開発する上で一番難しい部分でした。様々な含水率のサンプルを繰り返しテストし、ついに最適な含水率を見出す事に成功しました。これにより過度な皮膚の乾燥を防ぐ事が出来、最高のグリップを生み出す事が可能になりました。GRASPチャンキーの使用法ですが、そのまま使う事はもちろん、GRASPレギュラーチョークと混ぜて使う事で自分にあった湿り気を作る事も出来ます。皮膚や登る対象のコンディションに合わせてブレンドしてみてください。また、ほかのチャンキーに比べて少し硬いと感じるかもしれませんが、指先で強く押しつぶす事で指紋に深く入り込みます。ぐりぐり潰してがんがん登って下さい!」

GRASP チャンキーチョーク 300g 【クライミング用チョーク】【グラスプ】 【ボルダリング】 【クライミング】 【正規品】 【ロッククライミング】 【チョーク】 【アウトドア】 【登山】 【正規販売店】 【クライミング専門店】 【トレッキング】posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

グラスプ ハイグリップタイプクライミングチョーク GRASP002 ウェットコンディション/ドライコンディションposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

コメント