スポンサーリンク

2020東京五輪に向けてスポーツクライミング日本代表の愛称を考えよう!!!

日記&雑感

2019年8月に行われた世界選手権でオリンピック代表が内定しました!!

2020年の東京五輪に向けて各スポーツが高みを目指していますが、正式採用となったスポーツクライミングも男女ともにメダルの可能性も期待できるので、盛り上がってきています。

ところで、各スポーツの日本代表といえば女子サッカーの「なでしこジャパン」や野球の「侍ジャパン」などが有名ですが、他の代表でも認知度が少ないだけでたくさんの愛称があります。

丁度先日も柔道の日本代表の愛称が「ゴジラジャパン」に決定しましたね!

さらに2019年5月8日にバドミントン日本代表の相性も『バードジャパン』に決定しました。

「BIRD JAPAN」の愛称は、「日本バドミントンが世界を舞台にさらなる高みへ飛躍してほしい」という思いのほか、バドミントンが「空中戦」であるということ、そして球技の中で唯一「羽根」を球にしているということなどが由来となっている

【日本代表情報】バドミントン日本代表の愛称が「BIRD JAPN(バード・ジャパン)」に決定!
スディルマンカップ2019の日本代表選手発表が行なわれた5月8日、日本バドミントン協会は日本代表の愛称を「BIRD JAPAN(バード・ジャパン)」とすることを発表した。 日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は「多くの選手が世界で活躍し、日本の強さを世界で知らしめている中で、より日本国内での機運を高めていくこと、そし...

賛否両論はあると思いますが、
男子の井上康生監督は「格闘技として強さを求める中で、ありがたい助っとをいただいた。オリンピックに向けて頑張っていきたい」と意気込みを話しています。

「ゴジラジャパン」柔道代表の愛称決定!東宝とタッグ
 全日本柔道連盟は19日、男女日本代表の愛称が「ゴジラジャパン」に決まったと発表した。日本発祥の柔道の伝統や力強さなどのイメージが、今年で誕生65年を迎えて国際的な認知度もある怪獣「ゴジラ」と共通点があると説明。ゴジラが描かれたロゴも作成し、東宝と共同で普及などに利用する。

このサイトでも取り上げているボルダリングを含むスポーツクライミングの日本代表選手の愛称はまだ決まってないと思いますが(もしもう決まっていたらすいません)

せっかく東京五輪に採用されさらに次回のパリ五輪にも提案されることが決定したスポーツクライミング。一般の方にも親しみが持てるような愛称を個人的な意見を含め勝手に考えてみたいと思います!!皆さんもぜひ考えてみてくださいね!!

スポンサーリンク

各スポーツの愛称

まず現在の各スポーツの日本代表選手達のそれぞれの愛称をみてみましょう!

知らなかったチームの愛称など意外とたくさんあるので面白いですよ!

サッカー

日本で絶大な知名度を誇るのが、サッカー女子日本代表の愛称である“なでしこジャパン”です。実はこの愛称、一般公募によって選ばれています。2004年に行われたアテネ五輪の予選を突破し、本大会の出場権を獲得した事で日本サッカー協会により一般公募され採用されました。澤穂希選手らの活躍により2011年には新語・流行語大賞に選ばれています。

そしてサッカー男子日本代表は“SAMURAI BLUE(サムライ ブルー)”の愛称で親しまれています。2006年のワールドカップドイツ大会からキャッチフレーズとして使用されていたものが、2010年のワールドカップ南アフリカ大会で正式に採用され現在に至ります。

サッカーに関する愛称はそれだけではありません。2012年のワールドカップ出場の際には、U-20女子日本代表チームの愛称として“ヤングなでしこ”が、フットサル日本女子代表チームには、“なでしこ5”という愛称が、フットサル日本男子代表チームには、“SAMURAI5(サムライファイブ)”という愛称がそれぞれ正式に採用されています。

野球

サッカーと同じように人気と知名度があるのが野球の”侍ジャパン”

野球日本代表(男子)の愛称が発表されたのは、WBCの出場が決定した2009年、監督就任記者会見でのこと。

そもそも“侍ジャパン”という愛称が付けられた理由には、「日本代表チームを監督名で呼んで欲しくない」という、原監督と加藤コミッショナーの思いからきています。確かに一昔前の日本では、チーム岡田やチーム長嶋など、チーム名に監督名がプラスされる傾向にありました。このころと比べると、代表チームに正式な愛称が適用される事により、監督が交代してもチームの一体感が損なわれないというメリットが生じたのです。

ちなみに、2008年の女子ワールドカップでは、開催地である松山市に因んで“マドンナジャパン”、2010年には大学野球男子チームに“若武者ジャパン”という愛称が採用されています。

バレーボール

バレーボール全日本女子チームには、2009年に公募で選ばれた“火の鳥NIPPON”という愛称が付けられています。

昔は監督名+ジャパンだったイメージですが、今は火の鳥NIPPONと呼ばれていますね!

ちなみに男子バレーボールの愛称は、2009年にこちらも公募で選ばれた“竜神NIPPON”です。

他のスポーツ

写真
東京新聞:TOKYOWebより

他のスポーツでも多くの愛称がつけられてきていて、

07年には日本ホッケー協会が公募で「さくらジャパン」を決めた。「桜の花のように親しまれ、愛されるように」との思いが込められている。

 スポンサーが携わる例もある。新体操団体は同年、公式スポンサーの大手化粧品会社「POLA」が「妖精のように舞う」とのコンセプトから「フェアリージャパンPOLA」を提案した。

 「侍」のフレーズはよほど日本人の好みに合うのか、08年に男子ホッケーが「さむらいジャパン」を公募で決定(現在はサムライジャパン)。その8カ月後、日本野球機構が「侍ジャパン」の愛称を発表した。仮名と漢字で分け合った珍しい例だ。

 カーリングではチーム青森の名称を「クリスタル・ジャパン」として09年に発表した。関係者によると広告代理店が入って決めたそうで、今や愛称はイメージ戦略の一端であることをうかがわせる。

 この他にも競泳の「トビウオジャパン」は大海を跳ぶ姿と世界への飛躍を込めて。バスケットボールの「隼(ハヤブサ)ジャパン」は、俊敏な鳥の動きから。ハンドボール女子「おりひめジャパン」は7人の選手が競技することから、七夕=おりひめを連想したそうだ。

東京新聞より

聞いたことある愛称から初めて知った愛称までたくさんありますね。

競技や日本の和などを連想・イメージさせる名称が多いようですね!

気になるスポーツクライミング日本代表の愛称は?

気になるスポーツクライミングの日本代表の愛称を勝手に考えてみましょう!!

競技から連想

クライミングというスポーツを見た時にぱっと思いつくのが、やっぱり”忍者”ですね。

世界トップクライマーである楢崎智亜選手も壁を縦横無尽に動きまわる姿から”ニンジャクライマー”と呼ばれるくらいです!

スポーツの目線でみても日本らしさから見ても【忍者】は一番しっくりきますね!

』や『なでしこ』といった日本の和を連想させる代表でもあります。

高3でプロを決意!“ニンジャ”クライマー楢崎智亜の覚悟
2020年の東京五輪の種目にも決定し、注目度急上昇の競技「スポーツ・クライミング」。そんなクライミングの注目選手・楢崎智亜(ともあ)選手の魅力に迫りました。

ひねりもなくそのままの愛称でいくなら”ニンジャジャパン”となりますね。

ただ”ジャ”が続くので響きや発音はあまり良くない気がします・・・

”ニンジャブルー”だと戦隊ものに近づいて微妙ですね・・

忍者のほかの言い方だと、忍び・忍術・忍法・隠密・・・うーんという感じですね

忍者、、、、

例えばナルトをイメージして”火影ジャパン”

火影ジャパンは発音がよくかっこいい響きですね!!!火の鳥NIPPONとも近い漢字がしていいですね!!候補の一つにしましょう

ちょっと漫画をイメージしすぎて恥ずかしいかな。。中二病っぽいネーミングと言われそう。。

でも有り!

歴史から連想

忍者の方向性でいくとして、歴史上の実在されたといわれる忍者の名前から連想してみましょう!

服部半蔵・風魔小太郎・猿飛佐助・百地丹波・石川五右衛門・鵜飼孫六

有名どころでいったらこの辺ですかね?

半蔵ジャパン・・・微妙。ちょっと年齢が高めのイメージになってしまうのは僕だけ?

風魔ジャパン・・・なし。魔という文字で悪いイメージがつきそうですね。

猿飛ジャパン・・・有り。発音はOKだと思います!候補ですね!クライミングの動きは猿も連想できますし!ただ猿は良い意味も悪い意味もありそうですね。。

サスケジャパン・・・有り?ナルトに引っ張られている感はありますが、発音と見た目は意外とアリかも。。

五右衛門ジャパン・・・微妙。五右衛門は日本をイメージしますが、俊敏なイメージがないのと語呂的にも微妙かもですね。

候補は2つ

勝手にですが、愛称を考えるのは楽しいですね!勝手に言うだけですからね。決めるとなるとかなり重要で責任がついてくるので考えるだけが楽しくて良いですね。

他にもいろいろな方向性がありそうですが、みなさんはいいのありましたか?

このサイトでの候補は”火影ジャパン””猿飛ジャパン”で決定です!!!

火影はかっこいいし、猿も逆にクライマーは猿になれば一番強いと言い切ってやりましょう!

皆さんはいい案や面白い愛称がありましたか?ぜひ考えてみて良ければコメントもしてみてくださいね!!

何になろうと、何もなかろうとクライミング日本選手を応援しましょう!!

コメント