ボルダリングで大人の青春謳歌!学生のような無邪気な楽しさと大人の楽しさの融合

スポンサーリンク
HOME

ボルダリング専用のジムスタッフとして働いて10年近くになりますが、これまでにたくさんのお客さんと一緒にボルダリングを楽しんできました。

自分より長く続ける人もいれば、すぐやめてしまう人、数年でやめてしまう人や、ハマりだして数年、きっとやめないだろうという人。

それぞれいろいろな理由でボルダリングにハマったと思いますが、その中の一つとして学生時代の部活動のような楽しさがあることが挙げられます。

部活動のような楽しさがあるボルダリング

ボルダリングはコツを覚えればどんどん上達していくので、達成感と上達を実感できハマっていきます。

努力が実を結んで結果になるという事が目に見えてわかると本当に楽しくなってきますよね!

そうしていくと週に何回も通うようになり、決まった曜日に通いだす内に常連さんや、同じくらいにボルダリングを始めた方と仲良くなっていきます。

仕事を終わらせて、仲間たちとボルダリングをして、あーでもないこーでもないと技術やトレーニングを高めていく。するとなぜか昔の高校時代などの部活動を思い出すようで、青春時代の楽しさを味わえます。

遠征や飲み会など学生の時には出来なかった自由

学生時代は先生もいるし、親もいるので遠くに出かけたり飲み会などもってのほかでしたが、大人になったら何をしようと何をしていても自由です。

休みの日に遠征に行ったり、休みの前には飲んだりと高校時代にはできなかった事もできるので、青春時代をさらに大人化して謳歌できるようです。

自分で稼いだお金でオシャレなウエアでボルダリングしたり、最新のシューズを買うのも自由なのでそういった部分も学生時代よりも自分で選ぶことが出来ます。

学生時代部活動に熱中していた方もあの頃を思い出したり、また部活動をしていなかった方も部活していたらこんな感じなんだと思うことが出来ますよ!!

辞めてからも連絡を取り合う仲間が出来る

ボルダリングでは3年~5年以上と長く続く人も多くいますが、スタッフをしていると一番多いのが1~2年で遠ざかっていくという方が一番多いのではないかと感じます。(統計を取っているわけではありません)

最初はどんどん上達していったボルダリングも1年くらいだとだんだん上達の幅も少なくなっていきます。

もっと強くなりたいのに、これ以上強くなれる気がしないという気がしてきて、始めたころよりモチベーションが下がってきてだんだんとボルダリングから遠ざかったりしてしまいがちです。

最初のころは忙しくても時間を作って登っていたのが、モチベーションが下がってくると忙しいとさらに登る元気がなくなってきて徐々にフェードアウト。。。というのが多い気がします。

ですが!ボルダリングはほかの趣味とここからが違うんです!!

ボルダリングをほとんどしなくなっても同じ時期に登った仲間と遊ぶ

ボルダリングが部活動っぽいのは同じ時期に登ったりしていて、切磋琢磨したりご飯などを食べてプライベートでも仲良くなった仲間とはボルダリングをやめても連絡を取り合いご飯を食べたり、近況を報告するようになるという事が多くあります。

高校の青春時代を過ごした仲間は社会人になって合う回数が少なくなっても連絡を取り合ってたまに近況を報告するのと同じように、大人になってからのボルダリングでもそういった関係を作り上げることが出来るのがボルダリングの素晴らしいところでもあります!

もし今年から何か始めようかなという方や、何かに熱中したいという方はボルダリングおススメですよ!!!

コメント