40代、50代もまだまだ大丈夫!加齢による体力の低下と衰えを防ぐにはボルダリングも効果あり

スポンサーリンク
日記&雑感

筋肉量の加齢と体力の低下

人間の筋肉の70%は下半身に集中していますが、その下半身の筋肉は一般に想像するよりも早く20歳を過ぎると下降を始め、その後、歳を取るにつれて年々減少していって、高齢者になると20歳時の半分近くにも減ってしまいます。
筋肉量は55才頃から急速に減少していき、65才頃には歩いたり体を支えたりといった基本的な動作に影響が出る程に筋力が低下してきます。

20代と40代は変わらない

実は多くの人が漠然と20代より40代のほうが、40代より60代のほうが体は硬いし体力が無いと思っていらっしゃるでしょうが、実は、20才~60才ぐらいまでは大差はないのです。むしろ個人差の方が大きく、まったく体を動かさない20代よりもよく体を動かす60代のほうが体が柔らかくて体力もあるのです。

筋肉は60日で生まれ変わり何歳でも増える

骨は完全に代謝するには6年以上の年月が必要ですが、筋肉の新陳代謝は他の細胞や臓器に比べて非常に活発で何歳になっても約60日で生まれ変わることが分かっています。(皮膚の再生日数は10才では20日、30歳代では約40日、50歳代では約75日、60歳代では、なんと約100 日です)
これは、人は何歳になっても筋肉を強化することが可能であることを意味しています。
つまり人は100歳になっていても、きちんとトレーニングをすることで若い体に戻ることが可能なのです。

ジョギングより筋トレの方が効果がある

ボルダリング始めたらまず週1ペース!上手くなりたいなら週3で登るのがベスト!!
ボルダリングは週1ペースで登ると上達する ボルダリングを初めていくと高確率で筋肉痛になります。 普段使ってない筋肉を使うため、いつもより長く筋肉痛になりますよね。 「帰りの運転が腕プルプ...

「月に300km、400kmのジョギングをしても、加齢による筋肉量の減少は食い止められないことがわかっています。それは加齢とともに減少していく筋肉が主に“速筋”であり、ジョギングなどの有酸素運動で使われる筋肉が“遅筋”のため。遅筋については、ジョギング習慣のある70代の人と、運動習慣のない70代の人を比べても、その大きさがほとんど変わらないことがわかっています」

そう話すのは筑波大学大学院教授で、つくばウエルネスリサーチ代表の久野譜也氏。“健康にいい”というイメージの定着しているジョギングやウオーキングだが、それだけでは加齢による身体の衰えをカバーしきれないというわけです。

何歳でも筋肉は増えるが早いに越したことはない

筋肉量の維持は基礎代謝の維持にも繋がるため、メタボリックシンドロームの防止効果もある。そして、そのトレーニングを始めるのは、年を重ねてからでも遅くないそうだ。

「我々の行った研究では、80代、90代の人でも筋力トレーニングによる筋肉量の増加が認められました。始めるのは何歳からでも遅くないですが、若い頃のほうがトレーニングの効果が出やすいことも確かです。将来のことを考え、できるだけ早めにトレーニングは始めたほうがいいでしょう」

楽しく続けれるボルダリングがおすすめ

生涯スポーツとしてボルダリング!!40、50代からでも趣味として人気が急上昇!
スポーツの低年齢化と適齢期 スポーツというのはやはり筋力・体力ともにピークである若い時が一番力が入ります 筋肉・体力の衰えというのはどうしても年齢を重ねるとともにつきまとってきますし、回復力も...

ボルダリングは生涯スポーツと呼ばれるほど、老若男女問わず全ての方が楽しめるスポーツです。

筋力や運動神経に自信がない方でもコツを掴めば登れるようになるのでどんどん楽しめるようになります。

少しずつ上達していく過程や達成感、目標をもって取り組むことが出来るので充実した日々を送ることができます。

年齢を重ねるとともに身体的活動は減少して、ストレスも増大していきますが、ボルダリングを通して体を動かすことで爽快感や達成感などに加え、健康増進や体力の向上に大きく影響していきます。

趣味にするとプラスになることが多いボルダリングをぜひ続けてみましょう!

 

クライマー向けサプリを飲み続けて1か月、30代以上にはかなり効果あり!
今最もクライマー向けサプリを1か月飲んでみた効果 前回ご紹介した今最も旬のクライマー向けサプリ【アルギニン×シトルリン マッスルプレス】を1か月毎日飲んでみました。 アルギニン×シトルリン...

 

コメント