プロテインとアルギニンの違いとは?自分に合ったサプリで強くなろう

スポンサーリンク
日記&雑感

サプリの重要性

サプリメントには、大きく3つの利点があります。

1 普段の食事からは摂取しにくいものを補うことができる。

2 強化したい栄養素をピンポイントで補うことができる。

3 消化吸収しやすいかたちで栄養素を摂取できる。

という3つが挙げられます。

クライミングやそれ以外のスポーツ関係で特にメリットとなるのは、2、3番目。強化したい栄養素を、消化吸収しやすいかたちで摂取できる、という点にあると思います。

仕事や私生活でもクライミングジムに行く時間があまりない方など、ピンポイントで効率良く補えるサプリメントや疲労回復を早めるサプリはプロアスリートよりもサラリーマンの方が需要があるように思えます。

パフォーマンスの土台は日々の食事によってつくられるといっても過言ではありません。

運動後は、失ったエネルギーと傷ついた筋肉を修復する栄養素をいかにすみやかに補給できるかどうかで疲労回復のスピードが大きく変わります。ここでは、消化吸収しやすいかたちである、というメリットを生かしてサプリメントを取り入れるのがベストでしょう。

『運動前後の栄養摂取の仕方でライバルに差をつける』食品の機能性研究が進んだ今日、自分にとって必要なサプリメントを利用しない手はありません。

クライマー向けのサプリメント

以前からクライマー向けのサプリメントとして、特に30代40代以上の方におススメしているのが【ARGININE×CITRULLINE MUSCLEPRESS(アルギニン×シトルリン マッスルプレス)】

クライマー向けサプリ3か月継続して目に見えてわかる成果と実感
初めてサプリを飲み始めてから3か月継続 2018年最も旬のクライマー向けサプリとして紹介したMONOVOの【ARGININE×CITRULLINE MUSCLEPRESS(アルギニン×シトル...

個人的にはプロテインでもBCAAでもなくアルギニンがおススメと感じています。

しかし、アルギニンとプロテインは作用がまるで違うというご指摘があったので今回はアルギニン×シトルリンとプロテインの違いについて調べていこうと思います。

アルギニン×シトルリンの効果はこちらから

今最も旬のクライマー向けサプリ!!アルギニン×シトルリンの最強サプリメントでライバルを越えよう
クライマー向け最新サプリが登場 以前にもクライマー向けにBCAAやHMBを紹介してきましたが、今回紹介するアルギニン×シトルリン マッスルプレスはそれ以上にアスリート向けのサプリです。 ...

アルギニンとプロテインの違い

プロテインとは?

プロテインは単純にタンパク質の英訳です。

タンパク質は筋肉だけでなく、内臓や皮膚、髪の毛、爪に加えて、ホルモンやへモグロビンなど様々なカタチで身体の中に存在しています。プロテインはタンパク質の一種である、というイメージが先行しておりますがプロテインとタンパク質は全く同じものであります。

皆さんが良く飲んでいるプロテインはタンパク質を構成するアミノ酸をバランスよく含んだ粉末です。プロテインは生の食材から糖質と脂質を分離して除去し、飲みやすいように味を調節するために糖質を加えたものです。

プロテインで上質なものだとタンパク質含有率が80%を超え、脂質は1%以下です。このような脂質をほとんど摂らずにタンパク質を集中的に摂取できる生の食品はほぼ存在しないため、カロリー過剰を避けつつタンパク質摂取量を調節したいの多くに重宝されています。

食事だとタンパク質と一緒に多くの脂質・糖質を摂取してしまうがプロテインだと脂質を摂取することなくタンパク質を摂取できるのが強みです。

アルギニンとは?

サプリメントとして人気を誇っているアルギニンはアミノ酸の一種です。

ここで少し違うのが、プロテインに含まれるアミノ酸のように筋肉を構成するだけではありません。アルギニンは様々な高度な働きを持つことで知られており、その中でもクライマーやトレーニング好きな方にとって重要なのは成長ホルモンの分泌を促進する働きです。

 

その他にも脂質燃焼効果や免疫力の向上効果があることがわかっており、これらはアルギニンが生み出す一酸化窒素によってもたらされる働きといえます。

さらにアルギニンは肝臓で有害なアンモニアを無害な尿素へと無毒化する尿素回路(オルニチンサイクル)の中間体としても体内で生成されるもので、何かと人体にとって重要な役割を担うものです。

 

まとめ

つまり、同じアミノ酸の分類でありながらプロテインに含まれるアミノ酸とアルギニンはかなり要素の異なるものとなります。広く言うとアルギニンはプロテインのアミノ酸を有効に使うために重要なものです。

アルギニンが愛好家に愛用される最も大きな理由が成長ホルモンの分泌を促進するという作用です。成長ホルモンは脳下垂体という部分から分泌されるホルモンで、身体の成長を促しています。

タンパク質の摂取量が足りなければ十分な筋肉は作られませんが、プロテイン経由で十分なタンパク質を摂取しても、運動量や成長ホルモン分泌量が不足すれば筋肉は作られません。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すものなので、トレーニングによって筋肉増強を促すのと同じような働きをする栄養素と言えます。

アルギニンは筋肉の成長に必要な成長ホルモンの分泌を活性化させる他、血管の拡張や免疫力向上効果等、健康的な生活を送る上にも見逃せない働きをしていることがわかりました。

皆さんもプロテインかアルギニンどちらが自分に合っているかを試してボルダリングライフにも日々の生活にも活かしていきましょう
アルギニン×シトルリン マッスルプレス
 

コメント