ボルダリングが上手くなる人は登り切る意思が強い

スポンサーリンク
ビギナー上達編

強くなる人は登り切る意思が強い

ボルダリングでは登っていない課題の事をよく宿題と表しますが、スタッフをしているとわかるのが強い人は宿題を残さない。という事です。

少なくとも、その日に宿題を回収するという気持ちが強い人が多いです。

それは4級でも5級でも2級以上でも同じことで、そこに上達のスピードが早い理由があります。

上達をしない人は『ヨレたからやらない』『ムーブをばらして出来るから出来る実力はあるから大丈夫』というように言い訳をして次の課題や新しい課題をやっては登り切らないという事を繰り返してしまいます。

ここで上達が早いクライマーと遅いクライマーには大きな差が生まれます。

ムーブをばらしてつなげる時にできないのは実力がないからで、登り切る力があるかないかで上達のスピードやコンペでの実力がはっきりしてきます。

強くなっていく人はこの意識が高い人が多いのだと思います。

クライマーズ・バイブルの中で竹内俊明さんはこう言っています。

難しい岩を登るには、メンタルを固めることが重要。

例えば日々のトレーニングで自分の限界グレードを登ること。

それは終了点タッチではダメ

完登すること。

登れたという事実を積み上げていくと、登れるようになる。

やはり一流のクライマーは登り切るという事を強く意識していることがわかります。

*引用記事Mikipedia クライミングをもっと考えたい全ての人へ*

Mickipedia ミキペディア
クライミングをもっと考えたい全ての人へ

完登することによる効果

持久力(フィジカル)

課題を登り切るためにトライを重ねるということがフィジカル強化のトレーニングに繋がっています。ヨレてつなげれない課題がつなげれるようになってくると持久力があがり、その分登れる本数も増えるのでたくさんの課題を登れるという意味でも上達の効果が高いです。

ムーブのうまさ

スタートからゴールまで繋げようと思うと、最初から全力だったり、力任せに登ると最後まで持ちません。

ムーブを使い、上手く力を温存することが完登するポイントです。

力を抜くポイントがわかればわかるほどボルダリングが上達していきます。

メンタル

自分自身の限界ギリギリの課題を完登したという事実ということが自信になり、クライマーのメンタルを作り上げてくれます。

それはどんなグレードでも同じです。その達成感がボルダリングの一番の魅力であり、力の源ともいえます。

まとめ

登り切るという事はとても大切です。

今はクライミングジムが増えて、どんどん新しいホールドも増えているので新しい課題を求める人も多くなっています。

それ自体は悪くないことですが、新しい課題ばかり増えていくことで完登したかった課題もなくなったり、遠征が増えてたくさんの課題を触った方が時間的に効率が良いために完登することなく次の課題に進んだりしてしまいがちです。

クライマーは完登することで強くなり、自信にもなります。

完登するクセがない人は完登するクセをつけてボルダリングを上達していきましょう!!

 

コメント

  1. こうたろ より:

    万年3級クライマーのこうたろと申します。
    なるほど。
    このブログを読んで僕はダメなタイプです。
    今月から無理目なマンスリーでも完登にこだわりたいと思います。

    • エスロー より:

      完登にこだわるとどんどん強くなっていくと思いますよ。

      無理をするといってもケガには気を付けて楽しんでボルダリングしてください!!

  2. mic より:

    こんにちは。
    ブログmickipediaを書いているものです。
    この記事は明らかに私が書いた『完登クセをつける。「ゴール落ち」と「完登」の圧倒的な差』
    の内容や構成と類似しています。

    ・本記事に、私の上記の記事が引用元であると明記し、リンクを貼る
    もしくは
    ・本記事を削除する

    のどちらかの対応をすぐさまお願いします。

    • エスロー より:

      申し訳ありません。

      内容がとても良く、参考にさせていただいた部分がありますので、引用元の明記とリンクを貼らさせていただきます。