ボルダリングで人生が好転するというのはあながち間違いではない

スポンサーリンク
日記&雑感

ボルダリングを習慣にすると生活が変わる

これは実際ボルダリングに限らずですが、何か一つでも習慣になると生活というのはガラッと変わります。

どんなことでもいきなり習慣にするというのは難しいです。最初はたまにやる程度だったのが慣れてきて徐々に回数が増えていく。そうすることでいつの間にかそれが中心の生活になっていくのが習慣というものです。

それは良い事でも悪い事でも同じで、例えば週に1回散歩することを心がけるとしていつの間にか週に数回に増えていき、散歩しないと始まらないという気持ちになったり。

最初は週に1回だけビールを飲む日があったのに、いつの間にか毎日飲んでしまっていたりというように慣れというのはある意味怖く、なんでも習慣化されてきます。

ビールはともかく、散歩やランニングを習慣にするのも良い事ですし、続ければ心身ともに健康的になりますが、生活としてはそこまで変わらないかもしれません。

ボルダリングを習慣にすると生活がガラッと変わるだけでなく人生が好転していきます。

 

ボルダリングが習慣になって好転したこと

じゃあどんなことが好転していくか?というのは自分自身の経験ははもちろん、スタッフとして周りの方を見続けている経験から伝えていきたいと思います。

僕がボルダリングを始めたころ、最初は月に2回行くか行かないかくらいでした。

それが徐々に楽しくなっていき週に1回の休日の趣味になり、だんだんと平日1回休日1回と週に2回行くようになりスタッフになる前の最終的には週に3,4回行くのが当たり前になっていき完全に自分のライフスタイルとなりました。

 

健康的な体になる

ボルダリングがライフスタイルになると日頃の不摂生が気になりだします。無理をしているわけでもなく体重が増えないように食事に気を遣ってみたり、ふとしたタイミングで肩や股関節の柔軟をしたりしてしまいます。

当時していた仕事の健康診断で軒並み数値が良くなったことを覚えています。

ここで重要なのが特に無理をしていない!という点です。よく言われるのがボルダリングをしていて食事に少し気を遣うだけで『ストイックな人』と言われますが、実際そんなに気を遣っているわけではなく本当に少しいつもよりちょっとだけ量を少なくしたり、お菓子やパンなどをちょっと減らしたりしているだけなんです。

ただ楽しくボルダリングをするためにちょっとしたことで身体が健康的になります。

人付き合いが変わる

登る時間をしっかり確保したいですし、コンディションは出来るだけ良い方が楽しく登れるので、だらだらと飲みに行ったり、たまに飲みに行っても飲みすぎることが減ってきます。

仕事も残業を出来るだけ減らそうと効率よくなります。

人付き合いも変わってきます。以前だったら時間を持て余したりした時にパチンコや暇な友人ととりあえず合流して何もすることなくだらだらと過ごしたりといった時間も無くなり、休日は一人でも登りに行けるしジムの友人たちと有意義に登ったりすることも出来ます。

さらにクライミングジムには様々な業種の方がいて、そこでの交流も生まれます。

普段生活しているだけではなかなか合わない業種の方も年齢や職種も関係なくフラットに接することが出来て自分にない物を持っている人と関わることで刺激にもなります。

 

ボルダリングで良い習慣を固めて悪い習慣をなくせる

ボルダリングという趣味がライフスタイルの中心となったことで、健康も食事も仕事や人の付き合いまで良い方向に変わっていきます。

良い習慣というのは連鎖的にいろいろなことが良い方向に向かっていきます。

しかしそれは逆のことも起こり得るわけで、悪い習慣になると悪い方向へと向かっていってしまいます。

例えば遅い時間まで遊び歩くようなことであったり、お金を賭けるようなことであったりすると、生活全体に悪影響を及ぼします。賭け事でお金が動くことによって仕事にも身が入らなかったり、悪循環を他人のせいにしてしまいます。

そうならない為にも良い習慣で固めていくことで悪い習慣が入る余地をなくしていきましょう。

とはいってもなかなか良い習慣って何?となってしまいますが、そこで好循環になっていくのがボルダリングの良いところ。

無理することなくボルダリングを楽しく続けていくだけで好循環になっていくので本当におすすめですよ!

まずは一度試しに始めてみてはいかがですか?

コメント