グラミチショーツの正しいサイズの選び方

スポンサーリンク
ファッション

グラミチショーツの正しいサイズ

夏のショーツと言えば、外せないのがGRAMICCI(グラミチ)。

今の日本の夏で最も売れているショーツは恐らくGRAMICCI(グラミチ)ショーツだと思います。アウトドアにも通用する動きやすさ、履きやすさ、そしてどんなスタイルにも馴染むデザイン。高いコストパフォーマンスを誇るショーツだからです。ところが、丈の長さや腰周りなどのサイズ感がイマイチわかりにくくて、自分のサイズで迷ってしまいがちです。

このサイトでも何度かグラミチは紹介させてもらいましたが、コレを見て、自分にぴったり合いそうなサイズや色を見つけ出してください!

ボルダリング用の動きやすくてオシャレな短パン5選
登るときでもお洒落に!!動きやすくてお勧めの短パン ボルダリングというのはどんな格好でも登れますが、登るために高く足をあげたり足を大きく開いたりします。そのときに足が上手く広げれないようなパンツを履...

グラミチの定番はST(スタンダード)とNN(ニューナロー)

頭のSTとはスタンダードの略。「ST-SHORTS」。新定番である細身短丈のNN-SHORTSとゆったりシルエットのロングセラーモデルG-SHORTSを掛け合わせたようなシルエットでつまり太過ぎず細過ぎず、長過ぎず短過ぎずのオーソドックスなフォルムとなっています。今までのグラミチって、大きいか小さいかの両極端な形だったので、こういうどっちにもシフトできる一品ってのは嬉しい限りです。

NNとはニューナローの略。もともとクライミングウェアをルーツにしているブランドだから、動きやすいゆったりめのシルエットだったのがナロー(狭い)シルエットになり、さらに現代的なシルエットになったショーツをニューナロー(NN)と呼びます

 

前開きでバックポケットは2つ、ストレッチも入っているのでより快適にスマートにグラミチを堪能できる一本です片手で簡単にサイズ調節ができるウェビングベルトを使用し、股下は180度開脚可能なガゼットクロッチ。これが快適性と足運びの良さを実現します。

グラミチのサイズの選び方

「サイズは何を選んで良いかわからない」「Sだと小さいのかMだと大きいのか」そんなお困りの方も多いと思います。

例をいくつか紹介していくのでこの記事を読んでGRAMICCI(グラミチ)のサイズの悩みを一気に解消しましょう!

STスタンダードショーツ 168㎝ Sサイズ着用

Sサイズですがスタンダードショーツの為割とゆったり目なシルエットになります。

NNショーツは少しタイトなシルエットで今風のオシャレ感はありますが、、定番ショーツの安定感はこれでお分かりになるように、オヤジから子供まで安心して履ける、実に絶妙に設計された太さと長さなのです。

STスタンダードショーツ  170㎝ Mサイズ


同じSTショーツのMサイズはもう少しゆったり目に着れます。

NN-SHORTSでは少し小さいな、丈が短いな・・・なんて感じていた方やもっと楽に着たいなという方はSTショーツのMサイズがおススメです。

NNニューナローショーツ 175㎝  Mサイズ

すっきりとした腰回り、太ももに沿うタイトシルエット、ヌケ感のある短丈。若干ボードショーツっぽい雰囲気を持っているのがSTショーツとの違い。

同じ体格のモデルで長さを見ると、Mサイズの方が少し長め(でも、膝上)。腰周りにも余裕が持てて、ゆとりあるフィッティング、アクティブにも使いたい方はこちらが◎

NNニューナローショーツ  176㎝ Sサイズ

Sだと膝上よりやや短いくらい。上品・キレイ目に、タイトですっきり穿きたい方にはおススメです。

細身のシルエットでオシャレに着こなしたい方はSでもありですね。

近年のトレンドフィットはかなり、タイト目。それを象徴するNNショーツの登場もあり、ますます選択肢も広がりました。しかしながら、グラミチって楽パン、というのも事実。ワンサイズアップもまた“らしい”履き方?でもあります。

ジャストで履くか?ゆったり履くか?皆さんのお好みと用途に合わせてぜひ楽しんでくださいね!

コメント