運動嫌いの方ほどボルダリングがおススメ!!人にとって運動が最強のストレス解消法って知ってました?

スポンサーリンク
日記&雑感

ストレスは身近な存在である

近年、ストレスを強く感じる人が老若男女を問わず急増しています。
地域や職場での人間関係、介護や育児の不安、学校や仕事への不満など、さまざまな精神的ストレスがクローズアップされるようになりました。
人とかかわりながら生活する以上、ストレスは常に身近 に存在します。
ストレスといかに上手く付き合うかが、心の健康を保つ上でとても重要です。
ストレスを感じると、脳はまず身体を活性化させストレスに備え、続いてストレスの原因を克服しようとします。
ここでストレスが解消できれば一件落着です。
しかし、長期間ストレスを解消できないと脳が慢性的な疲労を起こし、食欲不振、睡眠障害、抑うつなど心身にさまざまな変調が生じることがあります。
そうならないために、自分に合ったストレス対処法を身につけることが大切です。

運動がストレス解消になる6つの根拠

ストレス解消に運動をススメるのには6つの根拠があります。

セトロニンが増加する

セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれるホルモンで、セロトニンが減少すると、無気力ややる気の喪失といった状態に陥りうつ病に代表される精神疲労の原因となります。

運動は、BDNF(脳由来神経栄養因子)を分泌させ、BDNFはセロトニンを増加させる効果があり、ストレスで減退している精神力を回復してくれます。

エンドルフィンを分泌する

運動すると分泌されるエンドルフィンは、別名「脳内麻薬」とも言われ、多幸感をもたらし気分をリラックスさせてくれます。

また、ランナーズハイが代表的なように、運動する事自体に積極的になれますので、ストレスから解放してくれます。

コルチゾールが減少する

コルチゾールは、別名「ストレスホルモン」とも呼ばれ、ストレスを感じると副腎皮質から分泌されるホルモンです。

運動をすると、心臓から心房性ナトリウム利尿ペプチドというホルモンが分泌され、コルチゾールの分泌を抑えてくれます。

成長ホルモンを分泌する

成長ホルモンは、大人になっても分泌されるホルモンで、身体の代謝を上げてくれます。

ストレスを感じることで、成長ホルモンの分泌が抑制されますが、運動する事で成長ホルモンの分泌を促します。

代謝が良くなると身体が元気になりますので、精神的にも向上します。

免疫力が上がる

ストレスは自立神経の正常な働きを乱し、免疫力を低下させてしまいます。

運動により血液循環が良くなると、ウィルスの抗体や白血球がより早く体内を循環できるようになるため免疫力が高まり病気に対応できるようになり、ストレスを原因とする病気を予防する事ができます。

睡眠を促す

ストレスは、精神的なものや自律神経の乱れで睡眠不足の原因となります。

運動でエネルギーを消費し、適度に疲労する事で質の良い睡眠を促す事に繋がり、
身体も脳も疲労回復でき、心も身体も元気になります。

食欲が増加する

ストレスを感じると交感神経が優位になってしまうため、食欲が落ちてしまいます。

食欲減退は、身体のエネルギー不足につながり、倦怠感などストレスの症状を強くしてしまい悪循環に陥ります。

運動でエネルギーを消費し、食欲を増進させる事で、基礎代謝も上がり悪循環から脱っする事が出来ます。

ボルダリングはストレス解消に最適

【運動が最強のストレス解消法】という根拠がお分かりになったでしょうか?

たくさんあるスポーツの中でもボルダリングはストレス解消に最適と言われています。

ネガティブな思考がポジティブに!ボルダリングの意外な効果とは!?
ボルダリングでネガティブ思考を解消 外岩では一つの大きな岩や切り立った崖や壁をインドアのクライミングでも自分の身一つで登るボルダリング。 登るために使う道具というえばクライミング専用の...

ポジティブな要素も強いボルダリング。

年齢を気にしずにサラリーマンの方でも続けやすいのがボルダリングのいいところです。

ストレスを抱えているなと実感している方は一度お近くのクライミングジムで運動してみてはいかがですか?

30代40代のボルダリングで効果を上げる3つのポイント
30・40代が多いボルダリング 最近は人気が定着してきたボルダリングは年齢・性別を問わず、誰でも楽しめるスポーツです。そして「気軽に始められる」のが魅力です。簡単に始めることが出来てなおかつ上達も実...

コメント