スポンサーリンク

クライミング五輪代表は注目の2人!?オリンピック公式ルールの初代王者が決定

日記&雑感

クライミング東京五輪の競技方式”コンバインド”

東京2020オリンピックを2年後に控え、世界各国で3種目強化が本格化するなか、国内初のコンバインド公式大会「コンバインドジャパンカップ」が6月23・24日の2日間にかけて岩手県盛岡市で開催されました。

コンバインドとは、スポーツクライミングの3種目であるリード、ボルダリング、スピードそれぞれを行い、その複合成績で勝敗を競うというもの。各種目の順位を掛け算し、値が小さい選手が上位となる。東京2020はコンバインド形式が採用される。

記念すべき第1回の大会会場となったのは、元々あったリード壁に隣接する形で今年3月にスピード壁が整備された岩手県営運動公園と岩手県勤労身体障がい者体育館。前者ではリードとスピードが、後者ではボルダリングが行われました。(クライマーズより引用)

スポンサーリンク

順位付けの方法

複合競技で少しややこしいのが順位付けの方法です。

まず予選でも決勝でも3種目それぞれで選手は「順位ポイント」を獲得します。

これはほぼ順位の数字と同じと考えて良いのですが、2人以上同着の場合は同着の選手が占める順位の平均値(例えば8位が4人なら、8,9,10,11の平均値である9.5)がそれぞれの選手に与えられます。

そして3つの順位ポイントの掛け算が「合計順位ポイント」となり、この合計順位ポイントが小さい選手がより上位となります。

つまり3種目での予選をまず終えた段階で合計順位ポイントが小さい6選手が決勝へ進み、その6名で決勝でも3種目を再びおこなうという形式です。(mikipediaより引用)

優勝は楢崎智亜選手と野口啓代選手

女子では地元盛岡出身の伊藤ふたば選手らを抑え、全競技を3位以内にまとめた野口啓代選手が貫禄の優勝。男子ではスピード、リードの2種目で1位を獲得した楢崎智亜が頂点に立ちました。2016年の世界選手権をはじめ国際大会では多数の優勝経験を持つ楢崎選手は意外にもこれが国内公式戦初優勝。弟の楢崎明智も2位に入り、兄弟でワンツーフィニッシュを決めました。

先に行われた女子決勝には、午前開始にもかかわらず立ち見が出るほど多くの観客が訪れ、第1種目のスピードでは、予選を首位通過していた伊藤がトーナメント準決勝で自己ベストを上回る10秒08を記録。決勝でも野中生萌に勝利し、地元の観衆の前で好スタートを切った。第2種目のボルダリングでは、序盤の両手で押さえこむランジに苦戦する選手が続出した第2課題を野口が2アテンプトで沈めて一歩抜け出すと、そのまま全完登で1位を獲得。2種目を終えて、伊藤と野口が3ポイントで並んで首位、野中が4ポイントで続き、優勝の行方はこの3名に絞られる。

最終種目のリードで、できる限りTOPまで近づいて後続の2人にプレッシャーをかけたい野中だったが、中間地点の高度21で力尽きる。次に登る野口は「何回手を離しそうになったか分からなかったけど、優勝したい一心で登った」と終盤の37+に到達し、最終6番手の伊藤の結果を待つことに。伊藤は地元の大声援を背に粘り強く登っていくも、優勝まであと僅かの36+でフィニッシュ。伊藤との接戦を制した野口が栄えある“初代”複合女王の座を射止めた。3位にはリードで終了点タッチの39+で最高高度をマークした15歳の谷井菜月が滑り込んでいる。

オリンピック代表に一番近い二人

初のコンバインドジャパンカップ(CJC)は評判通り?実力を発揮した楢崎智亜選手、野口啓代選手の両名が優勝しました。3種目の総合力が必要となりますが、競技や順位付けなどクライマーにとっても新しいことが多く、オリンピックの効果を強く感じます。

オリンピック代表がどのように決まるかはまだ決まってないと思いますが、現時点で代表に一番近い二人と言えそうです。

2020年まではまだ時間がありますし、東京オリンピックが最終目標や一番大切というわけではありませんが、否が応でも注目されるスポーツクライミング。

2020年以降もクライミングシーン全体が盛り上がるようになってくれるよう今から楽しみで仕方ありませんね。

2019年8月に開催されたクライミング世界選手権で見事オリンピック代表に内定されました!!

コメント