TFNCに続く人気コンペとなるか!?RedBull ASURA(レッドブルアシュラ)に参加してみよう

スポンサーリンク
日記&雑感

RedBull ASURA(レッドブルアシュラ)とは?

「レッドブル・アシュラ」は2017年から開催されている全国6会場で行われるビッグイベントです。

レッドブルアシュラの最大の魅力は女性を含む3人1組で行われるチーム戦コンペ

各地で開催される予選ストップの上位チームは三重県熊野での外岩エキシビジョン・セッションに招待されます。ボルダリングの新しいフォーマットのコンペティションとしてRed Bull Asura(レッドブル・アシュラ)の本大会はファン(8~5級)、 ミドル(4~3級)、オープン(2級以上)の3カテゴリーで行なわれ、最低1名の女性クライマーを含む同じカテゴリーの3人1組のチーム形式で行なわれる。

昨年は4会場だったのが今年は6会場と規模もアップ!

去年よりもエントリーが多く、ボルダリングコンペとしての需要も認知度も高まっています。

各会場優勝チームには外岩でのエキシビジョンマッチ

これまでにないフォーマットの女性を含む3人一組でのチーム戦というのが他のコンペとは違うレッドブルアシュラですが、もう一つ違う魅力が、各会場で優勝したチームには三重県熊野で行われる外岩でのエキシビジョンマッチに招待されるという点です。

世界的にも珍しい大会を外岩で開催しています。

この内容を交換したのがレッドブルスリートとして有名な野中生萌選手、その立案者である野中選手は大会後に「以前より3人一組でトレーニングするのが最も効果的と感じていました。具体的には交代で課題に取り組む際の待ち時間の感覚や、課題に対してのディスカッションするのに3人というのは理想的」とコメントしています。

大会を楽しんでもらう裏側にこういった意図も隠されているので盛り上がるのも当然なわけですね。

さらにコンペとして競技に参加した方々にボルダリングの原点である外岩の魅力も再発見してもらい、新たなる魅力、競技レベルの向上としてさらにクライミングシーンの発展にもつながっています。

コンペの規模としてはノースにつぐ最大規模

そうした様々な方の思いが詰まったコンペは去年始まったばかりのイベントですが、すでに一般の方が参加できるコンペの規模としてはノースフェイスカップに次ぐ規模となっています。

8〜5級設定の【ファンクラス】があり祝祭色の濃いイベントでもあります。初心者さんの方でも楽しめるのがポイント。

第1戦は6月30日に東京で行われます。

コンペは初めてという方も3人一組でコンペ経験者がいれば安心して参加できます。

せっかくボルダリングを初めたなら一度コンペに参加してみるとまた違った楽しさを味わうことができますよ!

公式サイトはこちらから

コメント