最新の研究!大人もこどもも脳の活性化にボルダリングが良いらしい

スポンサーリンク
日記&雑感

脳の活性化に良いスポーツにボルダリング

最新の研究情報によると脳の活性化に効果的なスポーツとしてボルダリングとキックボクシングが良いと発表されたそうです。

良くボルダリング脳の活性化には良いといわれていましたが、研究で発表されているとなると信頼度が増しますね。

大人も子供も脳の鍛えるためにも運動は必要

運動が体にいいのは昔から言われていて誰もが知っている常識ですが、ここ数年は「頭を良くする」ためにも欠かせないことがわかってきました。

たとえば独立・起業を考える方は『起業家脳』を鍛えていかないといけません。そんな方にも必見の運動は体にいいだけではなく、脳にもいいことが判明した、ということを紹介していきます。

プレジデントオンラインの記事によると「運動すると、脳由来神経栄養因子(BDNF)という物質が脳の中でさかんに分泌されます。このBDNFが、脳の神経細胞(ニューロン)や、脳に栄養を送る血管の形成を促すことが明らかになりました」
以前は「脳のニューロンの数は生まれたときに決まっており、その後は加齢とともに減っていく一方で、増えることはない」と考えられていた。だが最近では、さまざまな要因で後天的に増えることが科学的な常識となっている
「ニューロンの数を増やすために最も効果が期待できるのは、運動です。さらにものを覚えたり認知能力を高めるために必要な神経結合を増やしたり、ドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンといった思考や感情にかかわる神経伝達物資の分泌を促す効果も、運動にはあります」と、『脳を鍛えるには運動しかない!』(NHK出版)の著者、ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士は言っています。
たとえばいくつかの研究では、有酸素運動によるトレーニングを行うことで、記憶をつかさどる海馬が大きくなることがわかっている。 また、継続的な運動によって、脳の認知能力が強化されることも明らかになってきています。

より効果的にするには”楽しむ”ことと”危険性”

先ほど説明した「脳を鍛えるには運動しかない」の著者で有名なジョン・レイティ教授によれば、楽しんで運動をしたほうがBDNFは出やすくなると言っています。

運動を楽しむことで脳の報酬系が活性化するのが原因です。なので基本的にまずは運動を楽しむということは重要なポイントで、強制的にやらせているような運動では脳の活動が少し低下しているという事も挙げられています。

ボルダリングは幅広く楽しめるスポーツなのでその点も大丈夫ですね。

そしてもう一つ脳の活性を効果を高める要因としては安全な運動よりもちょっと危険なスポーツの方がより効果が高まるといわれています。

たとえば普通のウォーキングやランニングに比べるとボルダリングやサーフィン、最初にもあったキックボクシングなどの格闘技も効果が高いのは危険という要因があるからかもしれません。

ボルダリングでは落ちるという事であったり、格闘技でいう体の危険というような少しリスクがあった方が脳の活性化には良いという事です。

楽しく続けれるかどうかがポイント

運動は「体にいい」「脳にいい」「自己管理にいい」となればしない理由はありません。しかし続けれない人も多く全然運動してないという方も増えてきています。

大切なのは楽しく続けることができるかどうか?です。ボルダリングに限らず続けるには体や脳にいいからするという義務感をなくして自ら進んで楽しめるようにならないといけません。

そうしたすべての点においてもボルダリングが一番おススメになります!

子供の教育にも良いといわれていますが、大人でも脳の活性化にかなり効果的です。

一度ボルダリングをしてみてはいかがですか?

 

コメント