クライマーとしての寿命を延ばすために気を付けたい2つのこと

スポンサーリンク
日記&雑感

ボルダリングはライフスタイル

クライミングは生涯スポーツともいわれ、一生を通じて楽しむものとしてたくさんの世代に人気も急上昇中です

生涯スポーツとしてボルダリング!!40、50代からでも趣味として人気が急上昇!
スポーツの低年齢化と適齢期 スポーツというのはやはり筋力・体力ともにピークである若い時が一番力が入ります 筋肉・体力の衰えというのはどうしても年齢を重ねるとともにつきまとってきますし、回復力も...

クライミングは趣味というよりもライフスタイルそのものになる人も増え、生活の中の一部となっています。

もちろん登ること自体が楽しいのはもちろんですが、楽しく運動不足も解消できホームとなるジムでは共通の仲間も増えて新しい交流の場も増えます。

休みの日には他のジムに遠征に出かけたり全国の岩場に出かけたりと楽しみ方も人それぞれです。

また年齢を重ねていくことに登るグレードは落ちても、クライミングジムの居心地の良さは変わりません。僕ももちろんそうですが、ずっと続けていきたいと思っています。

クライマーの寿命

全国にたくさんあるクライミングジムでも見かけることがあると思いますが、朝や昼間から意外とたくさんの方が登っています。

老若男女幅広く楽しんでいますが、得に朝や昼間に見かけるのが50代や60台の中高年の方々です。

最近の方はほんとうに若々しくて週に3,4回も来るような50代の方も多く、そういった方はとても元気です。そして本当に楽しそうに登っているのでクライミングは生涯を通して楽しめるスポーツということがわかります。

クライミングジムのスタッフをしていると、絶対やめないだろうなと思えるような方々でもクライミングから離れてしまうことがあります。

僕が思うにクライミングから離れてしまう方の要因は大まかに2つ。現在楽しんでいるクライミングが出来なくなることがないように今から気を付けていきましょう

ケガや故障による離脱

クライミングジムスタッフをしていてケガによる離脱という方が最も多いです。

クライミングをしている方はわかるかと思いますが、長年クライミングをしている方ほど体のどこかの部分を痛めています。

慣れてきてケガと付き合っている方もいますが、離脱してしまう方はケガや故障をしていてもだましだましクライミングをしていずれ取り返しのつかない大きなけがをしてしまうというケースです。

クライミングは長期離脱をしてしまった時に登るとこんなにも登れなくなるのか、というほど以前の自分からかけ離れてしまいます。

その状態になりたくないので多少のケガでも登ってしまう方が多いように思えます。

しかしそれが実は一番悪循環に陥りやすく、ケガをしている部分をかばってしまい他の部位にも負担がかかる、または痛めているので正しいフォームで登ることができずにさらに悪化させてしまうというパターンです。

痛い・調子が悪い時には登るのをやめる勇気を持つことが大切です

クライマーに多い指の関節痛の原因と治療方法
クライマーに多い指の関節痛クライミングを始めて数か月すると、指に変化がでます。何年もクライミングをやっている人なら指や手首が強くなってきて、そういった症状もなくなってくるのですが、まだまだ始...
ボルダリングが強くなる近道は日頃のケア
ケガはつきものではなく防げるものクライミングに限らずスポーツにケガはつきものという考え方はよくあります。確かにどんなスポーツでもケガのリスクはありますし、怪我した事ない人の方が少ないでしょう...

 

環境の変化

もう一つ多いのが環境の変化による離脱です

結婚・出産や仕事が忙しくなったり転勤したりと環境の変化はさまざまです。

しかし先ほども言ったように長期期間クライミングから離れてしまうと、自分が思っている以上に登れなくなります。しっかりと復活すれば以前のように登れるようにはなるのですが、その復活するまでがメンタル的にきつくなってしまいます。

昔は出来ていたことが出来なくなる、昔一緒に登っていた人は上達していて差が開いてしまう、という事が増えて自分から離れてしまいます。

環境の変化は誰でも訪れる事ですが、環境が変わって忙しくなっても細々と続けることが大切です。

週に1回がきつくても2週間に1回でもクライミングをするようにしていけば忙しさにはいずれ慣れてくるので変化に惑わされることなくクライミングを続けていきましょう。

 

 

コメント