ボルダリングW杯2018シーズンが4月開幕!!今年の見どころは女子の若手新星

スポンサーリンク
日記&雑感

4月13日ボルダリングW杯の初戦が開幕

4月13日にスイス・マイリンゲンで行われるボルダリングW杯初戦を皮切りに、2018年シーズンが開幕します。

昨年は男子はチョン・ジョンウォン、女子はショウナ・コクシーの優勝で幕を閉じましたが、今年はいったい誰が王者に輝くのか?今から楽しみです。

また新たな若手の新星が誕生するのか?という点にも注目していきたいと思います

女子は4強+ボルダリングW杯初参戦の阿島とふたば

去年の女子は2強が強かった。年間チャンピオンの女王ショウナ・コクシーが4勝。ヤンヤ・ガンブレッドが3勝と二人で優勝を争う形となりました。

毎回2,3位にはなるもの優勝することが出来ず、年間ランキングでも3,4位の野口啓代、野中生萌選手がどれだけ2人に割って入るかというところがカギとなりそうです。

トータル的にもこの4人が抜けていて本命ですが、今年は他にも注目の選手がいます。

今年16歳になりW杯に参加資格を得た伊藤ふたば選手と去年リードW杯には参戦したがボルダリングは今年初という白石阿島選手です。

日本では2017年ボルダリングジャパンカップで優勝し一躍人気注目選手となった伊藤ふたば選手が世界でどれだけ通用するか?という点と、アメリカ・日本でも誰もが知る世界トップクライマーである白石阿島がW杯という舞台で結果を残せるのか?という点に注目が集まります。

世代では2人ともトップの実力を誇り、またレベルが高い日本でも野口、野中両選手と渡り合えているところから海外での日程、大舞台でのボルダリングに慣れてきたら表彰台にあがる可能性も大いにあります。

白石阿島ちゃんは実力は折り紙つき。数戦の参加予定なので年間ランキングとしてはランクインされないかもしれないですが、参加する大会では上位争いに割り込める実力なので大いに期待しましょう

男子は群雄割拠も日本勢に期待

男子は2017年はチョンジョンウォンが王者に返り咲き。

一昨年優勝し瞬く間に世界トップクライマーの仲間入りをした楢崎智亜選手は年間2位となりました。

去年の話題といえば初戦に初の表彰台となってそのままの勢いで優勝1回決勝進出5回を果たした渡部桂太選手。それにジャパンカップ3連覇を達成し、上位候補の藤井快選手も絶好調と目が離せません。

また去年表彰台にもたった緒方良行君を筆頭に原田海選手、石松大晟選手など若手も上位候補として名前があがります。

男子は日本勢が強く、準決勝の半数以上が日本勢とレベルが上がってきています。

今年も日本勢によるハイレベルな争いを期待していきましょう!

2018年 ボルダリングW杯 日程

今年のボルダリングW杯の日程です。

4月5月6月は2週続けての連戦が続きます。疲れを残さずにコンディションをうまく調整し、結果も切り替えていけるかもポイントとなりそうです。

第7戦は間があくのでピークを持っていけるかがカギとなり、第5戦は八王子での開催で、開催国代表選手として多くの選手が参戦するので、そちらも期待しましょう

第1戦  4月13,14日 マイリンゲン(スイス)

第2戦  4月21,22日 モスクワ(ロシア)

第3戦  5月5,6日  重慶(中国)

第4戦  5月12,13日 泰安(中国)

第5戦  6月2,3日  八王子(日本)

第6戦  6月8,9日  ベイル(アメリカ)

第7戦  8月17,18日 ミュンヘン(ドイツ)

 

 

スポンサーリンク
日記&雑感
スポンサーリンク
エスローをフォローする
ALLEZ〜ボルダリング上達応援ブログ&No. 1サイト

コメント