スポンサーリンク

【ボルダリング中級者向け】目指せ上級者!ホールドは効かせて腰で登る

ビギナー上達編

上級者がやっているホールドを効かせるとは?

クライミングジムのホールドにはさまざまな形や大きさがあり、持ち方もいろいろあります。

【初心者向け】ボルダリングのホールドをわかりやすく紹介!!
ホールドの種類と名称ボルダリングにはホールドと呼ばれる突起物がついているのですが、その突起物をホールドといいます。ホールドにはさまざまな種類・大きさがあり、壁の形状とともにクライミングジムの顔とも...
【初・中級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~ホールドの持ち方~
ホールドの持ち方と名称を知ろう前回はホールドの種類を説明しました。続きとして今回はホールディングと言われるホールドの持ち方を勉強していきます。オープンハンドオープンハンドはでも少し触れま...

持ち方については説明しましたが、ホールドは常に持ちやすく真下についているわけではありません。課題やムーブによっても違いますし、壁の角度によってもだいぶ違ってくるでしょう。

そういうホールドの時はどう持つか?というよりもどこに重心があって、どの方向からつかめば掴みやすいか?ということを考えて登らないといけません。

ボルダリングの課題はただ単にホールドがついているわけではなく、どこに足を置いて、どういう体勢になったら効果的に力が働くか丁寧に考えられてます(もちろん身長などの体格によって異なりますが)

ボルダリング上達やコツを早くつかむためには、このさまざまなホールドの形や大きさを理解して

どの方向からどのように持てば効果的に力が働いて持ちやすくなるか?

ということを見極めることが上達の秘訣です。

アンダーは体が上にあったほうが持ちやすいですし、ホールドが横向きについているなら横から持った方が当然持ちやすいです。

持ちにくい体勢や持ちにくい位置で頑張って持つという腕力や保持力に頼るばかりではなく、ホールドを上手く効かせながら最小限の力で登れるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

下半身主導で動くのがコツ、腰の位置が重要

ホールドがどの方向から持てば効いてくるかを考えれるようになったら今度はどうやってその位置までいくか?どうやってその体勢になるかを考えましょう。

次のホールドが横向きについていたとして、自分が下にいる状態でホールドを取りにいくと上手く持てません。そしてそのホールドを無理やり持ちながら横に移動すると腕力や保持力をフルに使って移動しています

それだとかなり上半身に頼った登りになってしまっています。

クライミングは上半身ももちろん大事ですが、下半身も同じように大事です。

ホールドを取りに行くときにしっかり足を置いて下半身から移動するようにしましょう。

ムーブの初動は腰から

足をしっかり置いて腰から動く

事を意識してホールドが効きやすい方向に移動すると腕の力の消耗も抑えることができて、効果的にクライミングが出来るようになります。

まだまだ中級者の方でも「どうやって持つんですか?」という事をよく聞かれますが、まずは持ちやすい方向や体勢にいることが大切です。

スタッフには一度「どうやってあの体勢までもっていけるのか?」ということを一度聞いてみましょう。

持ちやすい位置にいて持ちやすい体勢になるのも保持力の一つですよ。

腰の位置によってホールドの効き方や力の入り方はかなり違うので、ジムにいるクライマーの方をじっくり観察するとほとんどの上級者はムーブの初動が腰からのはずです。

腰に力が入っていないと指にも力は入りませんし、腰が壁から離れていると腰に力が入りません。それほど腰の位置は重要なのです。

フリや正対でも横向きに腰を近づけるか正面から腰を近づけるかという考え方で登ると良いですね

クライミングの基本は間違いなく【腰】です。

コメント