日常生活でムーブを取り入れてボルダリングが上達する方法

スポンサーリンク
ビギナー上達編

日常生活にボルダリング

ボルダリングにハマるとボルダリング中心の生活になってきます。

しかし仕事や家庭などなかなかクライミングジムに行く時間を作るのも大変です。

そんな時に日常生活でボルダリングに活かせることがあれば活かしたいですよね!?

今回は日常生活でボルダリングのムーブやトレーニングに活かす方法を紹介していきます

 

日常でカウンターバランス

ボルダリングで重要なのがカウンターバランスです。

カウンターバランスとは平衡力の事を指しボルダリングでいえば「カウンターウェイトとなっているホールドに置かれていない側の足」「ホールドを取りに行く手側の上半身」が平衡であるかどうかという事を意味します

わかりやすく言うと「片足のみホールドに置き、もう片方の足で上半身とバランスを保っている状態」です

そのカウンターバランスは日常生活に取り入れることが出来ます。

例えば何か遠くのものを取る時にはその方向へ手を伸ばしますよね!?

その時にバランスを取るために片方の足を手の反対方向へあげてバランスを取ります

これがカウンターバランスであり、手を出す方向が低いほど足が高く上がります。

このカウンターバランスを身体に覚えさせると片足でホールドを取りに行くときのスメアリングの位置が上達します。

スメアリングが苦手、、という方はぜひ取り入れてみましょう

 

 

階段を足半分、つま先で登る

日常生活で階段を使う人は多いと思います

会社に行く途中、会社の中、家の中など階段を使う機会は多いですよね。

階段を使う時もしっかりと意識をすればかなり良いトレーニングになります

階段を使う時に意識することはつま先で立ち上がる事手すりを使わない事の2点です

つま先だけで立ち上がることで足の筋肉がつきます

スラブや緩傾斜の立ち上がりの力がつくので腕の力も軽減して登ることが出来ます

また手すりを使わないことでも同様に足の筋肉を鍛えることが出来ます

クライミングジムで登るより階段を使う機会が多い人は普段から意識して階段を利用するようにしましょう

 

レジ袋を指先で持つ

スーパー等で買い物をしたときのレジ袋を指先だけで持つようにしましょう

できるならなるべく指の先の方がオープンの保持力に近くなります。

あまり買いこまなくて軽い場合は指先で持ちながら指を閉じたり伸ばしたりというトレーニングをすることで効果的に鍛えることが出来ます

強い人は薬指一本、または小指だけで持つと効果的です。

日常生活でも意識すると意外とボルダリングに役立つことが多くあります。

普段の生活でトレーニングをしてさらに習慣化してしまいましょう

 

コメント