スポンサーリンク

クライミング日本選手権リード競技が終了!!日本一に輝いたのは14歳の森秋彩!

日記&雑感

クライミング日本選手権リード競技2018

2018年3月3,4日、加須市民体育館(埼玉県)にて「スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2018」が開催さました。

ちょうど1ヶ月前にボルダリングの国内王者を決めるジャパンカップ(BJC)が行われましたが、今度はリード種目の日本一決定戦。

スポーツクライミング3種目のうちの1つであるリードは、1度落ちても再トライが可能なボルダリングと違い一発勝負。壁の高さも12m以上あり、長い課題を読み解くためのオブザベーション力や持久力、レストのタイミングなど様々な要素が求められる競技です。

参加は男子73名、女子46名

 

リード競技についてはこちらから

東京オリンピック正式種目クライミング3種目について
オリンピック競技スポーツクライミングについて2020年の東京五輪でスポーツクライミング競技が追加種目として採用されました!最近の流行とともにボルダリングやクライミングという言葉が認知はされてきま...

2017年のクライミング日本選手権の結果はこちらから

クライマー向けの懸垂トレーニングの4つのポイント
クライマーの王道トレーニング”懸垂”クライマーの一番の実践的なトレーニングといえば懸垂です。背中と腕を効果的に鍛えることができ、なおかつクライミングに活かすことが出来る懸垂は鍛えて損をするという事...

*CLIMBERSより引用

スポンサーリンク

リードの見どころ

前回大会の優勝者は野口啓代と中野稔。

3名がTOPに迫る高度で並んだ女子は準決勝の成績で野口が6度目の頂点に立ち、男子は執念の登りでボルダリングW杯年間2位(2017年)の楢崎智亜を一手差で抑えた中野が史上最年長(33歳4ヶ月)で自身初優勝を果たしてます。

もちろんこの二人に加えて注目選手が多数出場。

なかでも優勝候補に挙げられるのが先月のBJCで2位に入った森秋彩(もり・あい)。

ボルダリングで躍動するスーパー中学生!森秋彩(あい)の素顔とは
茨城の天才少女新たなオリンピック競技となったことで、多くのメディアからも注目されるクライミング。そんななか、2年後の2020年東京五輪メダル候補として日々壁に取り付き技を磨くユースたちがいる...

森選手は昨年の日本選手権で3位に入った後、日本ユース選手権、リードジャパンカップ、JOCジュニアオリンピックカップ、世界ユース選手権と出場した主要大会でリード種目負けなし。

特に年代カテゴリー問わず争われるリードジャパンカップでも決勝唯一の完登を果たすなど、その実力は14歳にしてトップクラスだ。

一方男子ではリード代表のエース、是永敬一郎の初優勝に期待がかかる。是永は昨年10月の廈門大会でW杯初優勝を飾るなど活躍をみせ、平山ユージ、安間佐千に続く日本男子3人目の年間表彰台に上った。国際舞台での活躍を国内でもみせることができるのか、その登りに注目です。

 

予選・準決勝

予選女子は昨年女王の野口啓代、14歳の森秋彩(もり・あい)、伊藤ふたばらが首位通過。彼女たちを含めた9名が、2ルートそれぞれを完登した。

男子でも大量12名もの選手が両完登で同率首位。ボルダリング国内3連覇を達成したばかりの藤井快や楢崎智亜、昨年のリードW杯年間3位の是永敬一郎らがトップに立ちました。

 

翌日の午前に行われた準決勝は男女ともに完登者が現れないシビアな展開で、女子では野口啓代と森がTOPに手をかける高度を記録し同率でトップ通過。男子では是永が楢崎智亜を半手差で抑え首位で決勝に進出しました。

 

女子決勝

先に行われたのが女子決勝です。

準決勝で完登への可能性をみせていた野口選手と森選手を残した時点で、暫定首位は27+を記録した伊藤ふたば

この状況で先に登場した森は、ダイナミックな動きが取り入れられたルートを慎重に登り高度を重ねていくと、伊藤が止めきれなかった高度28を見事に捕え会場を沸かせる。その後も迷うことなく突き進み、1分を残してゴールを取りロープをかけ完登しました。

この歓声を耳にし最後に登場した野口は、ファイナリストの誰よりも早いペースで次々と高度を上げていく。すると森を1分30秒以上も上回る2分30秒ほどを残してゴール手前に到達。しかし連続したムーブを繰り出したゴール取りに失敗し、目前に迫っていた3連覇を手中に収めることができず。ただ一人の完登で、まさに女王に相応しい登りを見せた森選手が初優勝しました。

 

男子決勝

男子決勝はスタートから巨大なハリボテ(壁から出っ張っている大振りなホールド)が用意され、途中ランジ(ジャンプする大技)も組み込まれるなど女子に続いてボルダリングの要素が多く入った高難度課題でした。

中盤で落下する選手が続出し、4番手に登場した土肥圭太が記録した高度30+を超えることなく、残す競技者は準決勝2位の楢崎智亜と1位の是永のみとなります。

先に登る楢崎は持ち味のテンポのよい登りで高度を上げていくと32まで到達し、暫定首位で是永の結果を待つことに。すると是永は昨年W杯3位の実力を発揮し上位者の記録を次々と超え、最後は楢崎を準決勝と同じく半手差でかわし32+でフィニッシュ。悲願の国内リードチャンピオンの栄冠を手にしました。

 

リザルト

女子
1位:森 秋彩(14)/TOP
2位:野口 啓代(28)/33+
3位:伊藤 ふたば(15)/27+
4位:田嶋 あいか(19)/22
5位:谷井 菜月(22)/21+(準決勝4位)
6位:三浦 絵里菜(22)/21+(準決勝7位)
7位:廣重 幸紀(22)/19+
8位:小池 はな(12)/15+

男子
1位:是永 敬一郎(22)/32+
2位:楢崎 智亜(21)/32
3位:土肥 圭太(17)/30+
4位:本間 大晴(18)/30
5位:中野 稔(34)/29+(準決勝3位)
6位:波田 悠貴(20)/29+(準決勝7位)
6位:中上 太斗(18)/29+(準決勝7位)
8位:樋口 純裕(25)/27+(準決勝5位)
9位:藤井 快(25)/27+(準決勝7位)

 

まとめ

見所で期待していた結果通りとなった今大会。

14歳の森選手もそうですが、リードW杯で表彰台に立った是永選手も圧巻の実力ですが日本選手権での優勝は初。

また昨年優勝の野口選手、2年ぶり表彰台の伊藤ふたば選手も実力を遺憾なく発揮しました。

ボルダリングジャパンカップに続いて、リードの日本一を決める大会も盛り上がりを見せ、クライミング人気の勢いを感じます。

次はユース選手権、そしてW杯と続きます。

2018年も世界に通用する日本のクライミングを見せてほしいです

 

コメント