【中・上級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~トウフックとフットピンチ~

スポンサーリンク
マスター上達編

ボルダリング基本ムーブ トウフック

ボルダリングには足をかけるフック系のムーブが2種類あります

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~フラッギングとヒールフック~
ボルダリング基本ムーブ アウトサイドフラッギング ムーブの基本については と教えてきましたが今回はフラッギングについて勉強しましょう 基本的なバランスのとり方はダイアゴナ...

でもお伝えしたヒールフックですが、

もう一つのフック系ムーブがトウフックとよばれるものです。

言葉で何となくわかる方も多いと思いますが、ヒール(かかと)とはトウ(つま先)でフックをするムーブです。

トウフックもヒールフックと同じで主に強傾斜で使われることが多く、ヒールだとかけにくいアンダー(下向き)ホールドの場合によく使います。

使うタイミングヒールフックと似ていて足が離れたら降られて落ちてしまう場合に体を安定させるために使います。

トウフックのコツとしてはつま先でただ引っ掛けるだけだと安定せずに落ちてしまいます。

足首をつかって固定してさらに太ももなどの大きい筋肉で引き上げるようなイメージでフックをしてください。体が下に落ちてしまってもフックが抜けてしまいますので体を下げないように体幹の力も必要です。

ひざは伸ばした状態じゃないと足首に力が入らないのでひざもしっかり伸ばすことを意識してください。

なかなか難しいので中上級者向けのムーブになりますね

トウフックは足首の柔らかさ・すね部分の筋肉が重要です。日頃からつま先立ちなどをして足も鍛えておきましょう。

ルーフなどの傾斜でうまくフックがかかるとコウモリみたいになり両手を離せます。

これもトウフックの練習になるので是非一度チャレンジしてみてください。

ボルダリング基本ムーブ ~フットピンチ~

フットピンチは少しイメージしにくいかもしれませんが、言葉通りで足で挟んでピンチするというムーブです。

フットピンチも同じように強傾斜で使うことがほとんどですが、かなり上級者向けになります

使うタイミングとしては

・手のホールドがかなり悪く片足でも支えられない

・フットホールドが滑りやすく挟まないと力が入らない

・トウフックだけだと掛けにくいくらいのホールド

があげられます。

フットピンチは難しいですが、うまく決まるとホールドが悪くてもかなり足で支えることができるのでかぶりに強くなりたい方には必須ムーブの一つです。

写真を見るとトウフックだけだと引っかかりがないので手を放して取りに行こうとすると安定せずに落ちます。

その時に片方の足でも踏んでいると下半身から落ちることがありません。

これはトウフックのコツと同様ですが、トウフックよりも引っかからないので足首の力よりは体幹が必要になってきます。

また、両足とも踏んで挟むようにするフットピンチもあるのでこちらも覚えましょう。

フック系のムーブはシューズも重要

フック系ムーブはヒールフックもトウフックも履いているクライミングシューズによってかなり差がでます。

ヒールフックは5.10(ファイブテン)のようにつぶしてヒールするシューズもありますが、スポルティバのソリューションのように固めでカップになっている靴もあります。

ホールドによっても違いが出るのでこちらは好みといってもいいでしょう。

ちなみに僕はつぶして履くほうがヒールは得意です

トウフックは甲の部分のラバーの面積によってかなり差がでます。

レースのシューズは基本的にトウフックは難しく、スリッパの方がトウフックはかかりやすいです

初心者向けボルダリングシューズ1足目の選び方の基本
初めてのクライミングシューズボルダリングは基本的にいるものは少ないです、用意するものはクライミングシューズとチョークバッグくらいなので手軽にできることもオススメの一つなのでその唯一といっていい道...

フック系を極めるためにもいろいろなシューズを試して自分に合ったシューズ選びをしていきましょう。

コメント