【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング基本のムーブ ~デッドポイントとキョンムーブ~

スポンサーリンク
ビギナー上達編

ボルダリング基本ムーブ

 

ボルダリング基本ムーブ デッドポイント

ボルダリングには基本と呼ばれるムーブが何種類かありますが、その一つでもあるデッドポイント

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~基本ムーブとフリ(ダイアゴナル)~
ボルダリングの基本ムーブと呼ばれる動き ムーブとは? 簡単に言えば単純な腕力や保持力で登るのではなく、いかに少ない力の中で登れるかということであります 力ではなく体全体の動きで課題をクリ...

 

実はデッドポイントというムーブは皆さんがすでにしています

簡単に説明すると両腕で体を引き付けた勢いを利用して、体が落下するまでの一瞬でホールドをとるということです

つまり3点支持してバランスをとって取ると説明した時とはとは真逆の動きでバランスが取れないまま落ちる前に取るってことです

これは3点支持ができない初心者の方は全てデッドポイントで取っているわけです

「じゃあダメなんじゃ??」

と思いますが、デッドポイントの利点はたくさんあります

デッドポイントの基本的な利点

・距離が出しやすく遠くのホールドが取れる

・踏んでいるホールド、持っているホールドが悪い時にはデッドで取る

 

距離があったり、ホールドが持ちにくくなるとデッドが増えていくので中上級者になるには必須ムーブです

デッドポイントの基本の動きとコツ

デッドポイントは基本的には全ての動きに瞬発力を足すというイメージを持ってもらって構いません

正対の右手の時は右足

ダイアゴナルの対角線の動き

腕の引き付けの勢いと膝の屈伸の力を合わせて距離を出し次のホールドを取にいくということです

腕の力で体を引き付け、足の力で上体を上に持ち上げ落ちる前にホールドをとってください

この時に一番大事なのは≪腕を出すタイミング≫が大切です

手を出すタイミングが早すぎると高さが足りず届かない

逆に遅すぎると落下している最中なのでホールドが取れなかったり強度があがります

一番いいタイミングは体が上昇して高度が最高到達点に達したときの一瞬の無重力のタイミングです

これは意外と難しいです。

瞬発力と反射神経も大切になってくるので、ひたすら練習してみましょう

お勧めの練習方法は片手で登ることです

一番簡単な課題を片手だけで登ってみましょう

片手で登ることにより身体が安定しないまま手を出すので常にデッドでホールドを取ることになります

そうすることでコツがつかみやすくなります

 

引き付けて伸びあがった一瞬の無重力の感覚を掴むことが上達の秘訣

クライミングの基本/ムーブ008「デッドポイント」講師:杉田雅俊

ボルダリング基本ムーブ ~キョン~

キョンはドロップニーとも呼ばれるムーブの一つです(一般的にはほとんどキョンが使われてます)

キョンがうまく決まったらかなり安定してホールドを取にいくことができます

キョンの方法とコツ

3点支持と同じように二等辺三角形になるようなバランスで足を置いて、それでもホールドが持ちにくくバランスが取れない場合に使います

・左手を出したい場合に左足を内側にひねって膝を下にする

・腰を壁に近づけるようなイメージで

・下半身を両足でロックすること

 

実際に登ってみないとわかりにくいキョンですが、使えるようになるとかなり楽になります

主に強傾斜で活躍し、男性よりも体が柔らかい女性のほうが多用する事が多いです

女性の方はしっかりマスターしよう

他のムーブも参考にしてみてください

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~フラッギングとヒールフック~
ボルダリング基本ムーブ アウトサイドフラッギング ムーブの基本については と教えてきましたが今回はフラッギングについて勉強しましょう 基本的なバランスのとり方はダイアゴナ...

 

キョンは多用すると膝を痛めやすいです

ひざを痛めないように登るにはしっかりと足の筋肉を使うことが大切です

詳しくはこちらをご覧ください

ボルダリングでセルフケア!キョンとヒールでひざを痛めない正しいコツとは!?
キョンとヒール ボルダリングにはムーブというボルダリングならではの動き・技術があり、それを駆使することによって様々な課題を登る事ができます 今回はそのキョンとヒールにスポットをあててい...

 

コメント