これさえ知っていれば大丈夫!ボルダリングでよく使われる基本用語

スポンサーリンク
ビギナー上達編

たくさんあるボルダリング用語

どんなスポーツ・どんな職種でもあるのがその業界でしか使われないような業界用語です

ボルダリングでもボルダリング特有の用語が数多く存在します

ボルダリングジムに行って、スタッフさんや常連さんからルールやコツなどを教えてもらっているときでも常連さんたちが何気なく使っている言葉がわからないということが多くあると思います

 

今回はこれさえ知っていればある程度は大丈夫というボルダリング用語をいくつか紹介していくので、ボルダリングに初めて行く人、始めたばかりの人は覚えてから行くとすんなり言葉が入ってきますよ。

 

 

ボルダリングでよく使われる基本用語

ホールド

壁についているカラフルな石(突起物)のことをホールドといいます

ホールドにもいくつか種類がありそれぞれに名称があります

ホールドについての参考記事はこちら↓

【初心者向け】ボルダリングのホールドをわかりやすく簡単に紹介!!
ホールドの種類と名称ボルダリングにはホールドと呼ばれる突起物がついているのですが、その突起物をホールドといいますホールドにはさまざまな種類・大きさがあり、壁の形状とともにクライミングジムの顔とも...

 

カンテ・ハリボテ

カンテとは壁の角のことを指します

ハリボテとは壁から出ている多角形の突起物のことを指します

スタートのところにカンテOKやハリボテOKと書いてあれば使っても大丈夫ということになり逆にNGと書いてあれば使ってはいけません

カンテやハリボテはうまく利用すれば持ちやすいので初級者レベルの課題でもよく使われます

覚えておくと間違いなく便利です

壁の名称やカンテ・ハリボテの参考記事がこちら

ボルダリングの壁の種類と特徴を知ろう!!
ボルダリング壁の種類と名称ボルダリングには様々な壁の形状があり、壁自体のことをクライミングウォールといいますそしてそれぞれに異なった特徴と名称があります。今回は簡単に壁の名称など紹介していき...

 

チョーク

チョークとは登る前につける白い粉のことで主に炭酸マグネシウムから作られています

チョークの役割は汗を吸ってくれること。

勘違いしやすいのがチョークの主成分である炭酸マグネシウム自体は滑り止めではありません。例えば、滑りやすい路面に炭酸マグネシウムをまき、その上を歩いたら、逆に滑りやすくなるほどです。

炭酸マグネシウムは吸水性に優れるので、手から出る汗を炭酸マグネシウムが吸い取ることで、手指が汗で滑ってホールドから落ちるのを防ぐ役割を果たしているのです。

ボルダリングで使うチョークについて基本的な知識を知ろう
チョークの成分ボルダリングをするときにつける白い粉。初めてボルダリングする方もジムでレンタルチョークを借りることも多いと思います。この白い粉は『チョーク』と呼ばれていて、主に炭酸マグネシ...

 

ムーブ

ムーブとはボルダリングの基本的な動きのことで、腕力に頼らずに体全体で登れるようになるための技術のことを指します

ムーブはボルダリング上達には欠かせません

種類もたくさんあります

最初は簡単なムーブから説明されるのでまずは基本的なムーブを覚えていきましょう

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~基本ムーブとフリ(ダイアゴナル)~
ボルダリングの基本ムーブと呼ばれる動きムーブとは?簡単に言えば単純な腕力や保持力で登るのではなく、いかに少ない力の中で登れるかということであります力ではなく体全体の動きで課題をクリアするとい...

 

パンプ

パンプとはボルダリングでは主に前腕がパンパンに張っている状態のことを指します

腕力に頼った登り方をしてしまうとすぐに腕がパンプしてしまい、力が入らなくなります

上級者でもパンプはするのでパンプすること自体は悪くはありませんが、出来るだけ長くボルダリングを楽しむためにパンプは避けたいところです

パンプに関しての参考記事はこちらから

【初・中級者向け】ボルダリングでパンプをしない方法
パンプとは?クライミングをやっていると必ず腕がパンパンになります。これはパンプと言って、なるまでの時間の差はありますが、初心者の方でも中・上級者の方でも必ずパンプしますパンプしてしまうと力が入ら...

 

 

ボルダリングならではの表現

ヨレる

クライミングジムに行くと「ヨレた~」と言っている人や「ヨレるからこう登ったほうがいいよ」と言うような会話がよくあります

ヨレるというのはクライミング用語では疲労したときに使うことで体がヨレヨレになると同じように使いますが、腕や指などに関してもヨレたと使います

足をきる

ボルダリングを課題の登り方を教えられているときに「そこで足を切って!」と言われることがありますが、ボルダリングでいう「足を切る」という表現は足を離すという意味になります

マッチする

マッチとはボルダリング用語で「両手で持つ」「手を持ち変える」といった意味があります

「そのホールドをマッチして!」というように教えられたら両手で持って手を持ち替えましょう

 

 

ボルダリングの掛け声

ガンバ!!

ボルダリングでは登っている人を応援するときにガンバ!と言います

上級者だろうと初級者だろうと頑張って登っている人を応援する共通の言葉で、初めて登りに行って常連さんやスタッフさんにガンバと声をかけられた方もいると思います

初対面だろうと、関係ない人だろうと声を掛け合えるところはボルダリングの素敵なところです

ナイス!!

ガンバと同じように課題を完登したときや、難しい一手を取れたときなどはナイス!と声をかけましょう

ナイスも全国共通の言葉になるので頑張っている人がうまくホールドを取れたときは全力でナイスと言ってあげましょう

課題を完登したときは「グータッチ」も忘れずに!!

 

 

他にもたくさんのボルダリング用語・専門用語があります

常連になってくると勝手に覚えていきますが、最初は何の事だかさっぱりという方もこれだけでも覚えておくだけで全然違います

これからボルダリングをやろうと思っている方、数回いってハマって続けてみようと思っている方は是非参考にしてください

 

コメント