スポンサーリンク

ボルダリングで友達を連れていくときに知っておきたい知識

ビギナー上達編

定番の趣味になってきているボルダリング

東京オリンピック競技として正式に追加されることが決定し、盛り上がったボルダリングですが、2019年も勢いが衰えることなく人気急上昇の注目スポーツです

一度はボルダリングしたことがあるという方もどんどん増えていますし、近所にクライミングジムがあるという事も珍しいことではなくなってきています。

初めてボルダリングをしたときは先輩や友達に連れられて体験した方も、今度は連れていく側になります。

ボルダリングが初めての方を連れていくときに少しでもボルダリングの知識があるとないとでは信頼感も変わってきますし、頼もしくお互いにさらにボルダリングが楽しめますよ

今回は知っておいた方が良いことを紹介していくので覚えて実践していきましょう

スポンサーリンク

知っておきたい3つのボルダリング情報

ボルダリングの由来

Boulder(ボルダー)とは大きな岩石を意味します。

それに登る行為としてingがつくことによりボルダリングになります。 それが由来となり現在でも室内、屋外を問わず4~5mの高さのものを登る行為をボルダリングと呼んでいます

ボルダリングはロッククライミング(岩登り)の中の一つの種類です。

岩登り全体のことをロッククライミングと呼び、登り方によってボルダリングやエイドクライミングなどの名前が付いています。

フリークライミングのなかでも、安全確保のためにロープを着用し、数十メートルの長いルートを登るタイプが「ルートクライミング」。

距離の長い「ルートクライミング」に対して、ロープを使わずに落ちても致命的なケガには至らない程度の高さ、具体的には5mくらいまでの高さを登るタイプ「ボルダリング」と呼ばれています。

つまりわかりやすく簡単にまとめると

・ボルダリングの由来はボルダーという岩を登ることから命名されたもの
・ボルダリングのロープを使わず高さ5mぐらいを上るタイプのことで
・ボルダリングはロッククライミング(岩登り)の中の一種類!

ということだけでも知っておくとボルダリングに詳しい人だという印象が得られます

ボルダリングにハマる魅力的な理由とは!?
ボルダリングとはロッククライミングの一種ロッククライミングは大きく分けて2種類フリークライミング(道具を使わない) エイドクライミング(道具を使う)さらにフリークライミングがルートクライ...

ボルダリングのルール

ボルダリングは壁にカラフルな様々なカタチの石みたいなものがついていて、それを「ホールド」を呼びます。ほとんどのジムでは、使っていいホールドが難易度とコースごとに決まっていて、そのコースを「課題」と呼びます。

基本的なルール

・スタートホールドに手を載せて、体を浮かせる。(スタートホールド以外持っちゃダメ!

・フットホールドが限定されている時は、足を決められたフットホールドにのせて、自由なら、好きなフットホールドに足をのせる

・ゴールのホールドを安定した体制で両手で3秒くらい持つか、登りきればクリア

そして大体のボルダリングジムでは、グレード(難易度・階級)が各課題ごとに存在し、使っていいホールドが決まっています。

色付きのテープやテープに数字が書いていたりと、コースが決められています。足が自由の課題は、テープで支持されていなくても、足はどこを使ってもオッケーです。足が限定されている課題は、足を置けるホールドも指定されています。

ボルダリングの基本知識 ~グレードについて~
ボルダリングの難易度を表すグレードクライミングにはそれぞれの難易度を表すグレードというものが存在します。今回はそのグレードについていろいろ教えていきたいと思います。グレードというのは難易度を表...

初心者にもわかりやすい基本的なコツ

初心者の方は、壁から離されないようにと、腕を曲げてホールドを持っています。

腕を曲げていると、力の消耗がかなり激しく、1時間もすれば腕がパンパンになって、バテてしまいます。(腕がパンパンな状態をパンプといいます。)

パンプをしないためにも、腕を伸ばしてホールドを持つことが大事。腕を伸ばしたほうが、筋肉にかかる負担が軽いのでバテにくくなります。

よく腕だけで頑張って登る初心者の方が多いですが、積極的に足を動かして登りましょう。手を動かしたら、足を動かすほうがいいです。

そして、常に手と足で三角形を作りましょう。これを三点支持といい、一番バランスのとりやすい、クライミング・ボルダリングの最大の基本となります。

基本的なコツは大きく二つ!!

・腕を伸ばしてホールドを持つ

・足で立ち上がるように登る!

この二つさえ少しでも知っているだけでも、初級の課題は登りやすくなります

スタッフが教えるボルダリングの基本とコツ
ボルダリングの基本はじめてボルダリングに挑戦すると『意外と持ちやすくて余裕じゃん!』という方もいれば『もっと簡単だと思ってた』という方もそれぞれいると思います。これはスタッフをやってい...

まとめ

以上3つの事を知っておくだけでも初めてボルダリングする方からしたら凄いことです

ポイントをしっかり押さえて覚えて、初めての方と一緒に楽しくボルダリングしてみましょう

きっとどんどんボルダリングの魅力にハマり、ボルダリングの輪ができて話の話題、日々の生活にも張りが出てきますよ

コメント