間違って伝わりやすいボルダリングの業界用語

スポンサーリンク
ルールと基本

クライミングの業界用語

ボルダリングをしているとどんな意味?というような用語、造語などよく聞こえると思います

一般的に使わない用語が飛び交う為、ボルダリングをまだ初めてたての方はよくわからないという方がほとんどだと思います

最初はクライミングとボルダリングの違いもよく分からなかったと思いますし、はじめて体験した時に「そこで足をきって」「ガバを持つ」という言葉すら初めは何を言っているのかよくわかりませんでしたよね

クライミングやボルダリングの言葉の違いはこちらを参考にしてください

ボルダリングが大人気!ボルダリングにハマる人が多い魅力的な理由とは!?
ボルダリングとはロッククライミングの一種 ロッククライミングは大きく分けて2種類 フリークライミング(道具を使わない) エイドクライミング(道具を使う) さらにフリークライミングが ...

 

 

ボルダリングを長く続けていくと次第にそういったことは減っていき、大体のボルダリング用語は常連さんやスタッフさんが説明してくれたり勝手に覚えていきます

 

しかしその常連さんたちも自分より前の常連さんたちに言葉を教えてもらっているので一度間違うとそのまま間違えたままの言葉で伝わってしまいます

今回はそのボルダリング用語の中でも特に間違って使われやすい単語をいくつか紹介していきたいと思います

 

 

間違って伝わりやすいボルダリング用語

×トゥーフック→○トウフック

足の甲をホールドに引っかけるムーブをトウフックと言います。

【中・上級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~トウフックとフットピンチ~
ボルダリング基本ムーブ トウフックボルダリングには足をかけるフック系のムーブが2種類ありますでもお伝えしたヒールフックですが、もう一つのフック系ムーブがトウフックとよばれるもの...

 

ジムでよく聞くのが「トゥーフック」と言っている人が多いです
そんなに気にすることでもない「細かい発音の問題かもしれませんが、つま先を意味する英語のtoeの発音記号は「tou」なので実際はトウフックが正しいです

サッカーでも「トウキック」ですし、バレエでも「トウシューズ」が普通です

伝わるかどうかでいうとどちらの良い方でも伝わりますしトゥーフックの方が言いやすい部分もあるので、正しいのを知っていれば問題はないのかなとも思います

 

×フラッキング→○フラッギング

トウフックと似たような感じですが、実はフラッキングも正しくはフラッギングです

フラッキングの語源はバランスを取る方の足が『旗』のような所からきています

フラッグからきているのでフラッギングが正解なのですが、ほとんどの方がフラッキングとして使っているように思えます

こちらも正しいのはフラッギングと知っていればいいと思いますが、早いうちにクライミング界で統一していった方がいいですよね

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~フラッギングとヒールフック~
ボルダリング基本ムーブ アウトサイドフラッギング ムーブの基本については と教えてきましたが今回はフラッギングについて勉強しましょう 基本的なバランスのとり方はダイアゴナ...

 

×デットポイント→○デッドポイント

こちらもちょっとした事かもしれませんが、デッドポイントをデットといっている人がたまにいます

ベッドやバッグをベットやバックというくらいの間違え方なので気にすることでもないですが、正しくはデッドです

発音的にも間違えやすいですが、正しいのはデッドということを覚えておけば大丈夫だと思います

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング基本のムーブ ~デッドポイントとキョンムーブ~
ボルダリング基本ムーブボルダリング 基本ムーブと攻略法 (PERFECT LESSON BOOK)posted with カエレバ野口啓代 実業之日本社 2017-01-27Amaz...

 

 

 

クライミングはほかのスポーツよりも変わった用語・造語が多いように思います

まだまだマイナースポーツなので一般的ではないだけかもしれませんが、変わった呼び方が多いですよね(ガバやキョンなど・・・)

他にもわからない言葉や間違っている言葉とかがある方はぜひおしえてください

 

コメント