ボルダリングフィジカルトレーニングは上下左右のバランスを考えることが大切

スポンサーリンク
マスター上達編

上下左右のフィジカルバランス

ボルダリングはどんなポジションからでもホールドを取りにいかないといけません

身体の上下左右すべてを使ってベストなポジションを作る必要があるボルダリングは、バランスの取れた体型やバランスの取れた筋肉が理想です

 

ボルダリングは課題や壁によって様々な動きや、毎回違う動きを要求されるためいろんな意味でバランスが重要なポイントです

 

上半身が強いようなら下半身を鍛える。体幹が弱いと感じるなら体幹を鍛えるというように体全体を意識してトレーニングすることが大切です

さらに日頃のコンディションや体の変化、自分の体の使い方や癖などを把握し、その影響で筋肉のバランスがどうなっているかを考えてなるべく左右差をなくすことも大事です

苦手なムーブ、苦手な体の使い方を把握しなくすことがボルダリング上達のカギとなります

 

 

上半身のトレーニング

上半身といえばわかりやすくいうと腕と背中と体幹になります

保持力を上げる指トレとは別で考えた方がトレーニングの質があがります

腕と背中を鍛えるにはロックオフトレーニングが一番有効です

【上級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~ロック力の鍛え方~
ボルダリングに必要なロック力とは!? ボルダリングには”ロック力”と呼ばれる力があり、常連さんやスタッフさんがロック力が~という話をしているのを聞いたことがあるかもしれません ロック力...

引き上げる力に大切な背中の力・前腕を効果的に鍛えることが出来るロックオフで上半身を鍛えましょう

 

体幹を鍛えるにはこちらの記事がおススメです

クライマー向け腹筋ローラーで腹斜筋を鍛える2つの方法
腹筋ローラーの魅力 みんな大好き腹筋ローラーはお手軽になおかつ家でもどこでも腹筋や全身を鍛えれることでクライマーにも大人気です 腹筋ローラーはとても優れたトレーニング器具で、腹筋のみな...
ボルダリングで強傾斜、かぶりが強くなるためのトレーニング
かぶりに強くなるには重要なのは体幹 ボルダリングでは最初は緩傾斜のほうが登りやすく、疲れないので多くの人が緩傾斜からグレードが上がっていくはずです でもいつかはかぶりが強くなりたいって方も多い...

 

一度はやったことがあるトレーニングですが、続けると本当に効果的なトレーニングです

肩や体幹全体が必要なため上半身がバランスよく鍛えることが出来ます

 

 下半身のトレーニング

下半身で重要なのは立ち上がる力掻きこむ力です

特に女性の方はどちらも苦手な方が多いようです

バランスも必要なので体幹ももちろん必要になる下半身全体を鍛えましょう

3、4級を楽に登るためのボルダリングトレーニング!「下半身版」
ボルダリング上達には足の使い方がポイント ボルダリングをしているとスタッフやジムの常連さんからしつこいくらいに「足が重要」とか「足を使って登る」とよく言われていると思います 一言で「足」といっ...

 

下半身トレーニングにはスクワット・つま先立ちなどいろいろあります

そして男性が苦手な柔軟も大切な要素になってくるので自分が苦手な動きをチェックしましょう

 

左右差をなくす

上下のフィジカルのバランスや目標がわかったなら次は左右です

利き手、利き足は誰もがあり内臓の配置でバランスや傾きが変わってくるので左右均等になるというのは非常に難しいです

しかし左右差を出来るだけなくすことによって、安定した登りを身に着けることも出来るようになるので左右差を出来るだけ減らしていきましょう

左右差をなくすトレーニング

ボルダリング上達しない方は左右の差をなくして強くなろう!
弱点克服のために左右差を改善しよう ほとんどの人は必ず利き腕や利き足ということがあり、力が入りやすい手や足があります 柔軟性においても左右差が少なからず存在します 内臓が左右対称...

 

上下左右のバランスでケガのリスクを減らす

上下のバランス左右差をなくすことでケガや故障のリスクも減らすことが出来ます

いつも左右のどちらかに多く負担がかかっていると必ずそこからケガや故障のリスクが高まります

また、一か所ケガをしてしまうとそのケガの場所から途端に体のバランスが崩れてしまうのでトレーニングの頻度・疲労回復も見極めて行うといいでしょう

 

まずは何が苦手で何が得意なのか、左と右どちらが強いのか自分の体のセルフチェックを登りながらしてみましょう

 

 

コメント