スポンサーリンク

ボルダリングは心の健康に効果的!!

日記&雑感

運動は心の健康に大切

運動は心の健康にも大切な役割を果たすことがわかってきています。

職場や学校でもストレスが溜まるような時期が続いた時、休憩時間などに肩や腰のストレッチをするだけでも、気持ちが軽くなったりしますよね。そうすると、その後も集中して取り組むことができたりします。

そして運動はストレス解消だけでなく”うつ病”などの精神疾患の症状改善にも効果があるという研究が多く発表されています。

中でもボルダリングは実際にうつ病に効果があると研究でわかっているみたいです

ネガティブな思考がポジティブに変わる!ボルダリングの意外な効果とは!?
ボルダリングでネガティブ思考を解消外岩では一つの大きな岩や切り立った崖や壁をインドアのクライミングでも自分の身一つで登るボルダリング。登るために使う道具というえばクライミング専用のシューズと...

他にもうつ病には「ヨガ」や「散歩」も効果があるといわれています。

スポンサーリンク

ボルダリングで得られる没頭と集中

ボルダリングでは身体的な部分で筋力や筋持久力、柔軟性も鍛えることができます。

そして精神的な部分での効果としては「没頭」と「集中」です。

ボルダリングに挑戦中の時は「落ちることによる恐怖」を感じます。

恐怖を感じるので落ちたくないということに没頭します。

ボルダリングの最中は周りの目も気にしずに没頭し、さらに課題が登れると大きな達成感を感じます

この体験を「フロー体験」と呼びます。

フロー体験とは?

取組対象以外のことが自分に降り掛かってくることがなく、対象にのみ集中できること。
例えば、自分が文章を書くことに集中しているときに、同僚から声を掛けられてそちらに意識が発散するようなことがないことがこれに当てはまる。

これらの要素が満たされると、自分の「心理的エネルギー」は、よどみなく連続して、100%その対象に注ぎ込まれるようになり、これによりとてつもない集中と、楽しい感覚が生み出されます。

このような状態を「フロー体験」と呼び、この状態にある間、人は時間の流れを忘れ、ひたすらそのことに没頭し、得も言われぬ高揚感に包まれます。

「フロー体験」をしているとき、人は自分自身の能力を最大限に発揮し、自分にとって最も心理的エネルギーを発揮して取り組むため、そのプロセスを通して、自分の能力そのものと、より複雑なものへと取り組む力が向上し、この繰り返しを行うことによって、自分が成長していき、それが積み上がっていくわけです。

ボルダリングは自分の能力の適切な難易度でチャレンジすることが出来るのでフロー体験をするのに最適なスポーツといえます

この恐怖心を乗り越えて達成感を味わうことで自分に自信がつきます

普段自分に自信がない人も少しずつ小さな成功をしていくことが自信につながります

ボルダリングの上達には小さな成功体験の積み重ねが大事
上達の基本は小さな成功体験の積み重ねボルダリングの上達の基本は小さな成功体験の積み重ねが大事です以前にも書きましたが、初めてボルダリングをしたり初めての課題を登った時に『こんなに難しいの?』...

うつ病に無理は禁物です

実際に精神科医の方もうつ病やストレス解消にはボルダリングを強く進めているそうです。

しかし、うつ病にも体を動かすのも億劫な方もいるのでそういった方に強く運動を進めるのはいけません。

もし周りの方にうつ病の方がいたとしてら、うつ病の治療をしっかりとして回復期と呼ばれるくらいになってきたらボルダリングを誘ってみましょう。

ボルダリングが心の健康に良いということをもっと広めていきたい

ボルダリングが流行ってきていますが、トレーニングしたい人や軽くて筋肉がある人しかできないというイメージがあります。

でも本来もっとたくさんの方が楽しめるスポーツですし、ヨーロッパでは授業にも取り入れられるくらい一般的ですべての人がチャレンジ出来るスポーツです。

現在クライミングジムが増えて、ボルダリング出来る環境は増えてきて良いことですが

オリンピック公式種目追加ということもあり、まだまだ競技思考の方が強いボルダリング。

競技として高まるのももちろんいいですが、もっといろんな方が楽しめて、心の健康にも良いということも広まっていってほしいなと思います。

コメント