kindle(電子書籍)でボルダリング本を持ち歩こう!!

スポンサーリンク
HOME

Amazon・kindle(電子書籍)とは

Amazon Kindle(アマゾン・キンドル[1])は、Amazon.comが製造・販売する電子ブックリーダー端末、同ソフトウェアおよび電子書籍関連サービスである。専用端末やパソコンスマートフォンタブレットなどで電子書籍を読める。

 

つまり本を持たずにタブレットやスマートフォンの中に膨大な量の本を入れておけるということです

漫画や雑誌はもちろん、ボルダリングで今現在出ているハウツー本なんかもいろいろあるので、電子書籍として購入しておくことでクライミングジムで出来ないムーブや苦手な動きがあった時やトレーニングしたいときなどにすぐ見れるというわけです

 

電子書籍のメリット

電子書籍のメリット

・何千冊持っていても、場所をとらない

・意外とお得なお値段

・持ち運びも便利

・その場で購入出来て読めるので動いて探す必要がない

 

といったメリットが挙げられますね

普通に買うよりも少し安い値段で買えるのにはびっくりしました

こちらを見てもらうとAmazonで雑誌を買うのとkindleを比べてみてkindleの方が安くなっています

kindleの方が安いというのは意外でした

 

電子書籍のデメリット

・いらなくなっても売れない

・貸し借りができない

・充電をしっかりしないといけない

・容量を確認する

 

デメリットとしてはこれくらいでしょうか?

意外とデメリットは少ないですね

どんどん紙がなくなってきて少し寂しい気もしますが、便利なものは取り入れていくようにしましょう

 

kindle版 ボルダリング本

先ほどはスポーツクライミング教本のkindle版を紹介しましたが、ほかのボルダリング本もいくつか紹介していきます

CLIMBINGjoy
誰でも楽しく上達 ボルダリング

 

ボルダリングを始めよう!ビギナーでも親子でも楽しめる
のぼる小寺さん

kindleの種類

kindleにはいくつか種類がありますが、簡単に紹介していきます

1、Kindle ¥8,980~¥10,980

2、Kindle Paperwhite ¥14.280~¥21.480

3、Kindle Paperwhiteマンガモデル ¥16,280~¥18,280

4、kindle Voyage ¥23,980~¥31,180

5、Kindle Oasis ¥33,980~¥44,980

1~3までは、白か黒が選べます。
4と5は黒のみ

 

個人的なおススメはマンがモデルです

マンガモデルは650冊のマンガが入る大容量で値段も真ん中くらい

kindleはブルーライトゼロで電子書籍が読めるので安眠のためにも、寝る前にブルーライトを見るのは良くないと言われてる中、気にせず読めるので助かります。

 

kindleを購入してボルダリング本を持ちあるいて、ジムや外岩での休憩中に見るとかオシャレですね

 

 

コメント