スポンサーリンク

アウトドアで自然と共に過ごすBESSの家に憧れる人が多い

日記&雑感

BESSの家

みなさんはBESSの家をご存知ですか?

BESSの家とは1986年、ログハウスづくりからスタートしました。
最初は別荘の注文がほとんど。
でも大自然の中での暮らしを追求するうちに、
都会でももっと楽しく暮らせるんじゃないかと思うようになりました。
機能性やモノ的満足を求める真面目生活ではない、
もっとのびのび自由な面白生活があっていい!
そう考えて家づくりを進めたのです。
今では自宅として注文される方が大半になりました。

 

家は高い買い物です。
だから、ともすると家を持つことで満足してしまいがちです。
でも本当に大切なのは、その家に長年住んで、
そこが何物にも代えがたい空間になり、豊かな時間が生まれること。
それが家の本当の価値だと、BESSは考えます。
自然体でおおらかに、自分らしくのびやかに暮らす。
家を道具のように使いこなして生まれる楽しい毎日こそ、
BESSが提供したいものなのです。

という真面目生活以上に面白生活を求めて、楽しい毎日を過ごすことを目的とした家づくりが人気を集めています

 

ボルダリングをやる前はBESSの家という存在自体知らなかったですが、ボルダリングにハマりアウトドア文化に触れ、外での遊びの楽しさがわかってきたところでBESSの家の存在を知りましたが、一目惚れしてしまいました。

GOOUTという雑誌にもよく掲載されています

 

スポンサーリンク

手間をかけるくらいがちょうどいいという考え

どんどん便利になる家の中の設備。
スイッチひとつで手間いらず、ボタンひと押しでお任せ…。
しかし必要以上の便利さは、
結果的につまらない暮らしを生むのでは、とBESSは考えます。
負荷のかからない運動が運動ではないように、
手間や工夫がない暮らしは暮らしではないような気がします。
ちょっとした手間が暮らすことの、生きることの喜びにつながるように。
BESSの家は、便利さ程々です。

世の中がどんどん便利になっていくのはいいことですが、確かにちょっとした手間をかけて行うことで大切になったり、工夫があることで味が出たりします

便利さ程々という概念も素敵ですね

 

 

特徴的な四角いログハウス

BESSは自然の中で育った木で家をつくり、
自然とつながっておおらかな暮らしを生みだしています。
だからこそ、自然の恵みに対しての感謝をかたちにしたいという思いがあるそうです

ーー住むより楽しむーー

住む人が遊びごころを活かし、自然体でおおらかな毎日を過ごせる家作りが魅力のひとつです

年月が経っても楽しめるBESSの家

近くに展示場がある方は一度調べて行ってみてはいかがですか?

 

コメント