ボルダリングで最初に費用とは!?スタッフが教える必要な道具と選び方

スポンサーリンク
ルールと基本

ボルダリングで初めにかかる費用と道具

これからボルダリングを始めてみようと思う方にボルダリングにかかる費用と必要な道具の相場をカンタンに紹介していきます

まずは体験くらいから~という方から少しハマって続けてみたいと思う方まで参考にしてください

初めては利用料金だけでOK!

ボルダリングを始めるにあたって何か必要なの?と思う方も多いかもしれませんが、はじめは道具はすべてレンタルが可能なので必要なのはジムの登録料と利用料金だけです

登録料はジムによって様々ですが、田舎の方なら500~1000円くらい、都会の大手ジムになると2000円くらいになります

しかし最近は登録なしでもビジター料金で利用できるジムがちらほら増えているので、そういったところは利用料金だけで済みそうです

 

利用料金はだいだい2000円前後が主流。それにレンタルシューズ代300円くらいがかかるので2500円あればあとは何もなくてもボルダリングを体験することが出来ます

*シューズがレンタルなのでほとんどのところは靴下のみ必要になります*

誰でも始めれるボルダリングの始め方
まずは近くのクライミングジムへ行ってみようたくさんあってどこいっていいかわからないってかたはまず一番近いところを調べてみましょうなぜかというとボルダリングにハマって続けようと思った時に通いやすい距...
クライミングジムでのボルダリングの基本的なルールとマナーを紹介
基本的なマナーはしっかり守ろう最近は趣味でボルダリングジムに通う人や一度は行ったことあるという方が多くなってきましたが、人が多くなると雑になりがちなルールやマナー。初めたばかりの方以外でも、ホー...
ボルダリングが大人気!ボルダリングにハマる人が多い魅力的な理由とは!?
ボルダリングとはロッククライミングの一種 ロッククライミングは大きく分けて2種類 フリークライミング(道具を使わない) エイドクライミング(道具を使う) さらにフリークライミングが ...

本格的にボルダリングを続けるなら必要な道具は2つ

まだボルダリングを続けるかどうか迷っているうちはレンタルシューズやレンタルチョークで十分です

ハマるかどうかわからない、月に1度程度たまーに登るくらいでいいという方は道具の費用も意外とかかるので揃える方がもったいないでしょう

ある程度本格的にというか週に1度くらいのペースでも続けていきたいというならば自分専用の道具を揃えましょう

クライミングシューズ

ボルダリングの道具で一番重要なのはクライミングシューズです

腕力よりも足で立ち上がって登っていくスポーツなので足の力が入りやすい、滑りにくいというポイントは重要です

レンタルシューズは使い込んであるので、滑りやすくなってたり、自分の足に合わなかったりします

実力を上げるためにもシューズは自分専用を買うようにしましょう

初めてのボルダリング専用シューズの選び方について大事なポイントとは!?
初めてのクライミングシューズ多くの方はクライミングを始める時にシューズを買うのに少し時間がかかりますそれもそのはずですきっと大体の人がイメージしている金額より高いという印象を持ちます...
初心者向けボルダリングシューズ1足目の選び方の基本
初めてのクライミングシューズボルダリングは基本的にいるものは少ないです、用意するものはクライミングシューズとチョークバッグくらいなので手軽にできることもオススメの一つなのでその唯一といっていい道...

 

チョークとチョークバッグ

ボルダリングをしていると手に汗をかきます

汗をかいた手でホールドを持つと、すべってしまい上手く保持することが出来ません

登る前や登っている途中にもチョークを使うことで汗を吸収し、滑り抑える効果が期待できます

ボルダリングで使うチョークについて基本的な知識を知ろう
チョークの成分ボルダリングをするときにつける白い粉。初めてボルダリングする方もジムでレンタルチョークを借りることも多いと思います。この白い粉は『チョーク』と呼ばれていて、主に炭酸マグネシ...
クライミングジムスタッフが教える本気の粉チョークのオススメ
スタッフ激押しの粉チョークチョークの種類については以前書きましたが、今回はその中でも粉チョークについての紹介とたくさんある粉チョークの中でもおすすめの粉チョークを紹介していきます。粉チョーク...
クライミングジムスタッフ絶賛おすすめ液体チョーク決定版!
液体チョークとは??液体チョークとは粉チョークにエタノールを混ぜたものです中にはロジンといわれる松脂(松ヤニ)を混ぜたものもありますが、ホールドが汚れてしまうため、ジムによってはロジン入り液...
人気のブロックチョーク!ブロックチョークのおすすめを紹介
ボルダリング専用ブロックチョーク チョークにはチョークボールタイプ・固形のブロックタイプ・粉チョーク液体チョークといろいろ種類がありそれぞれに使いやすさが変わってきますが、今回はブロックチョークのお...

 

そしてそのチョークを入れておくバッグが必要です

実際にこぼれなければなんでもいいのですが、粉が舞わないようにしましょう

チョークバッグは腰につけるタイプと床に置いておくタイプがありますが、ボルダリングだけなら床においておけるタイプがおススメです

【最新】クライミングジムスタッフがオススメするチョークバック
ボルダリング用品チョークバッグボルダリングで揃える道具といえばクライミングシューズとチョークバッグの2つぐらい(ブラシなど細かいものを除いて)クライミングシューズとチョークしかないので他...

それぞれの道具の費用

クライミングシューズはだいたい1万~2万5千くらいが目安です

2万前後が基本で、1万円はシューズは初心者用が多いです

シューズは消耗品ですが、週に1回くらいのペースなら1年以上持ちます

週に2回以上登るようになると半年~1年くらいで2足目が欲しくなります

また自分の実力があがっていき登る課題の難しさがあがると、シューズの性能も非常に重要になりいろいろなシューズを何足も欲しくなります

ボルダリングシューズ2足目の選び方とタイミング
2足目のクライミングシューズを買うタイミング ボルダリングにハマるとまずはシューズが欲しくなりますよね 1足目のクライミングシューズはこだわらずに出来るだけ早く買う方がいいでしょう 初め...
クライミングシューズ2足目の選び方~ダウントゥにチャレンジ
2足目以降はシューズの機能を生かせるようになろう 2足目を選ぶタイミングはこちらを参考にしてください 1足目でだいぶボルダリングに慣れてきて性能を生かせる実力がついてきたときに自分に合...

チョークバッグは腰巻タイプが2千~3千円、置き形タイプが4千~6千くらいが相場です

最初は安く済ませようと思い腰で巻くタイプを購入しがちですが、置き形タイプの方が便利なので欲しくなり結局購入してしまいます

なので最初は高くなりますが、置き型の方がおススメです

僕が実際に使っているチョークバッグとチョークはこちらです

マムートのチョークバッグは口が広く使いやすくさらに、お値打ちです

ボルダリングをこれから始めようとしている方にもかなりおススメです

粉チョークといえば東京粉末

僕自身はかなり汗っかきなので、東京粉末のブラックを使用しています

さらにチョークボールはこちらの二つ

東京粉末からボムアストロを使わせていただいています

こちらはかなり最高で重宝しています

東京粉末チョークボール「アストロ」「ボム」発売!!過去最高のチョークボール
ついに東京粉末からチョークボールが誕生 ついに東京粉末から最高のチョークボール「アストロ」「ボム」の2種類が発売されました 構想から4年かけて作られたというアストロボールは普通のチョークボール...

液体チョークはこちらを使用しています

大人気PD9の液体チョークがモデルチェンジして登場!
大人気PD9モデルチェンジ! 大人気PD9がモデルチェンジをして新しく発売されます ・価格は以前と変わらずないお値段でクライミング用は¥980 ・容量は50ml→60mlと増量し...

 

自分専用の道具を揃えるとモチベーションも上がり、どんどん楽しくなっていきます

ボルダリングはスノーボードやゴルフと違い、割と安く揃えれるので少しハマってきた方は自分専用のボルダリング道具を揃えましょう

 

コメント