【初・中級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~ホールドの持ち方~

スポンサーリンク
ビギナー上達編

ホールドの持ち方と名称を知ろう

前回はホールドの種類を説明しました。続きとして今回はホールディングと言われるホールドの持ち方を勉強していきます

【初心者向け】ボルダリングのホールドの種類と名称をわかりやすく簡単に紹介!!
ホールドの種類と名称 ボルダリングにはホールドと呼ばれる突起物がついているのですが、その突起物をホールドといいます ホールドにはさまざまな種類・大きさがあり、壁の形状とともにクライミングジムの...

オープンハンド

オープンハンドは

【中級者向け】ボルダリング上達のコツ ~3,4級をスラスラ登れるようになるための要素
登る時間がある人はガムシャラに登ること 過去の記事でも書いたようにクライミングジムが近かったり仕事の終わる時間に余裕があり登れる時間がある人は週3回は登りに行きましょう まずは楽しんで...

でも少し触れましたが、保持力を鍛えるのにも有効で一番多く使われる持ち方です

指の力も必要ですが、第一関節だけ引っ掛けてぶら下がるようにホールドを持ち、第二関はできるだけ伸ばして指の摩擦で持つようにすると案外楽に持てます

指の腱の負担はかかりますが、その分腱を鍛えることもできるので慣れてきたらガバホールドも第一関節だけで持てるようにしましょう

カチ(別名クリンプ)

カチ持ちと呼ばれるこの持ち方は覚えたらかなりのホールドで使えるようになりますし、今まで持てなかった浅く小さいホールドが持てるようになります

第一関節を反らせてホールドに立てるように持ち、親指は人差し指の横に添えるように持つ

指が開かないように親指で押さえるとかなり力は出しやすいですが、保持力を鍛えられない

関節にかなりの負担がかかるため、使いすぎには注意

 

カチ持ちが使えるようになっておくとかなり強度のある課題も登れるようになるため、ここぞというときや、どうしても登りたい課題があるときは使っていこう

パーミング

スローパーを持つときは基本的にパーミングで持ちます。初心者の方は特にパーミングが難しいです

いろいろなスローパーで練習して徐々に慣れていこう

パーミングは手のひら全体をホールドに押し付けるように持ちます。

手のひら全体の摩擦(フリクション)を感じながら持てるようになると上手く持てるようになっていきます

この時に手首をつかって曲げたりして持つと手首を痛めやすいのでできるだけ体(重心)を真下に持っていき、肘を伸ばす(狭くて伸ばせない場合は肘を開かないように畳んで)ようにして背中や肩の大きな筋肉を意識して押さえて持つようにしましょう

 

ピンチグリップ

ピンチホールドを持つときに使うピンチグリップ(つまむという意からついた持ち方)

わかりやすく手で掴みます。指でつまむようにして持ちます

この時にできるだけ親指の力を意識して持つとより強く持てるようになります。大きいピンチホールド(ワイドピンチ)は手の大きさによって強度に差がかなり出ます

 

小さくても大きくても掴めるようになるといろいろな種類のホールドがピンチで持てるようになるのでピンチを強くすると登れる幅はかなり広がります

*スポーツテストなど一般的な握力はクラッシュ力と言われる握りつぶす力なので握力とも違いますが、ピンチ力も握力の種類の一つなので指でつまむ力を鍛えるようにしましょう

ポケット

穴状のホールドを持つときに使う持ち方 指の負担も強いためゆっくりと徐々になれていきましょう

3本指で持つことををスリーフィンガー、2本指をツーフィンガー、1本指をワンフィンガーといいます

ワンフィンガーのホールドは指の負担も大きく、ケガのリスクも大きいため初・中級者の方でも注意しましょう

2本指のセットは人差し指と中指中指と薬指はどちらのセット正しいとも言えずどちらも使えるようになるのがベストです

人差し指と薬指の長さをくらべてみて、中指と同じくらい長い方とのセットが良いです

 

内側に肘を入れるようなポケットは薬指と、外側に開くように持つときは人差し指とセットで持てるようになると理想の使い方です

人差し指と薬指で差があるのが一番良くないので両方使い分けができるようになりましょう

ガストン

聞きなれない言葉のガストンですが、由来は「ガストン・レビュファ」が考案したからとされています

肘を上げて親指が下向きになるような掴み方。自分に対して腕を開くような角度の時に使い、体と力の入る方向が逆になります。

胸を開く、張るようにして、体を中に入れるような意識が大事です

この時に肩の力を入れすぎると肩を痛めやすいので肩甲骨から動かしていくことを意識して登ると怪我もしにくく、力も入りかつ距離も出るようになります

セルフケアストレッチでケガを防ぐ!!ボルダリング向けのストレッチとは?
ボルダリングをする前後にはストレッチが基本的に大切 ボルダリングというスポーツはケガとの付き合い方がとても重要になってきます 運動前のストレッチや運動後のダウンなど他のスポーツでもかなり大切で...

 

ラップ

ドアノブのように出っ張ったようなホールドを包むように持つ持ち方

手のひらと指全体をつかって、ホールドを包み込むように持ってください

親指はホールドの形状に合わせて上から押さえたり、下から握るような場合もあります。上手く持てるとかなり持ちやすく、力を温存できる持ち方です

手首にかなり負担がかかるため、手首を痛めやすい持ち方です

手首が硬いかたは無理をしないようにすることと、楽に持てるからといって多用しない方がオススメです

TFCC損傷の方に自分で出来るセルフケア
ボルダリングで多い手首のケガ ボルダリングというスポーツは重力に逆らって「登る」という行為をするため、身体のいたる部分に負担がかかるスポーツです 登るという行動はスポーツとしても日常生活におい...

アンダーグリング(通称アンダー)

下向きのホールドを持つときに使う持ち方です

持ち方というよりも持つときの体の位置が大事です

早めに足を上げて腰の位置をアンダーホールドの近くに持ってくると体が安定して持ちやすくなります

 

体が下の方にある場合で上についているアンダーを取りに行くときは怪我をしやすくなります。高い位置のアンダーホールドは引っ掛けにいくよりもピンチでつまむように持つようにいくと持ちやすく怪我もしにくくなります

レイバック(カンテ持ち)

カンテと呼ばれるホールドではなくて壁の角を持つときに使われる持ち方

レイバックもアンダーと同じで持ち方よりも体の位置が大事です

半身になり、手では引っ張るように、足は押しつけるようにしてください。足の場所が手よりも奥にある方が体が安定して持ちやすいです

 

カンテや縦長のホールドの時に使うので覚えておくといいでしょう

ジムでは少ない変わった持ち方

ジムでは滅多に使うことが少なく、知識的に知っておこうという持ち方

ジャミング

割れ目の入ったホールドに、手を突っ込んでくさびのように使う持ち方

筋肉や保持力も使う必要がなく、バッチリ効くと全く力はいりませんが、手の甲や平は痛いです

足バージョンの足ジャミングという言葉もあるように色々と使えますが、効き過ぎると体が落ちても抜けずに残ってします為、上級者以外は使わない方がいいです

外の岩のときは使う場合が多く、手以外にも体全体を岩の割れ目に挟んだりもするほど。

スポーツクライミングよりも本格的に岩を登りたいっという方は使えるように覚えましょう

 

得意・不得意が出てくると思いますが、上達のためには得意・不得意をなくすことがボルダリング上達の近道です

ホールディングによる力の加わるモーメントを科学的に説明してあるボルダリング教本

ホールディングに対して力がどれだけどのように加重がかかるかを科学的に説明してある教本が発売されました。

最近話題になっていますが内容も濃く初級者~上級者までわかりやすく丁寧に説明しています

クライマー必見の内容になっているので読んで間違いなしです

コメント