スポンサーリンク

ボルダリング初心者でも簡単にわかる!!2つの基本と4つの順番

ビギナー上達編

ムーブの基本はたったの2つ

ボルダリングの上達にはムーブという言葉がついてまわります。

しかし実際は『フラッギング』や『キョン』といわれても全く理解できないという人の方が多いかもしれません。

そもそも基本がわからないので、そんな難しいことも出来ません。というボルダリング初めての方に超基本の2つを説明していきます。

少し慣れてきたときにいろいろなムーブを少しずつ覚えていきましょう!!

スポンサーリンク

正対とフリ(ダイアゴナル)

様々な動きがあるボルダリングのムーブですが、基本になっている動きというのはつきつめると2つしかありません

それが正対かフリ(ダイアゴナル)です

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~基本ムーブとフリ(ダイアゴナル)~
ボルダリングの基本ムーブと呼ばれる動きムーブとは?簡単に言えば単純な腕力や保持力で登るのではなく、いかに少ない力の中で登れるかということであります力ではなく体全体の動きで課題をクリアす...

正対

正対というのは壁に正面を向いた状態で、右手を出す時に右足を乗せてホールドを取りに行く自然な登り方が正対です

フリ(ダイアゴナル)

フリというのは右手を出したいときに右足のフットホールドが体の右側にない場合に、体の真下あるいは左側に右足をのせてひねるように取りに行くことです

ポイントは左右の足の高さは同じ高さで、ホールドを取りに行く手は弧を描くように動かすことがポイントです

ランジやフラッギング、フック等いろいろなムーブの大別すると最終的にはこのどちらかの動きに分かれます

始めてボルダリングする方でも参考になる基本的なことなので、この2つを覚えてボルダリングするとすぐに上達していきます

ボルダリングの動きを決めるカンタンな4つの順序

1 次のホールドをどちらの手で取るか決める

始めてボルダリングする人でこれをすぐに実践するのは難しいですが、少しでもスムーズに登れるようになるには2,3手先くらいまでの手順を決めるようにしましょう

それだけでも登れる課題が多くなります

2 軸足を決める

どちらかの手でホールドが決めたら次はどちらの足で軸足を作るかを考えましょう

足にしっかりと力が入っていれば大抵のホールドがとれます

どれだけ安定した体勢を取れているかが重要です

基本的には『右手を動かす時は右足で軸を作る』ということを覚えておきましょう

3 足をしっかりとホールドに乗せる

4 ホールドを取りに行く

この3と4の順番が重要で、ボルダリング初心者にありがちなミスがこの順番が逆になってしまうことです

ホールドを取ってから足を置くのではなく、ホールドを取りに行くために足を置いていくのが最も正しく登りやすい基本の動きです

ホールドを取りに行くうえで最も重要なことは、いかに軸足に体重を乗せれるかということです

軸足にしっかりと重心を置いて立ち上がってホールドを取りに行きましょう

ビギナー向けではありますが、実は3,4級が登れている人でもこの基礎ができてない方はたくさんいます

ボルダリングにハマって基礎を復習したい方や上達していきたいという方はしっかりと基本を理解して登りましょう

コメント