スポンサーリンク

健康への近道はランニングよりもボルダリングが最適!!

日記&雑感

健康への近道はランニングよりもボルダリング

少し前からウォーキングやランニングが流行ってきていて、健康のためであったりマラソンが好きになったりと一過性の流行ではなくスポーツとして定着しています。

各地方で行われるマラソン大会はほとんどが応募者いっぱいになりエントリーすることも困難なことも多いほど人気です。

人気の理由はたくさんあると思いますが、一番にライフスタイル「健康志向」化があげられています。

「最近運動してないのに、飲む機会ばかり増えるなー。。とかこのままだとメタボまっしぐら。。」という方が何か始めないといけない時にてっとり早く始めれるのがマラソンランニングになるのです。

お金がかからなく、自分のペースでできて簡単に始めれるという点ではランニングに勝るスポーツはないですね。

しかしそこでランニングより健康によく楽しめる!と推したいのが、ボルダリングです。

スポンサーリンク

健康に必要なのは有酸素運動と無酸素運動

マラソンやランニングの人気の理由に有酸素運動ということがあげれます。

有酸素運動とは十分な呼吸を確保しながらできる運動のことで、継続的に組織や細胞に酸素を供給することにより脂肪燃焼効果を上げる全身運動のことを言います。

運動開始の約20分後くらいから脂肪が燃焼し始めるため、長く動く必要があります。

有酸素運動は運動した分だけ体内の糖と脂肪がエネルギーとして使われるので、蓄積された体脂肪の燃焼によるダイエット効果も得られます。

反対に無酸素運動とは短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動のことを言います。

筋肉を動かすためのエネルギーを、酸素を使わずに作り出すことからこのように無酸素運動と呼ばれています。

糖をエネルギー源として利用していて、全力もしくはそれに近い筋力を短時間で発揮します。

短距離走や筋力トレーニングなどが代表的な無酸素運動の例です。

筋肉をつけると新陳代謝があがることからダイエットにもなるとジムでのトレーニングも最近人気です。

ボルダリングは有酸素運動と無酸素運動が両方できる

有酸素運動と無酸素運動が健康やダイエットに必要というのは有名な話ですが、ボルダリングは有酸素運動無酸素運動がどちらとも取り入れられたスポーツなのです。

ボルダリングのイメージとしてはどちらかというと無酸素運動のほうが強いですよね。

それもそのはずで4mくらいの壁を全力で登るのがボルダリングです。

持ちにくいホールドや角度がある傾斜を登ろうと思うと全力を使うので、体のいろんな部分が筋肉通になります。

筋肉はついていくので基礎代謝もあがり、無酸素運動でのダイエットや健康というのは期待できます。

そしてさらにボルダリングでは長もの課題トラバースといわれる手数の多いコースもあります。

これは10m以上の壁を登るリードクライミングからきていて、強度の低い(初心者でも最初にできる強度)20~30手数のコースです。

長いコースを無酸素のように全力で行ってしまうとすぐに息が切れたり、酸素が供給されないために腕がパンパンになってしまうなどありますが、ゆっくりと深い呼吸をしながら行うことによって長い距離も登れます。

この長もの課題は完全に有酸素運動になります。

有酸素のメリットである脂肪燃焼もボルダリングでできるというわけです

天候に左右されない

外を走るランニングやマラソンは天候に左右されがちです。

雨の日はもちろん、夏や冬といった外の環境が過酷な時もなかなか出来ないです。

ボルダリングは室内がほとんどです。

温度なども適温に設定されているところが多く、雨が降っていたり外が寒かったりしていても快適に運動ができます。

ボルダリングは楽しく続けやすい

ランニングも楽しいと思いますが、慣れるまではなかなか続かないということがあります。

もくもくと走ることが得意な方や好きな方はいいですが、苦手な方は続かないでしょう。

しかしボルダリングは楽しく、目標が分かりやすいため続けやすいというのもおススメの理由です。

同じくらいに始めた方とも知り合いになれたりするのでさらに楽しく、切磋琢磨することができます。

趣味を始めたけどなかなか続かない。。という方には絶対にボルダリングはおススメです!

このサイトでは初心者から上級者までのボルダリングのコツ等を載せているので続けるための参考にしてみてくださいね

【ボルダリング初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達の基本
ボルダリングの基本基本の姿勢が理解できた方は次は登り方の基本です。ホールドを取りに行く時にどうやって取りに行くかが重要ですが、まずは取りに行く前にそこでバランス取れてますか?とい...
ボルダリング始めたらまず週1ペース!上手くなりたいなら週3で登るのがベスト!!
ボルダリングは週1ペースで登ると上達するボルダリングを初めていくと高確率で筋肉痛になります。普段使ってない筋肉を使うため、いつもより長く筋肉痛になりますよね。「帰りの運転が腕プルプルでした~...

コメント

  1. 村松信一 より:

    ボルダリングがうつ病の改善に効果があるとの研究結果などをもとに、地方議会の一般質問で取り上げることとしました。
    もちろん主たる目的は健康増進のためですが、健康寿命の延伸により究極は医療費の減少に役立てばとの思いもあります。
    早急に予算化を図り、町内に設置したい。

    • エスロー より:

      コメントありがとうございます。
      とても素晴らしい活動ですね。
      海外ではボルダリングでの授業など、医療活動や研究はかなり進んでいます。
      日本では町内でそういった活動をしている所はないと思うので、第一人者となれるよう応援しています!!

      また何か内容とか質問等あればいつでもコメントしてください。