スポンサーリンク

【中級者向け】ボルダリング上達のコツ ~3,4級をスラスラ登れるようになるための要素

ミドル上達編

登る時間がある人はガムシャラに登ることが最も大切

過去の記事でも書いたようにクライミングジムが近かったり仕事の終わる時間に余裕があり登れる時間がある人は週3回は登りに行きましょう!!

ボルダリング始めたらまず週1ペース!上手くなりたいなら週3で登るのがベスト!!
ボルダリングは週1ペースで登ると上達するボルダリングを初めていくと高確率で筋肉痛になります。普段使ってない筋肉を使うため、いつもより長く筋肉痛になりますよね。「帰りの運転が腕プルプルでした~...

まずは楽しんで登る事が大事です。たくさん登ってください♪

家でトレーニングをしてきても始めは使う筋肉が違う為、あまり意味もなく結局登れません。

それよりはもたくさん登って登りながらコツを掴んだ方が圧倒的に上達がはやいです!!

ムーブ等わからないこともたくさんあると思いますが、通っているうちにスタッフの方に教えてもらえたり、ジムによってはボルダリングスクールもやっているところもあると思うので時間があえば参加もオススメ。

ガムシャラに登っていてもある程度までは登れるようになりますが、そこから4,5級を登れるようになるにはムーブなどテクニックの引き出しを増やしたり、トレーニングしてボルダリングに必要なフィジカルが必要になってきます。

スポンサーリンク

中級者になるためには保持力アップトレーニング

保持力というのはホールドを持つ力の事をいいます。

4,5級になってくると途端に持てないホールドが出てきますよね?ホールドが持てないと次のムーブも不安定になってきますし、そもそも耐えれないって方がほとんど

ボルダリングでは保持する体の位置というのがかなり大事なんですが、それは上級者向け!

それよりもわかりやすく保持力を向上させていきましょう!!

そもそも保持力とは??

そもそも保持力ってなんでしょう?

って方も多いと思います。

クライミングジムにいると頻繁に聞こえてくる『保持力』という言葉。

言葉の響きでなんとなくは理解できますが、いったい何を指している言葉なのか?

単純な意味は『ホールドを保持している力』に集約されるのですが、どこの力でどのように保持しているかということを考えるとかなり深いです。

指の力・腕の力・背中の力・体幹・保持している体の位置・ホールドを効かせている向き

などホールドを持っている時に必要な力全ての事を意味しています。

全身で保持しているのが普通ですが、強いクライマーの保持力があるというのは上半身の強さを言っている事が多いです。

足が離れていも耐えれていたり、上半身だけで登っていたり、ムーブを駆使せず登れる人は保持力がありますね。

テクニック=ムーブ

フィジカル=保持力

どっちも必要ですが、テクニックをつけるか保持力をつけるかはクライマーの永遠のテーマです。

経験上はある程度の保持力さえあればテクニックで3級2級まではなんとかなります。

なのでまだ始めたばかりって方はムーブの幅を広げていくことの方が先です。

指の力をつけよう

一般的にジムで扱られる保持力に関しては指の筋肉・腱を意味している事が多いです。

分かりやすく説明すると、初心者の方で筋力がある男性はガバを持つとクライマーではなくても懸垂ができます。

これは筋肉で支えていますが、そういう人でも小さめのガバやカチなどのホールドでは1回も懸垂できないことが多いどころか、5秒もぶら下がる事も出来ません。

逆に女性クライマーでガバを持って懸垂1回も出来ない人でも、カチなどのホールドで30秒以上ぶら下がれる人もいます。

懸垂が出来ないからって登れないことはないんです!!!

つまりクライマーは指を固定する力、指を曲げる力が鍛わっているわけです

指の筋肉(虫様筋、浅指屈筋、深指屈筋

指の腱(腱=筋肉と骨をつなぐもの)

という2点を鍛えれば自ずと保持力は向上していきます。

腱も鍛えることが出来るのですが、筋肉より鍛わるスピードが遅いと言われているので保持力向上は焦ってはいけないということも大事です。

保持力はオープンハンドで鍛えよう

みなさんホームジムの一番簡単な課題やガバを持つときはどう持っていますか?

その名の通りガバッと持っていませんか?

第二間接から手の平にかけてのところにマメができているようじゃダメですよ

ガバホールドも第一関節だけで持つようにしていきましょう

オープンハンドと言われる持ち方で登っていると自然と保持力はついていきます

出来るだけ指を伸ばして第一関節で持つようにしましょう

ひじも曲げないように指から一直線に肩までつながると上手く持てます

この時に指を立てたりそらしてしまったりすると負荷がかかり、関節を痛めやすくなります

ガバからこの持ち方を意識することで保持力はかなり向上していきますよ。

先ほども言ったように腱は強くなるのに時間がかかります。

まだまだ始めたばかりの方は腱が鍛えれてないので、無理をするとこの腱を痛めてしまいます。

腱を痛めると1か月以上は休まないといけなくなるのでむしろ上達が遅れてしまいます。

焦らずじっくり鍛えるようにしましょう。

オープンをマスターして中級者の仲間入りをしよう

トレーニング本はこちらがおすすめ

ボルダリング中級者のためのステップはこちらから

イメージトレーニングを高めてボルダリングが上手くなる
安定した登りには精度を高めることが大切ボルダリングではホールドを取りに行く場合にムーブを使いますそしてボルダリングが上手い人ほど、ホールドを取りに行くときの精度が高く、安定した登りが出来てい...
ボルダリングで4級の壁を越えるためにするコツとは!?
まずは4級がひとつの壁になる人が多いボルダリングを始めたばかりの方はムーブの仕組みはまだ考えずにひたすら目の前の課題をどんどん登っていくだけで上達できますし、グレードも上がってきます。まずは...
スタッフが教えるボルダリング上達 ~3級オンサイトの為のトレーニング
3級オンサイトの壁色々なムーブを覚えてくると4級をすらすらっと登れるようになってきたあたりで、3級の課題でも少しずつ手応えがつかめてきて、何回もやってくると3級も登れるようになりますそ...

サプリメントはこちらがおすすめです!

コメント