スポンサーリンク

【中級者向け】ボルダリング上達のコツ オブザベが上手くなる方法とは!?

ビギナー上達編

オブザベ向上でボルダリング上達しよう

オブザベーションとは?

オブザベーションとは日本語で「観察・観測」という意味があります

クライミングの世界では与えられた課題を完登する際に、どんな手順でどんなムーブでその課題を登るのかを、スタートする前にイメージすることをオブザベーション(略してオブザべ

といいます。

このオブザベーションというのはボルダリング上達においてとてつもなく重要です。

普段何気なく登っているあなたもこれを機にオブザべをしていきましょう!

何も考えずに課題にとりつくと、次のホールドを探すのに時間がかかったり足を置く場所を探したり、ムーブがわからなくてかなり無駄な力を使ったりしてしまいます。

無駄な力や体力を使うと当然疲れてしまい、ほかの課題を登る本数も減ります。

結果的にジムで登る本数がオブザべをしっかりして登るのと登れないのではかなり本数に差が出ます。

ボルダリング上達のためには、いろんな課題をたくさん登らないと上達しないのでそういった意味ではオブザべはかなり重要だといえます。

ボルダリングは体力も必要ですが『頭脳』も必要になってきます。

その頭脳の部分を鍛えてまた違った達成感を味わいましょう!!

スポンサーリンク

まずは手順を考える

こんなのみんなやってるでしょ!

という意見もあるかもしれませんが、

まずは初歩の初歩。ホールドを覚えて手順を考えよう。

初心者の方に一番多いNGなオブザべはホールドだけを覚えるパターンです。

ホールドだけを覚えていても手順が決まってないと結局どっちの手を出していいのかわからなくなります。

左手で持つのか右手で持つのか、両手で持ってもちかえたりするのか?

右手の次は左手とは限りません!

初心者の方はまずは手順からでいいのでオブザべをしっかり行ってから登るようにしていきましょう。

間違っててもかまいません、オブザべをする癖をつけるだけでも他の初心者の方よりも上達が早くなりますよ。

 

次に足の置き場を考える

手順を考える癖がついてきて、慣れてきたら今度は足の位置も考えるようにしましょう。

これは中級者の方でも意外とできてない方が多いです。

持っているホールドの向き、取りにいくホールドの向きやホールドの種類などを考えて、最適な足位置を探しましょう

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~基本ムーブとフリ(ダイアゴナル)~
ボルダリングの基本ムーブと呼ばれる動きムーブとは?簡単に言えば単純な腕力や保持力で登るのではなく、いかに少ない力の中で登れるかということであります力ではなく体全体の動きで課題をクリアす...

以前にも説明した通り、基本の動きがあります。

右手を出すときは右足左手を出すときは左足が軸になります。

これだけも思い出すと手順を出すオブザべができたらその手を出すためにどっちの足をどこに置いたら良いのかがわかってくるはずです。

ぼんやりと登るだけではなく、考える習慣をつけていきましょう。

特に足位置を考えれる方は少ないです。

ここで上達スピードが変わってくるのでできるだけ考えてから登るようにしましょう

ムーブの引き出しがボルダリング攻略のカギ

ボルダリングの基本ムーブに関してはかなり記事にしていっていますが、オブザべでも手順・足順を考えると同時にムーブを考えるようにしてましょう

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~基本ムーブとフリ(ダイアゴナル)~
ボルダリングの基本ムーブと呼ばれる動きムーブとは?簡単に言えば単純な腕力や保持力で登るのではなく、いかに少ない力の中で登れるかということであります力ではなく体全体の動きで課題をクリアす...
【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング基本のムーブ ~デッドポイントとキョンムーブ~
ボルダリング基本ムーブボルダリング 基本ムーブと攻略法 (PERFECT LESSON BOOK) posted with カエレバ野口啓代 実業之日本社 2017-01-27Am...
【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ~フラッギングとヒールフック~
ボルダリング基本ムーブ アウトサイドフラッギングムーブの基本についてはと教えてきましたが今回はフラッギングについて勉強しましょう。基本的なバランスのとり方はダイアゴナルと同じだと思っ...
【初・中級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~ハイステップと手に足~
ボルダリング基本ムーブ ハイステップボルダリング 基本ムーブと攻略法 (PERFECT LESSON BOOK)posted with カエレバ野口啓代 実業之日本社 2017-01...

ムーブが必要ということは力だけではいけないということ

ホールドが持ちにくかったり、距離が遠かったりとオブザべをして明らかに悪い部分がある場合はしっかりムーブを考えましょう

ムーブといっても重要なのはそのホールドの前後のムーブです

持ちにくいホールドの場合はその前のホールドから、とりにいくときにバランスがとれているかどうかが重要です

取りにいくときにゆっくりいけるような姿勢になっているかが重要なポイントです

持ちにくいホールドを取った後もそのホールドが一番持ちやすい(効く方向)の体の姿勢,向きになるように考えるとムーブが出てきやすいです

手順・足位置・ムーブの3点を登る前に考えて登るようにしてきましょう

イメージした動きを自分が同じように動けると『体力』『頭脳』の両方の達成感がありいつもの何倍も嬉しいはずです

ジムで登れる少ない時間でも利用してボルダリング上達していきましょう

コンペでとても重要なオブザべ

ここまででオブザべの重要性、コツなどを書いていましたが

じゃあ『いつ発揮するの?』という方も。。

それはやはりコンペに限ります。

みなさんのホームジムでもイベント等でコンペをやっているところも多いかと思います。

コンペのルールはそれぞれありますが、どんなルールでもオブザべ能力は必ず必要になってきます。

 

ボルダリングの大会等で順位を決める際の優先順位

ルールは基本的には運営側が決めるので優先順位が違う場合がありますが、このルールはボルダリングジャパンカップ等の大きな大会でのルールです

東京オリンピック正式種目クライミング3種目について
オリンピック競技スポーツクライミングについて2020年の東京五輪でスポーツクライミング競技が追加種目として採用されました!最近の流行とともにボルダリングやクライミングという言葉が認知はされてきま...

まず一番に優先されるのが『完登数』です

これは当たり前ですね!5本や10本の課題があったとして、その内の何本登れたかが勝敗の一番のポイントです

ではその『完登数』が同本数だった場合はどうでしょう??

次に優先されるのが『完登した課題にかかったトライ回数』です

*そのトライ回数のことをアテンプトといいます*

つまり3本完登で、残り2本で片方の方がゴール近くまでいったとしていても、そのゴール近くまでいった人が勝ちではなくて、その登った3本をより少ない回数で登れたほうが勝ちなのです

これは中級者くらいの方だと知ってる方のほうが少ないんではないですか?

少ない回数で登れることの凄さがわかりますよね

それくらいオブザべ能力は重要です

オブザべ能力を向上させてより少ないトライ回数で登れるようにしていきましょう

コメント