成長ホルモンでボルダリングが強くなる!休養と睡眠の大切さ

スポンサーリンク
ケガ&ケアについて

クライミングが強くなるために必要な成長ホルモン

筋肉の回復には超回復があり、その超回復には時間がかかるというのは以前お伝えしました。

ボルダリング続けているのに上手くならない人は登りすぎ??超回復を利用しよう
ボルダリングが強くなるための秘訣 クライミングジムのスタッフをしているとボルダリングのトレーニングをしているのに成果があまり出ていない。。ジムでたくさん登っているのに全然上達していかないとい...

休養も大切ですが、これには成長ホルモンの分泌が大切です

トレーニングで壊れた筋線維細胞を壊れにくいように強めに修復しておくために出るのがこの成長ホルモンです

一般的に18歳ごろまでは成長ホルモンはどんどん出ているとされています

身長を伸ばしたり、体を作ったりするのにも必要だからです

なので中高生や子供はどんどん強くなっていくというわけです

大人になってくると成長ホルモンの分泌が減ってきてしまい、体の傷んだ部分を直すのに使われています。なのでトレーニングをしても成長ホルモンをしっかり出さないと超回復が見込めません

成長ホルモンは夜中の0時から2時くらいまでの間に最大となります

睡眠中のノンレム睡眠といわれる熟睡時に最も活発に分泌され、通常人は寝てから1時間半後にこの熟睡の周期が来るといわれています

なので遅くても12時半には就寝するようにするといいということですね

お酒やたばこは控えるべき

お酒やたばこなどはその毒素を排出して傷んだ肝臓を修復するのに成長ホルモンが使われてしまいます

そうすると筋肉に使われる分泌具合が減ってしまうのでただでさえ成長ホルモンが減ってきている大人の方は筋肉の修復が遅れてしまいます

さらに風邪などを引いてしまうとその抗体を作るのに成長ホルモン使われるので風邪などひいているときはトレーニングを控えて寝るようにしましょう

仕事との両立をうまくできるように

大人になってくると当然仕事が大切ですし、ほとんどの方が仕事をしていると思います

仕事でのストレスがたまればお酒やたばこも吸いたくなるでしょうし、寝る時間なども確保できないかもしれません。

今日もまた登りに行けなかった。。。という日もあるかもしれませんが、そういう方こそうまく時間を使えるようにしましょう。

激しいトレーニングの後はどっちにしても休養が必要なので登りには行けません

明日は仕事が忙しくなりそうだなと思ったらかぶり等の強傾斜や背中や体幹に負荷をかけるような課題をバンバン登って体を痛めつけちゃいましょう

そうすることで次の日仕事が忙しくて登りに行かなくてもダイジョブと割り切ることができるので仕事に集中することができます

なかなか時間を自由に使えない方からこそ時間に縛られるのではなく有効に使えるようにしましょう

常連さんと一緒にワイワイ登るときにも自分の全力のパフォーマンスが出せたほうが楽しいです。きっとこの曜日は常連が多いだろうなという3日前に登りこんで2日空けてから登れると楽しく登ることができるはずです

ケガなくボルダリングを楽しみましょう

コメント