スポンサーリンク

ランジが苦手な方は練習で上手くなる!上手くなるランジの練習方法

トレーニング

ランジの基本

ランジというのはパワーやリーチと思われがちですが、一瞬で様々なことをこなさなければならないのでかなりのテクニックが必要になってきます

一つずつ段階を追って練習して、自分の中で理解をして意識的に体を動かせるようにしましょう

グレードが上がっていくとホールドへの距離も遠くなっていくので、ランジが出来るとできないでは体の使い方にも差が出てきます

ランジの基本を練習してランジのテクニックを習得しましょう

スポンサーリンク

ランジの基本練習①

1 スラブ壁で片足で立ち上がる練習をしよう

フットホールドにしっかり乗り込む感覚をスラブで身に付けよう。

片足でホールドに乗り、つま先の上に重心が乗るようにしましょう

まず腕を伸ばして沈み込んで体にタメを作ります

勢いよく両手で体を引きつけ同時に下足を蹴って上足に立ち上がります

両手を離してフットホールド一つでバランスを取って安定させることが出来ればOK!

2 強傾斜で軸足に乗る練習

傾斜が強くなるとフットホールドに乗りにくくなります

なので傾斜を少しずつ増していき、ひざを曲げて腰を落とした状態から一気に立ち上がれるかをどんどんチャレンジしてみましょう

勢いよく上体を引きつけて重心移動開始。ひざは外に開いてください

立ち上がって伸び上がりながら手を出しましょう

最後まで足の親指に意識すると上手く飛ぶことができます

3 狙ったホールドまでの軌道とフォームを確認しよう

飛び出すまでのフォームを確認してみましょう

ホールドを中心に弧を描くように体をスイングするのがポイントです

肘を曲げないこと、狙ったホールドの方向へ飛べるようにしっかり握ることも大切です

4 手首と足首の動きを練習しよう

距離を出すためには最後飛び出す瞬間の動きが重要になってきます

飛び出す瞬間の手首は押し出すようにスナップを効かせて飛び出す、足首は最後まで意識をしてホールドを蹴り出してください

最も体が狙ったホールドに向いた瞬間に飛べるように練習しましょう

手首・足首のスナップを意識することで飛躍的に距離を伸ばすことができます

5 ホールドを止める練習をしよう

ランジは最後ホールドをしっかり止めることで完了となります

何度も練習して連動性を上げることが大切です

頭がぶれてしまうと、目線がずれて上手くホールドに対してつかめなくなるので頭はぶれないようにしましょう

ホールドを取ったときは体が振られてしまいます。その時に体幹に力をいれて、体を縮めるように足を上げると振られる量が減ります

上手く体を使いこなせるように練習しましょう

反復練習が一番大切

ランジというのはテクニックが必要ですが、一番大切なのは練習量です

テクニックを伝えることができてもそれを自分で理解しないと出来るようにはなりません。

体を引きつけて、足首を使ってホールドに向かって飛び、ホールドを止めるという一連の動きを見に付けるには時間もかかりますしイメージだけではできません。

反復練習をしっかりして自分なりにわかるまでできるように練習することが上達への一番の近道です

コメント