【初・中級者向け】スタッフが教えるボルダリング上達のコツ ~ハイステップと手に足~

スポンサーリンク
ビギナー上達編

ボルダリング基本ムーブ ハイステップ

今回はボルダリング基本ムーブの一つハイステップについて勉強しましょう

ハイステップとは高い位置のホールドを取りに行く時や、良い位置にフットホールドが無い時に使います

一気に高く足を上げてホールドに乗り込んでいくテクニックで

両手で体をしっかり保持して、足を高い位置のホールドに置き両手で引きつけて体を壁に近づけてください

この時に重心を足に移動させてから、かかとにお尻を乗せていくような感覚で乗り込んでください

しっかり体重が足に乗ったら体を安定させて、ホールドを取りにいきます

この時にホールドに乗っているのはその足だけになるのですが、もう片方の足はできるだけ真下に置き、壁に当てるとバランスが取れます

壁に当てるコツとしては先を当てるだけでもだいぶ違います

スメアリングもうまく使っていきましょう

【初心者向け】スタッフが教えるボルダリング基本的な足の使い方
クライミングで重要なのは足 クライミングで重要なのは力よりも重心の位置や足位置というのは以前に挙げた記事でも何となくわかってきたはずですね 今回はその足の使い方について掘り下げ...

全体のバランスとしてはこのような形になります

腕は引いているように見えて、下半身から移動しているので負荷は少ないはずです

この時に腕がきついという方はまだ上手く乗り込めてないかもしれません。

緩傾斜では多用されるハイステップムーブ。

足首や股関節のやらかさがとても大切で、体が硬い方は乗り込むのに苦労します

柔軟も意識してやるようにしましょう。

セルフケアストレッチでケガを防ぐ!!ボルダリング向けのストレッチとは?
ボルダリングをする前後にはストレッチが基本的に大切 ボルダリングというスポーツはケガとの付き合い方がとても重要になってきます 運動前のストレッチや運動後のダウンなど他のスポーツでもかなり大切で...

ボルダリング基本ムーブ 手に足

これはボルダリングをしていないとなかなか聞きなれない言葉かもしれませんね

その名のとおり手に足に置くという意味です。

持っている手のホールドという意味で実際の手の上に足を置くわけではありません

いろんなパターンがありますがハイステップと同じ要領でハイステップと違うのは置くホールドが持っているホールドということです。

手を離すとバランスが崩れたり、片方のホールドが両手で持てない時に使います。

乗り込み方もハイステップと同じで、両手を引きつけて体を壁に近づけていきます。

同じようにかかとに乗り込んでいくわけですが、ハイステップよりもさらに窮屈になり乗り込むスペースも小さいので手に足は中・上級者向けになっていくムーブです。

そしてさらに柔軟性を必要とするムーブなので股関節・足首の柔らかさは重要です。

筋力と同じかそれ以上に必要な柔軟性を身につけていきましょう。

さらに手に足は乗り込む意外にも手に足ヒールというムーブもあるようにいろいろなムーブにも応用されていきます。

柔軟性からの引きつけの力や、もう片方の足のバランスというように中・上級者になっても手に足は難易度が高めになってくるので少しでもコツを掴んでおきましょう

はじめは上手く出来ないかもしれませんが、練習して上達してきましょう

手に足を行うには股関節の可動域が重要です。

こちらを参考にしてください

クライマー向けの開脚ストレッチ!股関節を柔らかくする方法
開脚はクライマーにとって重要 股関節は多様な角度の動きに対応する関節で、大小合わせて25個の筋肉が関わっています それに一つの筋肉が複数の作用を担うことでも複雑な動きを可能にしています ...
クライマーの股関節の可動域を簡単に広げるストレッチ
ボルダリングに重要な股間節について 股関節とは、大腿骨の上端にある骨頭と呼ばれる球場の部分が、寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれるソケットにはまり込むような形になっています 股関節とは、体重を支...

ハイステップには足首の柔らかさが重要です

足首の動きも意識していきましょう

【中級者向け】ボルダリングで4級以上が登れるポイントは足首にあった!!
ボルダリングに必要な足首の重要性と柔軟性 ボルダリングは足が重要というのは皆さん知っていると思いますし、フットワークやバランスのとり方なども書いてきました 始めたばかりの方でもスタッフ...

 

コメント