ワールドゲームズ・スポーツクライミングリード種目も日本選手が金メダルと銀メダル獲得

スポンサーリンク
上達テクニック
The World Games, an international multi-sport event is hold on July 20 in Wroclaw, Poland. In the picture: Medal Ceremonies mens lead (L) Hada Yuki, Korenaga Keiichiro, McColl Sean

リード種目で是永選手が金メダル・波田選手が銀メダルの活躍

7月23日、ワールドゲームズ2017がポーランドで行われスポーツクライミング競技リード種目男子で是永敬一郎選手が金メダル、波田悠貴選手が銀メダルを獲得しました

2日前のボルダリング種目では緒方選手が金メダルを獲得、女子でも野中選手が銀メダルを獲得していて、スポーツクライミングで2つの金メダルを含む4つのメダルを獲得し、その強さを発揮しました。

「第2の五輪」として注目のワールドゲームズでボルダリング緒方選手が大会第1号の金メダル!!
ワールドゲームズのボルダリング種目で緒方選手が金メダル!! 7月21日、ポーランドで開催されたワールドゲームズのボルダリング男子で19歳の緒方良行選手が金メダルを獲得しました!! ...

 

男子予選では難所が設けられた20~21手目で落下してしまう選手が続出。ここを乗り越えたのが今季のリードW杯第1戦で優勝しているロメイン・デグランジュと、是永、波田の3名。彼らを含めた8名が決勝へと駒を進めた。女子では昨年のW杯年間ランキングで表彰台に上がったヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、アナ・バーホーベン(ベルギー)、キム・ジャイン(韓国)という豪華メンバーが出場。予選ではこの3名が順当に勝ち上がり、野口もガンブレットと同高度の3位という好成績で決勝に期待を持たせた。

 

男子決勝では、序盤の4名中3名がつまづいた22~23手目が難関として立ちはだかる。しかし予選5位だったカナダのショーン・マッコールがこの混戦を抜け出すことに成功し、29+で首位に立つ。残すは波田、是永、デグランジュの3名。ここで波田、是永の両名が先日のリードW杯シャモニー大会で表彰台に上った実力をワールドゲームズの舞台でも示す。波田、是永の両名は難関を突破すると、マッコールの高度も越えて共に32+でフィニッシュ。残すはデグランジュのみとなり、両名のメダルが確定。予選のカウントバックで是永が暫定首位に立つ。そして最終競技者のデグランジュを迎えたが、彼も23手目に差し掛かるところでフォールしてしまい、これで是永、波田のワンツーフィニッシュが確定した。

 

日本のクライミングの強さを見せつける結果に

4年に1度というワールドゲームズ。

「第2のオリンピック」と言われる国際大会の大舞台でも日本選手が期待に応えて結果を出してくれました。

去年の楢崎選手を筆頭に新世代の活躍が著しく、これからのクライミングシーンがますます楽しみになってきました。

 

個人的にもクライミングジムの増加とともにクライミング人口が増えていて、競技思考の方から趣味の方まで幅広く楽しめるように一層精進したいと思います

 

コメント